ハリー ポッター 映画 順番。 ハリーポッターの見る順番!映画シリーズの見方をご紹介

『ハリー・ポッター』映画の順番やファンタスティックビーストの共通点

ホグワーツ上空に暗雲が立ち込める• 夏 - ローリングが物語を着想。 禁じられた森ゲーム• 久しぶりに学校に戻ったハリーたちは仲間達に迎えられ、残りの分霊箱探しに奔走。 やっと分霊箱を見つけた2人は闇の攻撃にあい、ダンブルドアは衰弱、そこに現れた死喰い人と遭遇し、ダンブルドアはスネイプに殺されてしまいます。 百味ビーンズ• フラー・デラクール(演:クレマンス・ポエジー) 対抗戦のボーバトン校の代表女子選手。 U-NEXTポイント600円分がもらえる 今ならU-NEXT初回登録時に、最新作を楽しめるU-NEXTポイントが600円分もらえます。 また、スネイプ先生が隠してきた真実が明らかになり、その大きな伏線回収が見どころです。 6作目で命を落としてしまう。

>

最初からみないと損!映画「ハリー・ポッター」の順番を解説|Felix Felicis

ディスク3:『アズカバンの囚人』本編ディスク• 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』 ヴォルデモートを滅ぼす旅に出る ハリー、ロン、ハーマイオニーはヴォルデモートを滅ぼす手段となる「分霊箱」を探す旅へ出かける。 すでにこちらも5作品まで公開が予定されています。 2作目から登場。 すべては最後の決戦に向かう序章でしかありません。 オフラインでも動画を楽しめる dTV 月額料金 500円 税抜 見放題作品数 120,000本以上 無料お試し期間 31日間 ダウンロード再生 可能 今なら「」 月額780円税抜 とのセット契約がおすすめです。

>

ハリー・ポッター (映画シリーズ)

第1作目『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016年) 第2作目『』(2018年) 第3作目『ファンタスティック・ビースト3(仮)』(2020年) 第4作目『ファンタスティック・ビースト4(仮)』(公開日未定) 第5作目『ファンタスティック・ビースト5(仮)』(公開日未定) まとめ 作品ごとに1年の時が進むハリー・ポッターシリーズは、毎回ハリー達の成長を感じられます。 映像特典• ミレニアム橋• SCHOOL• もちろん、サービスが気に入って継続利用するなら. 日本語版 から発売。 未公開シーン集• 予言の間• 必要の部屋のドア• もともと、ローリングが七冊手作りし、内輪の知人に贈呈した本である。 賢者の石を守ろうとする勇気や、奪おうとしていた者の意外な正体など、原作にかなり忠実に表現されていたと思います。 ドビーのお墓の前で• ハリーたちは「死の秘宝」というニワトコの杖、蘇りの石、透明マントの伝説のこと、また、ヴォルデモートがそれらを手にしようとしていることを知りました。

>

ハリーポッター(映画)を観る順番は?シリーズのあらすじまとめ!

コンテンツの数は12万本以上であり、豊富に作品を揃えています。 最新情報は公式サイトをご覧ください。 8枚組特製デジパック付き• ダンブルドアの死後、紆余曲折しながらも残りの分霊箱を破壊すること成功するハリーたち。 2015年9月23日, at the. 最後にはニワトコの杖を手に入れたハリーでしたが、「誰のためにもならない」と言って杖を投げ捨てました。 8「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」(2011年) C 2011 WARNER BROS. ハリー・ポッターと賢者の石(2001年) 両親のいない主人公ハリー・ポッターは叔母の家庭で愛情無く育つ。

>

【映画の順番】ツウが教える、ハリーポッターシリーズを100倍楽しむ方法!

それでも何とか次々に課題をこなしていくハリーだったが・・・。 オリジナル版劇場予告編 PART2• アーガス・フィルチ• 監督は、引き続き デヴィッド・イェーツが務めました。 セストラル• 1997年刊行後、世界中に旋風を巻き起こし、驚くべき速さでベストセラーとなったJ・K・ローリング原作「ハリー・ポッター」。 1~8作目全てに出演。 荷造りするハリー• 必要の部屋• 闇の勢力が強くなっていく中、ハリーは自分の安全は自分たちで確保できるようにと、ホグワーツの有志を集めて「ダンブルドア軍団」を結成。 魔法省はハリーがホグワーツ以外の場所で魔法を使ったことでホグワーツを退学にしようとしますが、ダンブルドアがこれを阻止します。 変わりゆく衣装• したがって、1990年代という時代設定から逸脱した一人称・言葉遣いを用いたことによって、原作と日本語版ではまるで印象が違っている登場人物も少なくない。

>

ハリーポッター(映画)を観る順番は?シリーズのあらすじまとめ!

「オリジナル劇場版本編」と未公開シーンを追加した「ロングバージョン本編」の2種類を収録• アラゴグ• 4作目に出演し、ラストで命を落としてしまう。 そんなハリーの11歳の誕生日に、魔法界にあるホグワーツ魔法魔術学校から入学の招待状が届く。 実はハリー・ポッターの作品中にもニュートの存在が確認できる場面があるのです。 不審な動きを見せる魔法薬学のスネイプ先生が怪しいとふんだハリー達は、賢者の石が盗まれるのを阻止しようと覚えたての魔法と知恵を使って奮闘します。 実践的な魔法を禁ずるアンブリッジに生徒達の不満は募る一方。 ラブストーリーの展開も気になり・・・と、見逃したくない部分が山ほどあるのです。

>