C マイナー スケール。 【C マイナー・ペンタトニック・スケール】をギター指板上で!

マイナーペンタトニックスケール【エレキギター博士】

G6 9 でのCメジャーペンタトニックスケールの響き Gm6でのCメジャーペンタトニックスケールの響き G ・AbをルートにしたときのCメジャーペンタトニックスケールの度数 度数に合うコードが無いためG ・Abをルートにしたコードでは使えません。 次は、Cメジャーダイアトニックコードと、Cmダイアトニックコードを見比べてみましょう。 メジャーダイアトニックコードの6番目のコードから「6・7・1・2・3・4・5」と並べるとマイナーダイアトニックコードになる• さっきと指のカタチ・フレットの間隔が同じことに注目して押さえてみて下さい。 基本的には暗い機能ですという意味で覚えておきましょう。 これは、 時計回りに回ると自然なコード進行になるという 音楽の法則をとても分かりやすく簡潔に表しているものなのですが、 「8A」と「8B」という部分が 今回解説してきた「Cメジャー」と「Aナチュラルマイナー」が それぞれ対になっていますよね? このように 対になるそれぞれのメジャースケールとナチュラルマイナースケールの 関係性、つまり『平行調』を表しているものを ネット上で簡単に見つけることができますので 今後のためにも、保存するなり、プリントアウトするなり しておくと良いかなと思います。 各音の音程関係も完全にナチュラルマイナースケールと一致しているため、これは Eナチュラルマイナースケールであると言えます。

>

【指板図で解説】最初に覚えておきたいベースのスケール

音程の並びは「長 短長長 短長長」となります。 Dナチュラルマイナースケール Aナチュラルマイナースケールと同じ指のカタチであり、3弦5フレットの『D音』から始めたポジションです。 Amダイアトニックコード まずはAmの ディグリーネーム(ローマ数字)を見てみましょう。 CメジャースケールとAmスケールのような関係を 「 平行調」といいます。 D9sus4コードでのCメジャーペンタトニックスケールの響き D9コードでのCメジャーペンタトニックスケールの響き D-11コードでのCメジャーペンタトニックスケールの響き D ・EbをルートにしたときのCメジャーペンタトニックスケールの度数 度数に合うコードが無いためD ・Ebをルートにしたコードでは使えません。

>

ペンタトニックスケールの種類と使えるコード一覧

その為クラシックの理論では図のメロディックマイナースケールは上行時のみで、下行時にはナチュラルマイナースケールを使用する事になっています。 「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ」は「ラ=A」から始まるマイナースケールであるため「Aマイナースケール」と呼ばれます。 まず、メジャースケールとマイナースケールのそもそもの違いは何にか?ということです。 ナチュラルマイナースケールとメジャースケールの比較 ナチュラルマイナースケールとメジャースケールの比較を使って基本を覚えることによって、理解度が変わりますのでしっかり覚えましょう。 音の高さは違っても、使っている音符はすべて同じことが分かると思います。 ただ、闇雲に練習してもなかなか思うような成果が出ないのが難しいところです。 CメジャーとAマイナーの構成音は同じ?平行調について 前回の記事と動画 「」 のなかで、音楽理論の一つである『 スケール』というものについて触れ、 さらに 詳しくわからなくても手助けをしてくれる魔法のようなMIDIエフェクト その名も『 Scale』というものについて解説してみましたが、 今回は その補足的な意味合いを込めて 『平行調』と呼ばれるものについて触れてみたいと思います! 繰り返しますが、 僕のこのサイト『Make Inspiring Beats』では あまり音楽理論についての難し〜い話はしたくないですし、 逆に そういった知識がなかったとしても音楽が作れるのが DTMの良いところ! だと思っていますので、 ごくごく基礎的な『平行調』というものついての知識を 頭に入れておいていただければと思います! 平行調ってなに?? まず、 これだと何で覚えやすいの?? はい、これだと 全ての構成音が 白い鍵盤で成り立っているから なんですね! つまり、この組み合わせだと やっかいな黒い鍵盤を省いて考えればいいから というわけですね! Cメジャースケールの構成音は白い鍵盤のみ では、文字だけだと分かりずらいかもしれないので 画像を見てみましょう。

>

【C マイナー・ペンタトニック・スケール】をギター指板上で!

この「ハーモニックマイナースケール」の概念は、主にコード進行における主和音への解決を提示する際に活用されます(後述)。 僕が業界で仕事をした経験や、プロのギタリストから学んだ知識と技術を、ギター初心者の方にも分かりやすく伝える事ができたらと考え、「ギターの流儀」の運営を始めました。 BbMaj7 11 でのCドミナントペンタトニックスケールの響き Bb7 11 でのCドミナントペンタトニックスケールの響き BをルートにしたときのCドミナントペンタトニックスケールの度数と使えるコード 度数に合うコードが無いためD ・Ebをルートにしたコードでは使えません。 「メジャースケールとの関係性を理解し、メジャースケールのポジションをそのまま利用する」 ナチュラルマイナースケールを理解し弾けるようになると、ソロやアドリブの幅が広がりできることもたくさん増えます。 同主短調で覚える方法 もうひとつの覚え方として 同主短調を使う方法があります。 ナチュラルマイナースケールのポジションを見ていきましょう。

>

CメジャースケールとAマイナースケール

それではまず下の図を見て下さい。 そういった場合にメロディーなどで使うスケールも第vii音を上げ、次に出てくる主音につなげることで フレーズが解決した印象を強くできます。 最後の音を半音上げることによって、ギリギリ感、切迫感が強まります。 メロディックマイナースケールの使われ方 メロディックマイナースケールはその名の通り、メロディーとしての自然さを考慮したスケールです。 引き換えに、 第vi音と第vii音は増2度の音程になり、メロディーとして やや違和感、ぎこちなさのある音程が生まれてしまいました。

>

【指板図で解説】最初に覚えておきたいベースのスケール

モチーフを発展させる 最後はモチーフを発展させる練習です。 メジャーで使う場合は11thの音が入っているのが特徴になります。 Eメジャースケールを書く。 ドミナントペンタトニックスケールから見る使えるコード Cメジャーコード上で使えるドミナントペンタトニックスケール 使えるドミナントペンタ 使ったときの響き コードに対する度数 Gドミナントペンタ CMaj13(11th含む) 5度上 Eドミナントペンタ CMaj7 5 3度上 Dドミナントペンタ CMaj7 11 2度上(全音上) Cドミナントコード上で使えるドミナントペンタトニックスケール 使えるドミナントペンタ 使ったときの響き コードに対する度数 Cドミナントペンタ C9 ルート G ドミナントペンタ C7alt 増5度上 F ・Gbドミナントペンタ C7alt 増4度上 Ebドミナントペンタ C7sus4(b9) 短3度上 Cマイナーコード上で使えるドミナントペンタトニックスケール 使えるドミナントペンタ 使ったときの響き コードに対する度数 Fドミナントペンタ Cm6 4度上 Gドミナントペンタ CmMaj7 5度上 Bbドミナントペンタ Cm7 b5 2度下(全音下) Abドミナントペンタ Cm7 b5,b13 短6度上 マイナー6ペンタトニックスケールから見る使えるコード Cメジャーコード上で使えるマイナー6ペンタトニックスケール 使えるマイナー6ペンタ 使ったときの響き コードに対する度数 Dマイナー6ペンタ CMaj13(11th含む) 2度上(全音上) Bマイナー6ペンタ CMaj7 5 短2度下(半音下) Aマイナー6ペンタ CMaj7 11 6度上 Cドミナントコード上で使えるマイナー6ペンタトニックスケール 使えるマイナー6ペンタ 使ったときの響き コードに対する度数 Gマイナー6ペンタ C9 5度上 Ebマイナー6ペンタ C7alt 短3度上 Dbマイナー6ペンタ C7alt 短2度上(半音上) Bbマイナー6ペンタ C7sus4(b9) 2度下(全音下) Cマイナーコード上で使えるマイナー6ペンタトニックスケール 使えるマイナー6ペンタ 使ったときの響き コードに対する度数 Cマイナー6ペンタ Cm6 ルート Dマイナー6ペンタ CmMaj7 2度上(全音上) Fマイナー6ペンタ Cm7 b5 4度上 Ebマイナー6ペンタ Cm7 b5,b13 短3度上 メジャーb6ペンタトニックスケール メジャーb6ペンタトニックスケールはメジャーペンタトニックスケールの6thをb6thにしたスケールです。 m Maj7)は3rdが短三度、7thが長七度の意味です。 メジャーとマイナーの違いはこの第3音と第6音が大きく違うというわけです。 スケール内の音やマイナーダイアトニックコードの音を鳴らしながら、 スケール三種の音階を体感してみて下さい。

>