一 和 会 組織 図。 役員等一覧/組織図

役員等一覧/組織図

その弘田組の若中に司忍がいた。 更新情報 設立から解散まで 当初は約6000人が約4000人だったが、四代目が決定し、一和会側に付いていた直系組長達は引退し、その一和会組員は山口組に続々と戻り、半年後には山口組約1万人、一和会約2800人、解散時には約20人となっていた。 8; -webkit-transition: opacity. しかし、一和会も抗争終結で一息ついたと思ったが、その後も山口組からの硬軟両面の締め付けが続き、大幹部の加茂田重政や松本勝美まで組の解散・ヤクザからの引退に追い込まれた。 そして同年内に浅川一家の地盤を引き継ぐ形で山口組の直系組織(二次団体)に昇格した。 常任理事・加茂田勲武(政勇会会長)• 役 職 氏 名 所属支部 役 職 氏 名 所属支部 会 長 畑 中 幸 司 浅 香 理 事 安 本 炳 均 和 泉 副 会 長 岡 田 隆 雄 堺 〃 高 田 輝 義 和 泉 〃 重 博 文 東住吉矢田 〃 滝 元 亮 太 和 泉 副会長兼事務局長 中 村 昭 彦 堺 〃 飯 阪 一 貴 和 泉 青 年 部 長 石 井 洋 堺 〃 五十嵐 尋 行 岸 貝 女 性 部 長 帯 谷 聖 子 堺 〃 野 口 拓 也 岸 貝 総務委員長 森 治 夫 西 成 〃 徳 田 貴 志 西 組織対策委員長 仲 野 壽 一 和 泉 〃 竹 谷 尚 久 西 人権侵害対策委員長 亀 井 義 人 此 花 〃 山 地 貴 之 西 教育啓発対策委員長 若 林 孝 典 岸 貝 〃 山 川 博 幸 北 産業就労対策委員長 原 田 秋 康 摂 津 〃 前 田 憲 造 北 理 事 牟 田 将 道 堺 〃 切 原 勝 利 北 〃 中 村 総太郎 堺 〃 細 田 拓 彦 摂 津 〃 森 拓 郎 堺 〃 長 嶺 和 久 摂 津 〃 岡 野 銀 次 堺 〃 平 良 芳 昭 此 花 〃 森 田 浩 東住吉矢田 〃 仲宗根 勝 此 花 〃 上 田 信 幸 東住吉矢田 〃 酒 井 幸 一 西 成 〃 菅 浩 二 浅 香 〃 伴 武 樹 西 成 〃 宮 本 雅 行 浅 香 監 事 下 條 禎 一 東住吉矢田 〃 永 田 清 成 浅 香 〃 西 田 章 孝 堺 〃 小 池 耕太朗 和 泉 顧 問 左 藤 章 衆議院議員 〃 米 本 哲 也 和 泉 〃 大 西 宏 幸 衆議院議員 支部名 支部長名 住 所 〒 電話番号 堺 中村 昭彦 堺市堺区中之町東1丁1番31号澤田ビル5F 590-0956 072-282-8866 浅 香 畑中 幸司 大阪市住吉区浅香2丁目-2番-38号 558-0021 06-6693-7773 東住吉矢田 重 博文 大阪市東住吉区矢田1丁目19番-4号 546-0023 06-6628-3371 和 泉 仲野 壽一 和泉市池田下町268番地1-201号 594-0032 0725-58-2200 摂 津 原田 秋康 摂津市鳥飼西3丁目9番24号 566-0072 072-650-0066 北 山川 博幸 大阪市北区西天満4丁目3番5-306号 530-0047 06-6316-6666 岸 貝 若林 孝典 岸和田市磯上町5丁22番1号ウェルフェア光明202号 596-0001 072-530-5946 西 徳田 貴志 大阪市西区新町1-14-21-708 550-0013 06-6538-7777 此 花 亀井 義人 大阪市此花区梅香3丁目14-14 554-0013 06-6871-4410 西 成 森 治夫 大阪市西成区花園北2-3-3-110 557-0016 06-6634-1213 大阪府本部事務局 堺市堺区宿屋町西1丁1番22号三徳ビル3F 590-0937 072-224-1111 FAX 228-9999. 北海道 小林 巧、石田 和宏、高橋 尚明、柿澤 雅史、橋田 浩千葉 恒、信太 雅洋、佐藤 義文、杉原 俊一、加藤 新司、近藤 和夫、前田 健太郎、梅本 かほり、青山 誠、阿部 隆宏、濱本 龍哉、時永 広之、盛 雅彦、長井 豊貴、石川 修一 青森県 小野寺 遊、古木名 寿登、米田 良平、村上 三四郎 秋田県 菅原 慶勇、畠山 和利、須藤 恵理子 岩手県 武田 浩二、及川 龍彦、林 雄史、佐藤 英雄 宮城県 村上 賢一、榊 望、渡辺 好孝、阿部 功、藤野 隆喜、櫻井 健太郎 山形県 丹野 則子、岩井 章洋、黒田 昌宏、池田 浩徳 福島県 舟見 敬成、齊藤 隆、黒羽 里美、江井 邦夫、荻原 久佳、佐藤 勢 茨城県 長谷川 大悟、平田 清次、瀧原 純、長谷川 聡、森 洋輔、深谷 大輔、唐澤 幹男、大曽根 賢一 栃木県 大屋 晴嗣、南雲 光則、金子 純一朗、細井 直人、金子 操 群馬県 山路 雄彦、臼田 滋、柴 ひとみ、吉田 剛、後閑 浩之、解良 武士、渡辺 真樹 埼玉県 三宮 将一、古澤 浩生、矢野 秀典、南本 浩之、乙戸 崇寛、高倉 保幸、前園 徹、渡邊 雅恵、井上 和久、赤坂 清和、阿久澤 直樹、水田 宗達、横山 浩康、染谷 和久、岡持 利亘、田口 孝行、柳田 千絵、菊地 裕美 千葉県 藤川 孝彦、薄 直宏、小川 明宏、藤井 顕、田中 康之、竹内 弥彦、上田 知成、中溝 正浩、外口 徳章、高橋 雄太、児玉 美香、髙橋 聡、中村 亮太、渡辺 政基、森田 悠介、松田 徹 東京都 森島 健、池田 由美、千葉 哲也、林 弘康、板倉 尚子、南雲 健吾、原島 宏明、藤本 修平、中澤 幹夫、山手 千里、古川 順光、知脇 希、上薗 紗映、保苅 吉秀、井出 大、岡安 健、田代 文子、寄本 恵輔、池田 淳子、岩澤 尚人、伊藤 貴史、栗田 慎也、来間 弘展、杉本 諭、北田 利弘、松本 浩一、金子 千香、鈴木 享之、水野 純一 神奈川県 露木 昭彰、久保 雅昭、林 克郎、下田 栄次、佐藤 史子、淵橋 潤也、根本 敬、谷口 剛俊、渡邊 裕之、浅田 秀人、長澤 充城子、大槻 かおる、山崎 哲司、相馬 光一、久保木 あずみ、大森 豊、内田 賢一、松本 肇、鈴川 仁人 新潟県 佐藤 成登志、郷 貴大、高鳥 真、柳 保、松林 義人、中山 裕子 富山県 池田 裕哉、仲川 仁、酒井 吉仁 石川県 小堺 武士、浅井 仁、神戸 晃男、矢野 昌充 福井県 四谷 昌嗣、小澤 純一、板本 直明、五十嵐 圭介 山梨県 北山 哲也、小林 伸一、磯野 賢、高村 浩司 長野県 山本 良彦、佐藤 博之、草深 恵、瓜尾 昌恵、林 有理、百瀬 公人、神津 哲也、平川 和彦 静岡県 和泉 謙二、菅野 武志、永澤 加世子、渡邉 勉、山内 一之、山下 裕太郎、瀧 和人、加藤 倫卓、大石 義秀、菊池 和幸、髙木 亮輔、川村 浩二 岐阜県 和田 範文、原 司、小池 孝康、村雲 憲、河合 克尚、山下 恒彦 愛知県 石田 和人、岸川 典明、青木 一樹、青木 一治、張本 浩平、村上 忠洋、三宅 わか子、長谷川 隆史、永田 健太郎、金井 章、星野 茂、野々垣 聡、熊谷 泰臣、坂口 勇人、宮嵜 友和、川瀬 修平、小幡 匡史、熊澤 輝人、池野 倫弘、上原 徹 三重県 伊藤 卓也、南出 光章、直江 祐樹、岩﨑 武史、山下 佳孝 京都府 苅谷 康之、麻田 博之、石井 光昭、堀江 淳、西村 純、関 恵美、中本 隆幸、小寺 翔馬、田後 裕之、江平 知子 滋賀県 弘部 重信、平岩 康之、宇於崎 孝、柴田 健治 奈良県 西田 宗幹、増田 崇、和田 善行、松村 明子、田平 一行 和歌山県 鍋嶋 崇之、上西 啓裕、安井 常正、前 裕充、森本 昌信 大阪府 松木 明好、千葉 一雄、岩見 大輔、稲村 一浩、熊崎 大輔、山川 智之、米田 浩久、三原 修、西川 篤史、守安 久尚、加納 一則、米谷 元希、柳澤 博志、中村 昌司、加藤 良一、鈴木 俊明、逢坂 伸子、杉本 明文、平木 治朗、山根 章、森 憲一、松岡 雅一、米元 佑太、鹿山 英明、松田 洋平、大槻 哲也、岩間 誠司、村西 壽祥 兵庫県 山本 克己、檀辻 雅広、正木 健一、間瀬 教史、沖山 努、山口 良太、小山 長、伊藤 弘、岩井 信彦、堤 万佐子、中川 ふみよ、西川 仁史、樋笠 重和、木澤 清行、永嶋 道浩、有吉 智一、前川 健一郎、三星 健吾 岡山県 国安 勝司、横山 暁大、谷中 則之、酒井 孝文、武田 正則、出口 仁、津田 陽一郎 広島県 猪村 剛史、伊藤 義広、甲田 宗嗣、谷口 亮治、山口 雅子、崎元 直樹、廣澤 隆行、高橋 真、髙橋 哲也、平石 勇次、石田 勝 鳥取県 生原 加奈江、三谷 管雄、大森 隆生 島根県 小川 昌、坪内 史子、太田 真英 山口県 中江 誠、山本 悟、砥上 恵幸、宮野 清孝、綿谷 昌明、清本 紀之 徳島県 鴬 春夫、東田 武志、仁木 半、平澤 小百合 高知県 大畑 剛、宮本 謙三、小笠原 正、前岡 修二、清岡 学 香川県 高橋 謙一、田仲 勝一、山田 耕平、藤井 保貴 愛媛県 金山 浩基、中川 誠一、鈴木 伸、木口 大輔、立花 紀子、吉野 一弘 福岡県 玉利 誠、永野 忍、松崎 哲治、音地 亮、西浦 健蔵、森田 正治、山内 康太、鈴木 裕也、橋本 優子、近藤 直樹、諌武 稔、明日 徹、松垣 竜太郎、岡部 貴文、齊藤 貴文、増見 伸、村上 武士、大田 瑞穂、高橋 博愛、有田 実 長崎県 井口 茂、大山 盛樹、小無田 彰仁、井手 伸二、小泉 徹児、山下 潤一郎、塩塚 順 熊本県 坂崎 浩一、田島 徹朗、河添 竜志郎、四海 公貴、波多埜 克宜、北里 堅二、北尾 昌平、林 寿恵、松本 泉 大分県 梅木 駿太、市川 泰朗、竹村 仁、高橋 隆一、渡邊 亜紀、坪内 優太 佐賀県 片渕 宏輔、峰松 一茂、大川内 直木、籾木 丈史、椋野 智治 宮崎県 浜口 正博、湯地 忠彦、中田 洋輔、迫田 勇一郎 鹿児島県 生駒 成亨、平名 章二、弓場 裕之、赤﨑 昭朗、村山 芳博、梅本 昭英、坂本 一路、弥栄 博文、大重 匡、山中 純 沖縄県 末吉 恒一郎、池城 正浩、城間 俊充、島袋 雄樹、城間 定治、立津 統. そういう気持ちが司忍の中に今もあるのではないだろうか。 あの時そのまま弘田組が一和会に行っていれば、当然今の司忍も弘道会もなかったはずである。

>

一和会本部

4s ease-in-out; transition: opacity. 来歴 [ ] 内ので山口組組長代行・の擁立に関わった陣営が、1984年6月の四代目山口組組長襲名を機会に山口組を脱退。 役員等一覧 令和2年4月10日現在(順序不同) 現 職 評議員 非常勤 伊 東 純 一 一般社団法人 福島馬主協会会長 〃 〃 飯 塚 知 一 一般社団法人 新潟馬主協会会長 〃 〃 西 川 賢 一般社団法人 中山馬主協会会長 〃 〃 本 川 一 善 日本中央競馬会副理事長 〃 〃 木 村 一 人 日本中央競馬会理事 〃 〃 矢 田 宏 人 公益財団法人 社会福祉振興・試験センター常務理事 〃 〃 風 間 弘 次 独立行政法人 福祉医療機構理事 〃 〃 渋 谷 篤 男 社会福祉法人 中央共同募金会常務理事 〃 〃 石 川 信 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団常務理事 〃 〃 鈴 木 健 社会福祉法人 朝日新聞厚生文化事業団業務執行理事 〃 〃 斎 藤 勇 杏林大学名誉教授 令和2年9月28日現在(順序不同) 現 職 理事長 非常勤 畑 山 光 伸 中央競馬馬主社会福祉財団理事長 副理事長 〃 大八木 信 行 日本馬主協会連合会会長一般社団法人京都馬主協会会長 専務理事 常 勤 西 川 浩 明 中央競馬馬主社会福祉財団専務理事 理事 非常勤 森 保 彦 一般社団法人 東京馬主協会会長 〃 〃 木 村 昌 三 一般社団法人 阪神馬主協会会長 〃 〃 後 藤 正 幸 日本中央競馬会理事長 〃 〃 木 所 康 夫 日本中央競馬会常務理事 〃 〃 眞 野 章 一般社団法人 全国国民健康保険組合協会会長 〃 〃 金 井 正 人 社会福祉法人 全国社会福祉協議会常務理事 監事 非常勤 吉 田 照 哉 一般社団法人 札幌馬主協会会長 〃 〃 石 井 秀 司 元日本中央競馬会理事 組織図 平成22年4月現在. 組織委員長・北山悟(北山組組長、元三代目山口組若中)• 」 という現在にも語り継がれる名言を加茂田重政副会長が残している。 この頃、司忍の親分弘田武志は、田岡の後継者とされる山本健一と関係も近く、山本が四代目を継いだ後も当然山口組に参加するはずだった。 この項目は書きかけ項目です。• 日本最大勢力山口組のトップに君臨する人物として、極道界に知られている。 2 ; box-shadow: 0px 0px 4px 0 rgba 0, 0, 0, 0. 四代目山口組にも加わらず弘田武志は組を解散しヤクザを引退した。

>

組織紹介

9375rem; font-weight: 400; margin: 0; line-height: 20px; line-height: 1. 翌1986年に総長のからを受け、同一家の直参(二次団体)へ。 さらに1985年にに移籍し、間もなく傘下に「一真会」を立ち上げ頭角を現していった。 編集される際は「」をご覧ください。 1980年代に入り山口組の三代目組長田岡一雄が亡くなった。 そして弘田組の者は司忍を会長に新たに弘道会を結成し、会長の司は四代目山口組の盃を受けた。

>

一和会

3 2009年• その弘田組の司忍にとって極道人生最大の出来事が起ころうとしていた。 後に両団体は抗争事件()へと発展したが一和会の劣勢は変わらず、これを挽回するために竹中暗殺を計画し、竹中行きつけのマンションに部屋を借りるなど周到な準備を行った上で、1985年1月、竹中と同行していた同組若頭・、警護役の同組若中・の3名を射殺した。 2 ; -moz-box-shadow: 0px 0px 4px 0 rgba 0, 0, 0, 0. かつての親分弘田武志があって今の自分がある。 編集を依頼される場合は下記の【このページの編集依頼】または【】から依頼して下さい。 山口組六代目組長司忍。 司の親分弘田が年齢的にも近い山本広を支持するのも自然な事だった。 幹事長・佐々木道雄(佐々木将城とも名乗った。

>

呉法人会組織

会長・(山広組初代組長、元三代目山口組組長代行)• 2008年における浅川一家の解散に伴い新たに一道会を結成し、同年、浅川一家の地盤を継いで山口組の直参となった。 組事務所は、内で別の山口組系組織が使用していた建物へ移転したが、これが福岡県で制限が加えられる暴力団事務所の新規開設および運営に該当し、かつ、同条例で禁止されているから200m以内に事務所を設置する規定に抵触することとなった。 最高幹部 [ ]• この山一抗争の詳細は加茂田重政元副会長著「烈俠」に詳細が描かれている。 弘田組の「弘」の字とその道を行く「道」の字から「弘道会」と組織したのは司忍の親分弘田への思いがあっての事だろう。 25rem; font-weight: 400; text-transform: uppercase; letter-spacing: 2px; margin: 0; line-height: 20px; line-height: 1. 佐々木道雄や加茂田重政、松本勝美に中井啓一、溝橋正夫、白神英雄といった当時全国的に名の売れた幹部クラスは山本広を支持する者が多かった。 副幹事長・吉田好延• 山口組と一和会の間に起こった暴力団抗争事件、山一抗争では、317件の大小抗争が発生し、一和会側に死者17人、負傷者49人、山口組側に死者8人負傷者17人を出した。

>

組織紹介

それははっきり言うときます。 令和2年度 呉法人会役員名簿 (令和2年6月16日現在) 役職名 氏 名 備 考 役職名 氏 名 備 考 筆頭副会長 槙 岡 達 真 非常勤 理 事 松 浦 充 恭 非常勤 副会長 沖 本 恭 治 〃 〃 河 菜 春 文 〃 〃 森 澤 大 司 〃 〃 松 村 眞 次 〃 〃 小 柴 繁 美 〃 〃 浜 口 祐 造 〃 常任理事 羽 田 憲 弘 〃 〃 松 岡 啓 子 〃 〃 志々田 幸 治 〃 〃 海 生 知 亮 〃 〃 親 谷 順 子 〃 〃 村 石 雅 昭 〃 〃 伊 原 直 昭 〃 〃 松 本 好 生 〃 〃 中 原 康 治 〃 〃 小 河 政 彦 〃 〃 八 代 一 成 〃 〃 高 橋 征 司 〃 〃 花 岡 義 之 〃 〃 坪 川 竜 大 〃 〃 奥 原 祥 司 〃 〃 松 岡 秀 直 〃 〃 岡 本 太 〃 〃 田 代 博 造 〃 〃 高 橋 育 代 〃 〃 亀 井 英 宏 〃 〃 吉 村 光 雅 〃 〃 大之木 小兵衛 〃 理事 相談役 明 神 博 〃 〃 糸 谷 博 之 〃 理 事 賀 谷 隆太郎 〃 〃 東 忠 昭 〃 〃 井 田 勉 〃 〃 大之木 隆一郎 〃 〃 小 谷 典 臣 〃 〃 銭 谷 武 則 〃 〃 北 川 耕 一 〃 〃 今 村 徳 房 〃 〃 長行事 義 人 〃 〃 藤 井 聖 〃 〃 山 本 一 洋 〃 〃 柚 原 弘 明 〃 〃 堀 本 巧 〃 〃 三 宅 清 史 〃 〃 二反田 正 弘 〃 監 事 榎 博 司 〃 〃 三 戸 初 人 〃 〃 古 本 やゑ子 〃 令和2年度 呉法人会支部役員名簿 (令和2年6月16日現在). グローバルカレッジ(外国語・外国文化の紹介)事業に関すること 14. こんなとこで、抗争事件を繰り広げていたのですからすごいですね。 162 2009年• 2001年、池田亨一が死去。 いずれにしろ山本健一亡き後筆頭の頭補佐だった山本広が三代目山口組の組長代行となっており、過去の序列だけを見れば山本広にも分があり、また山本広を支持する重鎮が多かった。 1984年いよいよ空白だった四代目組長の座を巡り竹中正久と山本広が対立し、竹中の四代目で決着が見え始めた。 極東関口一家三浦系譜 初 代 - 三浦周一 二代目 - 松山眞一 三代目 - 池田亨一 松山連合会系譜 初 代 - 金子三吉 二代目 - 小澤尚史 三代目 - 四代目 - 組織図 会 長 - (理事長・会長・二代目組長) 会長代行 - (総本部長・二代目総長) 最高顧問 - (最高顧問・組長) 会長相談役 - (常任顧問・二代目最高顧問) 常任顧問 - (顧問・総長) 常任顧問 - (総本部事務局長・会長) 顧 問 - (渉外委員長・総長) 顧 問 - (慶弔委員長・二代目会長・二代目総裁) 常任相談役 - (統括委員長・会長) 常任相談役 - (執行部・総長) 相談役 - (二代目会長) 相談役 - (二代目副会長・五代目) 理事長 - (三代目総長) 本部長 - (会長) 幹事長 - (三代目会長) 組織委員長 - (本部長) 渉外委員長 - (二代目会長) 運営委員長 - (二代目会長) 事務局長 - (三代目会長) 会長付 - ( 森本五代目) 本部長補佐 - (本部長) 幹事長補佐 - (二代目本部長) 組織委員長補佐 - 渉外委員長補佐 - (二代目幹事長・二代目会長) 渉外委員長補佐 - (本部長) 渉外委員長補佐 - 運営委員長補佐 - 運営委員長補佐 - 事務局次長 - 旧組織図 会 長 - 会長代行 - (理事長・会長) 理事長 - (総本部長・二代目総長・組長) 本部長 - (慶弔委員長・二代目会長・二代目総裁) 組織委員長 - (渉外委員長・総長) 慶弔委員長 - (執行部・会長) 運営委員長 - (執行部・総長) (執行部・常任相談役・大野三代目) 最高顧問 - (最高顧問) 最高顧問 - (最高顧問・組長) 特別顧問 - (常任顧問・二代目最高顧問) 常任顧問 - (会長) 顧 問 - (懲罰委員長・会長) 顧 問 - (総本部事務局長・会長) 顧 問 - (顧問・総長)• 常任理事・片上三郎• 時代を遡ってみるとこの時に司忍のターニングポイントが見えてくる。

>

組織

理事長補佐・河内山正義(後に本部長)• 結成当初は7000人対6000人と山口組より構成員数で優勢であったものの、山口組側の切り崩しにより次第に劣勢に立たされていった。 1989年3月19日に山本が神戸市の東灘警察署に出頭、自身のヤクザからの引退と一和会解散を表明し会は消滅した。 1987年2月に抗争は終結したが、ほぼ一方的な山口組からの攻撃や抗争の長期化で最高幹部の脱退や引退が相次ぎ勢力は激減し、1988年5月には、一和会序列2位の副会長兼理事長・が引退に追い込まれを解散した。 1988年10月には構成員数200人にまで衰退し、1989年3月19日に、山本は、神戸市の東灘警察署に出頭し、自身のヤクザからの引退と一和会解散を表明する。 グローバルカレッジ(インターナショナル・子ども英語)事業に関すること 15. いよいよ分裂の時、司忍は親分弘田武志を懸命に説得した。 1987年2月2日、沖で射殺死体となって発見された。 山本健一亡き後、弘田武志は山本広とも関係が近かった。

>