エア プランツ 花。 100均で売ってるエアプランツ(チランジア)の種類と育て方

ハナアナナス属

1-1-1.銀葉種(写真・左) 明るい環境を好み、 乾燥に強い反面、長時間の湿気に弱く腐りやすい特徴を持っています。 葉は多くの種ではロゼット状だが、束生や2列生などの形を取る場合もある。 エアプランツには害虫がつく可能性も低いですが、まれにカイガラムシが発生することがあります。 鮮やかな黄色の花苞に愛らしい黄色の花を咲かせます。 あくまでソーキングはエアプランツを乾かしすぎた時の対処法として覚えておいてください。

>

エアプランツのおすすめ人気ランキング15選【初心者向け・アレンジ済み品も】

また、あえて子株を切り離さず親株にどんどん子株を出させ、群生させる楽しみ方もあります。 電球に入れる電球テラリウムもおしゃれな雑貨として人気の飾り方です。 濃い緑色の花はコントラストが美しく印象的です。 同時に、水やり後は葉と葉の間に水が溜まり、そこから腐ってくる恐れもあります。 下の写真のブラウンカラーは希少で、なかなかお目にかかれません。

>

エアプランツの生態とは?基礎知識を学んで楽しく育てよう

。 エアプランツの増やし方 エアプランツは種まきと株分けによって増やすことができますが、4~5年かけて栽培しないと花を咲かせず、種はめったに手に入りません。 春~秋頃 まず大切なのが気温です。 大型に育つ種であっても、大きくなるにはクランプ同様に時間がかかるため、なかなかビッグサイズのエアプランツにはお目にかかれません。 大きく分けると葉の表面が銀色の繊毛に覆われた「銀葉種」と、つやつやした葉を持つ「緑葉種」の2タイプに分類されます。

>

「エアープランツ」名前付き画像13種類

春から秋の暖かい時期は2~3日に1度、冬場はやや回数を減らして、株全体に水を吹きかけましょう。 店舗へのお問い合わせにつきましては、営業日10:00~15:00にお願いいたします。 原産地では葉の内側にアリが住んでいる「アリ植物」としても知られています。 これらはアンデス山中の砂漠に見られる種で、風に転がりながら生育している。 乾燥に強く、繁殖力旺盛です。

>

エアプランツ種類~歳月に心打たれる大型種、魅惑の美種など53選~

2-1.手軽で育てやすい入門種10選 100円ショップや園芸店などでも手に入りやすく、初心者の方にも育てやすい品種を10選を紹介します。 サイズは大きいものから小さいものまで様々です。 希少種の中では比較的丈夫です。 ・お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 蒸れないように浅植えにして、軽石とバークチップ1対1の割合で植えます。 3-2-10.アエラントス(Tillandsia aeranthos) 育てやすく花も咲きやすいアエラントス。 はじめてエアプランツを選ぶときは、なるべく入荷したての苗を選ぶことが大切です。

>

エアプランツを枯らしたことのある方も必見!管理が楽なエアプランツの育て方

ただし、この方法は短期の旅行などで水やりができず、株がしおれてつぶれたようになってしまったり、葉が内側に丸まるほど乾かし過ぎてしまったときの応急処置。 種類はよく分からないくて、分かる人がいたら教えて欲しいぐらいです。 一番簡単な対処方法は、水をあげた後、必ずサーキュレータの風を間接的に当ててあげることです。 屋外の場合では ジョロなどで水をあげます。 「エアプランツとは空気で育つ水の要らない植物」と勘違いされることが多いのですが、 水をやらないと枯れます。 紅葉は開花の前兆なのか、ただ単に寒くなるとするのか、日当たりのいい場所に置いているのが良いのか、ちょっと条件は絞りきれてません。 ネットや石、木などの上に置いたり、天井などから吊るす方法でなるべく蒸れを防ぎましょう。

>

エアプランツ(チランジア)の花を咲かせよう!花が咲かない原因は?

png ;background-position:0 -225px;background-repeat:no-repeat;-moz-background-size:280. 2-2-7.アトロヴィリディペタラ(Tillandsia atroviridipetala) 四方に広がる銀葉がおしゃれなアトロヴィリディペタラ。 涼しく乾燥した部屋での管理が理想です。 ストリクタ・ソフトリーフと言う名でも流通しています。 コットンキャンディには、日の光は刺激が強すぎて、葉焼けをしてしまいます。 でも、エアープランツは実は お水が大好き。 もちろん銀葉種の中でも好む光量の度合いは違ったりしますが、基本これから紹介するいくつものエアプランツは同じ環境で育成することに成功しているので、銀葉種として育成環境をひとくくりにしてしまっても大丈夫だと思っています。 コンパクトで花も綺麗なため、とても人気がありますが、空気中の水分だけで育つことから「放っておいても大丈夫」といった誤った情報が広まったため、失敗してしまった人も多いのではないでしょうか。

>