ハズ ビン ホテル アラスター。 ハズビン・ホテル(Hazbin Hotel)のネタバレ解説まとめ

推しに出会うアニメ『ハズビン・ホテル』

彼こそ地獄で一際強大な悪魔として恐れられる、通称:ラジオデーモンのアラスターだった。 話がだいぶそれましたが、このアラスターがハズビンホテルを手助けしてあげる、というのでした。 「ラジオ・デーモン」とも呼ばれており、地獄に堕とされてからすぐに地獄の猛者を次々に殺していき、それをラジオで生放送するというっぷりで地獄の中でも有名な鹿の悪魔です。 頭部からは枝角を模った黒い突起が生えており、形態時には更に肥大化する。 ジャンルはインディー・ミュージカル・シチュエーションコメディアニメ。 かねてより話題となっていたカートゥーンアニメをつい最近ようやく観ました。 武器のスペシャリスト。

>

地獄の世界を描いた海外の神アニメーション「ハズビンホテル」が素晴らしすぎる件

天真爛漫で快活、ポジティブなお嬢様。 さらにケイティはチャーリーは料理コーナーの代打で呼ばれたのだと言い、「捻り潰されたくなけりゃ無駄口叩くな」と釘をさす。 悪魔が心を入れ替えて昇天すればそのぶん土地を確保できるというのが狙いだ。 足や腕、指、瞳とか、全部が細かく動いてキャラクターを作るんです。 ただしどちらか一方が優位になる主従の契約は結ばず客を騙して連れてくるのもなし、ブードゥー教の魔術で呪いをかけ、客を無理矢理従わせるのもなしとアラスターに条件を付ける。

>

ハズビンホテル考察(アラスターの目的)

ケイティはどの動物をモチーフにしたのか分かりませんが、 爪のような部位が複数生えていたためカニかサソリあたりかなと思っています。 常にフリーダムで我が道を行くって感じのエンジェルですが、決して終始自分勝手というわけではなく、 自分の夢を否定され落ち込むチャーリーを励まそうと声をかけようとするが適当な言葉が見つからずその場を立ち去るシーンもあり、優しいところもあるようです。 何が良いって、彼らよく動くんですよね。 多分リリスや召使い達にも。 個人的な話ですが、私もコイツ大好きすぎて、一時期マジでアラスターのことばかり考えていました。 それが約30分に詰め込まれていて、ちゃんと観ようとすると全然時間が足りない。 最後に「愛してる」と伝えて電話を切ると、チャーリーのもとへ何者かが近付いてくる。

>

地獄の世界を描いた海外の神アニメーション「ハズビンホテル」が素晴らしすぎる件

Pが地獄の住人だけじゃなく現世の人間からも依頼を受けられるのかはよくわからない。 時折顔芸を見せたり、縄張り争いで崩壊した看板に「Loser」(負け犬)とか「Pussy」(弱虫)と馬鹿にされたり、ホテルにリベンジに現れてもアラスターが召喚した謎の触手にがんじがらめにされて何の見せ場もなく敗北したりとどこかコミカルなシーンが多い。 その後エンジェル・ダストは自販機でドラッグを購入するが、それを通りすがりの泥棒にかっぱらわれる。 赤毛に赤目、赤地に白い細縞のスーツを纏った長身痩躯の紳士。 チャーリーは一生懸命ホテルの経営理念を宣伝するが、彼女の情熱はスタッフや視聴者に冷ややかに迎えられる。

>

地獄の世界を描いた海外の神アニメーション「ハズビンホテル」が素晴らしすぎる件

「チャーリーから離れろ、この子には指一本触れさせない!」と気色ばむバギー。 歌も上手すぎるし。 で、彼なりのホテルの手伝いなのか、知り合いの悪魔を追加したりします。 まだパイロット版のみの公開ですが、これを機会にファンが増えるといいな。 そんな「彼女」らのテレビ放送を観ながら、一人不気味に笑う男が一人。 生前の姿が作者の落書きから判明しており、狂気を含む笑顔はこの頃から健在だった模様。

>

ハズビンホテル放送or配信日決定 公式トレーラー動画まとめ!

そのBGMとして、そんな地獄の状況を哀れみ、どうにかしようと苦悩している地獄のプリンセスが歌う歌が流れます。 「頼むから唄わないで」と懇願するバギーに「わくわくするエンタメ感が欲しくて」と言い募るチャーリー。 画像出典:『ハズビン・ホテル』ファイナルトレイラーより アラスター 死亡年:1933年 地獄中の権力者たちを虐殺しその様子を中継したことから「ラジオデーモン」と呼ばれている彼は生前、合衆国南部の大量殺人鬼でした。 実はチャーリーに恩がある 1…個人的にこれが一番有り得るのでは、と思います。 場をかき乱すトリックスター的な立ち回りとチート能力から、 つい先日完結したマイリトルポニーより、ディスコードを思い出しました。 すでにFワードを連発しているのにさらにピー音がかかるレベルの猥談とはいったい。 ホテルの従業員として雇われ、エンジェルを女性と勘違いしています。

>