ブランコ シカ ティック。 「伝説の拳」と呼ばれた男、それがブランコ・シカティック!初代K

初代K

実際には4歳上の38歳だったというのだ。 -で金山裕文と18オンスのグローブを使用して対戦し 、1-0の判定ドローとなった。 大相撲 [12月2日 18:46]• 初代K-1 GRAND PRIX王者であり、「 伝説の拳 」と称された。 ボクシング [12月5日 20:07]• プロレス [12月4日 20:52]• 今回の将軍岡本選手のキックマッチデビュー戦の相手を務める事に関して、「角界出身の人間が一番地力(じぢから)が強いのを私が一番良く知っているので、一切油断は出来ない」と語る。 プロレス [12月5日 15:23]• 各国の配信時間も発表されている。 満を持して日本の頂、天田ヒロミ選手に挑む。 167• <第9試合 メインイベント キックマッチ ヘビー級 3分3R(延長1R)> 天田ヒロミ vs. 1996年10月5日、OPBF東洋太平洋クルーザー級王座獲得。

>

【動画あり】ブランコ・シカティック氏死去!?超有名なホーストKOの伝説の拳とは?|Credimia

その盛況ぶりを見たミルコも 同じような会社を作り、同業ライバルとなったシカティックに対して様々な嫌がらせをし始めた。 日本ミドル級王座は合計2度戴冠。 ご存知「キックの神様」。 3月22日にクロアチアにて急逝した初代K-1王者ブランコ・シカティック氏であるが、COVID-19のパンデミックの影響から、日本からは関係者、ファンの誰もがブランコ氏の葬儀に行くことも、墓前に花を手向けることもできない状況にある。 1999年&2004年にK-1 JAPANで準優勝を果たすが、2009年に急性骨髄性白血病発症。 19歳で単身渡欧し、オランダのドージョーチャクリキに入門。

>

初代K

- チャクリキ・ジャパン館長• 以降、第32代NWA UNヘビー級王座、第34代、第37代NWAインターコンチネンタルタッグ王座、第3代UWAアジアパシフィックヘビー級王座など数多くのプロレスタイトルを獲得。 鈴木悟 <第4試合 特別試合 ミックスルール(1Rボクシングルール、2Rキックルール)> ノブ ハヤシ vs. ドージョーチャクリキ・ジャパンでは我々の家族であったブランコ・シカティック氏に対し、可能な限りの弔意を捧げたいと考えており、それに同意してくれた選手たちが出場致します。 プロレス [12月6日 18:16]• 第一回闘真グラップリングトーナメント優勝。 肺塞栓症と敗血症だけではなく、その他にも細菌性の炎症も身体に発症しており、とてもリハビリを行える状態ではない。 そんなファイターだけでなく、ジム経営、そして恐らくは本職であった警備会社ティガーの実務と多忙を極めていたはずのシカティックは、練習後の会話の流れで自然とインタビューに応じてくれ、ホテルに我々を送ってくれるや「やっぱり日本から来たのなら、魚だろう」とディナーの誘いがあった。 以降、第32代NWA UNヘビー級王座、第34代、第37代NWAインターコンチネンタルタッグ王座、第3代UWAアジアパシフィックヘビー級王座など数多くのプロレスタイトルを獲得。

>

ブランコ・シカティック

通訳の方も付きますので、ブランコに直接質問したり、色々な話の聞けるチャンスです。 これによりプロボクシングとシュートボクシングの王座二冠を達成する。 1992年3月場所で序二段優勝。 photo• 大学時代には日本アマチュアボクシング優勝を果たし、天下布武をテーマに挑んだK-1では2004年にK-1 JAPAN優勝を果たし日本一の悲願を達成。 続く準決勝では日本期待の佐竹雅昭を左フックで3RKO。 1977年4月7日にタイのラジャダムナン・スタジアムでチャラポン・ソータイを破ってラジャダムナン王座を獲得。 以後、K-1、PRIDEに出場し、ピーター・アーツ、ミルコ・クロコップ、マーク・ハント、ボブ・サップらと戦う。

>

ドージョー・チャクリキ

この時、レストランの庭園の脇にブランコを見つけた。 大相撲 春場所の大阪開催協議、理事会の日程は今週中に発表 []• その傷が治ることはなく、5年間、ずっと病気を抱えながら生きていたということであった。 セミナー参加者以外でもチャクリキ・ジャパンのTシャツ購入者には、ブランコ・シカティックのサインと握手会が予定されております。 シカティック氏は初代王者だけでなく、あのアーネスト・ホーストを強烈な右ストレートでKO勝ちした選手です。 しかし、初戦(準々決勝)で安生洋二との異種格闘技戦でプロレスファンにも人気の高かったチャンプア・ゲッソンリット(タイ)を体格差とパワーで圧倒。 初代K-1 GRAND PRIXチャンピオンであり「伝説の拳」と 呼ばれた男、それがブランコ・シカティック! アーネスト・ホースト、チャンプア・ゲッソンリット、 佐竹雅昭などK-1黎明期からの強豪を次々と撃破した レジェンド中のレジェンドだ! 総合格闘技のに転向後、 母国クロアチアに戻りタイボクシング連盟を立ち上げ、その影響力は絶えず続いていた。 こちらもご希望の方はメールにてお問い合せください。

>

ドージョー・チャクリキ

人気NO・1力士は誰だ? 今年も大相撲総選挙を実施します。 伝説の拳、石の拳という風に呼ばれるようになったシカティックは、クロアチア紛争時に特殊部隊で活躍し、銃及びナイフで戦闘に加わり、自ら敵兵を殺めたことを格闘技通信のインタビューで口にするなど、明るく新しい格闘技を築き上げようという風潮のK-1にあって、イチ読者からしても特別な空気感を醸し出している人として映っていた。 とにかく日本のことが大好きで、MMAキック・東金ジムの越川昭(当時)会長を真似て、何かあると「ベーリ・デンジャラス」というのが口癖のようになっていた。 出場メンバーの中でシカティックは34歳と最高齢だったが、後日驚愕の事実が発覚する。 入田和樹 <第8試合 セミファイナル キックマッチ ヘビー級 3分3R(延長無し)> 将軍岡本 vs. ブランコ・シカティックは、5年前に練習中に足に怪我をしたが、その時の傷が元で足から菌が入ってしまった。 母国クロアチアの国章をバックに、全盛期のシカティックの雄姿をデザイン。 CHAKURIKIのリングにて積極的にシュートマッチに挑む。

>