枕草子 現代 語 訳。 【マンガ解説あり】枕草子『春はあけぼの』現代語訳・単語の意味からテストに良く出る重要表現まで!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

『枕草子』の現代語訳:1

まして、雁などが連なって、とても小さく見えるまで飛んでいく姿は、非常にしみじみとした情感を誘う。 ほととぎすのよすがとさへ思へばにや、なほさらに言ふべうもあらず。 しかし、枕草子にはそういった辛い出来事などは書かれていません。 良い香をたいて、一人で横になっている時。 学識ある人の前で、学識のない人が、物知りぶった口調で、(有名な)人の名前などを言っている様子。 雪が降っているのは言うまでもなく、霜がとても白いのも、またそうでなくても非常に寒い早朝に、火などを急いでおこして、炭を持ってあちこち移動するのも、とても冬の朝らしい。

>

『枕草子』の現代語訳:121

現代語訳 かわいらしいもの。 日が落ちてからの風の音、虫の声などは、もう言うまでもなく良いものだ。 ここでは中宮定子の日常の居所の事を意味している。 細い木や竹でひし形に組まれたもの。 全然欠点のない人。 方違え 陰陽道で災いを避ける為に方向を変えてから目的地に行くこと に行ったのにご馳走をしない家。 「憂し」は憂鬱の「憂」で、マイナスイメージ。

>

『枕草子』の現代語訳:1

まず、この章段のタイトルですが 『人の上言ふを腹立つ人こそ』。 花びらの端に、趣深い美しい色つやが、かすかにぼんやりとついているようだ。 むげに知らず見ぬことを、人のさし向かひて、争はすべくもあらず言ひたる。 物語・集など書き写すに、本に墨つけぬ。 中の御門の閾(とじきみ)引き過ぐるほど、頭、一所にゆるぎあひ、刺櫛(さしぐし)も落ち、用意せねば折れなどして笑ふも、またをかし。 絶対来ると思う男を、一晩中まんじりともせず起きて待っていて、明け方にふと忘れて寝込んでしまい、カラスがすぐそばでカアカア鳴くので、ちょっと見上げたら昼時になってしまっていた、なんてことだと呆れ返ってしまう。

>

枕草子(原文・現代語訳)

日入りはてて、風の音、虫の音など、はた、言ふべきにあらず。 現代語訳 冬は早朝(が良い)。 昼吠ゆる犬。 これは面白くない。 現代版枕草子 270話 ~人の悪口は楽しい~ 人の悪口に対して怒る人は、ホントに困りもの。

>

枕草子『かたはらいたきもの』現代語訳

五貫川・沢田川などは、催馬楽 =宮廷の雅楽 などを思い浮かべる。 例の所ならぬ所にて、殊に又いちじるからぬ人の声聞きつけたるは道理 ことわり 、異人 ことひと などの、その上などいふにも、まづこそつぶるれ。 人の悪口は良くないと分かっていても、やっぱり楽しい。 指貫なども、居ながら着もやらず、まづさし寄りて、夜言ひつることの名残、女の耳に言ひ入れて、なにわざすともなきやうなれど、帯など結ふやうなり。 現代語訳 似合わなくて期待はずれで、気持ちがさめてしまうもの。 昼になって、気温が上がって暖かくなると、炭櫃・火桶の火も白く灰をかぶってしまって、これは良くない。

>

枕草子『かたはらいたきもの』現代語訳

雨など降るのもしみじみとする。 このタイトルは 『人の噂話に腹を立てる人は』というような意味です。 博士のうち続きに女子うませたる。 すぐれている 現代語とギャップがある【畏し・恐し】のほうが重要。 (そばにいて)いたたまれないもの、うまく弾きこなさない琴を、十分に調律もしないで、自分の思うままに弾いている様子。

>