無印 計量 スプーン。 《無印良品》買って後悔したもの。無印のステンレスお玉を使ってみて感じたこと

もう手放せない!使いやすさに感動する無印良品「計量スプーン」

手持ちのお玉(一般的なサイズ)と比較してみても わずかですが、長めです。 (慣れたら目分量でもいいのかも) 3:フタを持って持ち上げないこと。 デザイン性にこだわりたい人や、おしゃれなキッチン雑貨好きな人にもおすすめの計量スプーンです。 とはいえ、正確さに欠けるのでは? と半信半疑だったので、試しにこの調理スプーンで大さじ1を計ったものを大さじの計量スプーンに移してみたところ… ほぼぴったりでした。 実際使ってみて、子育て中の忙しいママには便利な調理アイテムだなと感じています。 掬う手数は増えてしまうかもしれませんが、 やはり 小回りが利く方がキッチンワークを快適にこなせます。 この小さな発見が商品化に繋がりました。

>

計量スプーンのおすすめ人気ランキング20選【おしゃれなものやデジタルタイプも!】

無難にはじめは無印良品をセレクト。 材質 スチロール 出典: 木の温もりが優しい、天然木の木製計量スプーン。 材質 ABS 出典: キッチンが華やぐカラフルなデザインに、英語表記がおしゃれな計量スプーンセット。 小ぶりなのに頑丈• また、 普段の調理だけでなく、お菓子作りや粉茶・コーヒーを入れるときにも便利。 柄が通常の調理スプーンよりも長めなので 、加熱調理中も手が熱くならないようになっています。 気になるのは二分の一の計量ですよね! 液体は、 無印良品 柄の長い計量スプーン こんな感じ。 しかし、 計量スプーンを使うことで、レシピの味を安定させることができます。

>

無印良品「計量スプーン」がすごく便利で料理がはかどって仕方がない!

また、これまで100円ショップで購入した 樹脂とステンレスを合わせた軽いお玉を使っていたので 無印のお玉の大サイズを持つと、どうしても重く感じてしまいます。 3cm• 筆者は、今後もずーっと使い続けていくつもりです! いかかでしたか? キッチンのプチストレス、解決してくれたのはやっぱり無印良品のアイテムでした。 複雑な部品が使われてないのがいいですね。 ここからは、おしゃれで正確性の高い計量スプーンを紹介します。 さらに、粘つく材料などもぬぐいやすいようスプーンの部分を浅くしました。 でもご安心を、大きいサイズもあります! ステンレスお玉・大 消費税込650円 ちなみに、わが家は3人家族ですが、スープをつくるときは作り置きも考えて多めにつくります。

>

《無印良品》買って後悔したもの。無印のステンレスお玉を使ってみて感じたこと

「高級感があってギフトにも良さそう」「デザインだけでなく、使い勝手も良い」「ライン入りで使いやすい」など、デザインも機能も評判。 絶妙なしなりでパッケージにフィット!掬いやすい• 柄の長いものなら計量から調理まで使えますし、短いものならキャニスターに調味料と一緒に収納しておけます。 これは計量スプーン買うしかないなーとなったわけであります。 大小どちらか覚えておけば、法則的にも覚えやすいでしょう。 穴があるので吊るせる は完全にデザインが好きで買いました!(笑) フラットでスタイリッシュな形のものって探すと意外とないんですよね。

>

【無印良品】家事の負担が軽減した! 無印の便利な調理器具3選

・中に入れた食材から発酵ガスなどが発生することによって、ふたが浮き上がってくることがあります。 外形寸法• ある日、先生が使っているに目が止まりました。 ジャムが掬いやすいだけでなく、いつも捨ててしまう もったいない部分にスプーンが届きます! 瓶詰の底、味噌パッケージの角、ヨーグルト容器の角、使う場面は意外とたくさん。 パンの材料は正確な計量が必要なためこだわったのが、 ・デジタル表示であること ・最大計量が2kg ・0. 洗いやすい• 素材が陶器なので、調味料の味を損なうことなく計量できるところが魅力です。 25ml• 小回りが利かず使いにくい• 健康オイル(加工油)はスプレーが目詰まりすることがあるみたいですよ。

>

無印良品「計量スプーン」がすごく便利で料理がはかどって仕方がない!

ソイルの珪藻土スプーンはキャニスターに入れておくことで、塩や砂糖がガチガチに固まるのを防ぎ、乾燥を保ってくれる優れもの。 くっついて取れない食材もすっきり取れます。 なんと時短で、しかも美味しい「とうもろこしご飯」が簡単に作れる!とあって、これはぜひ作ってみたいと思ったのがきっかけでした。 5ml• 材質 天然木 チーク ウレタン塗装 出典: こちらも、ロロの計量スプーン。 著者:立田みのり 一男一女の母。 何本もの計量スプーンがジャラジャラと付いた従来のものに、煩わしさや使いづらさを感じていた人にもおすすめです。 私は、計量がしやすく機能性を優先してキッチンツールを選んでいます。

>