代打 7 連続。 日本プロ野球記録の一覧

日本新薬、7年連続37度目本大会へ 都市対抗野球近畿予選|スポーツ|地域のニュース|京都新聞

582(2003年7月27日、福岡ダイエーホークスがオリックスブルーウェーブ戦で記録) 1試合最多失策 10失策(、トンボユニオンズが毎日オリオンズ戦で記録) 両チーム1試合最多総安打 45安打(2003年7月27日、福岡ダイエーホークスが対オリックスブルーウェーブ戦で記録、内訳:ダイエー32・オリックス13) 両チーム1試合最多総本塁打 13本(、読売ジャイアンツ対大映スターズ戦=巨人5・大映8、1980年10月3日、近鉄バファローズ対ロッテオリオンズ戦=近鉄4・ロッテ9) 1試合最多退場 3人• 1打席で結果を出せというのは正直、無理だと思った方がいい。 その他、代打に関する記録・エピソードを持つ選手 [ ] メジャーリーグ [ ]• 日本プロ野球記録の一覧は、人物の国籍に関係なく、日本プロ野球(日本野球機構)における最高(最低)記録を対象とした一覧。 2戦連続での4打席凡退となり、これでオープン戦は全7試合に出場し、計19打席でまだ安打がない。 :大洋ホエールズが阪神タイガース戦でから記録• 通算代打本塁打 順位 名前 本数 備考 1 高井保弘 27 世界記録(パ・リーグ記録) 2 20 セ・リーグで16本(歴代2位)、パ・リーグで4本 2 20 セ・リーグ記録 4 淡口憲治 17 5 川又米利 16 セ・リーグ歴代2位 6 15 7 14 7 14 7 桧山進次郎 14• 12ダブルヘッダー 2 真弓明信(阪神) 2試合 1984年7. また、打点がついたのは松井秀、松井稼に次いで3人目だ。 アマ野球 [12月6日 16:58]• したがって、例えばある打者に対して代打が出され、これを見た守備側が投手を交代した場合、この投手交代を見た攻撃側がまだ一球も投じられていない代打に対して代打を出すことはできる。 同年の中日とのクライマックスシリーズでも代打でサヨナラヒットを放つなど、「天才」と称された打撃で大活躍し、シリーズMVPに選出された。 1965年限りで一旦退任するが、後任の蔭山和夫が就任4日後に急死したため、実質的に監督続投となった• 代打で出場しての本塁打をチーム内で唯一記録。

>

代打 7打席連続 ヒット パリーグ

同リーグでは14試合に出場し、30打数3安打、0本塁打3打点、打率. 後から出て、いい結果になりました。 大舞台の1本は大きいですから。 ニチダイは五回の森の3点本塁打などで逃げ切った。 相手先発が左腕だったが、本拠地・タイガース戦の6回に代打でメジャーデビュー。 石井さんは現役時代、代打で素晴らしい結果を残されました。

>

イチロー、代打で二ゴロ 7戦7打席連続快音なし/大リーグ/デイリースポーツ online

本拠地でのヤクルト戦に向けて「またフラットな状態でいきますよ」と切り替えた。 右投手の場面で左打者を代打に送ったところ、相手が投手を左に代えてくることもあり、その時にさらに右打者を起用する「代打の代打」も時折見られる戦術である。 リーグトップを走る奪三振も6つを加え、121とした。 そして、中盤から終盤のここが勝負だという場面では、チームで一番信頼される打者が起用されます。 :広島東洋カープが横浜大洋ホエールズ戦でから記録• 年間代打安打 順位 名前 本数 年度 備考 1 真中満 31 2007 セ・リーグ記録 2 26 1969 パ・リーグ記録 3 立浪和義 23 2007 3 桧山進次郎 23 2008 3 23 2018 5 22 1962 5 宮川孝雄 22 1966 5 22 1978 5 22 1986 5 若松勉 22 1988• 連続打席満塁本塁打 2打席連続:二岡智宏(読売ジャイアンツ) 通算成績:1457試合、打率. プロ野球 楽天茂木700万円減も石井監督から主将継続要請 []• その後1試合に1人ないし2人といった人数制限、あるいはイニングの間のみといった制限のあるルールが運用された期間を経て、に試合中の選手交代を制限なく行うことができる規則が設けられた。 次の打席ではレフトスタンドへの完璧なサヨナラ弾。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・. 09) 最年長記録 [ ] 最年長出場 (50歳2ヶ月) 最年長打席 山本昌(49歳1ヶ月) 最年長得点 (48歳4ヶ月) 最年長本塁打 (45歳5ヶ月) 最年長打点 浜崎真二(48歳4ヶ月) 最年長安打 浜崎真二(48歳9ヶ月) 最年長二塁打 浜崎真二(48歳8ヶ月) 最年長三塁打 浜崎真二(48歳4ヶ月) 最年長盗塁 浜崎真二(45歳10ヶ月) 最年長登板 山本昌(50歳2ヶ月) 最年長先発 山本昌(50歳2ヶ月) 最年長勝利 山本昌(49歳) 最年長最多勝利 (37歳、15勝) 最年長完投 山本昌(45歳) 最年長完封 山本昌(45歳) 最年長奪三振 山本昌(49歳12ヶ月) 最年長ホールド (46歳4ヶ月) 最年長ホールドポイント 山本昌(47歳1ヶ月) 最年長セーブ (44歳4ヶ月) 最年少記録 [ ] 最年少出場 (16歳) 最年少打席 西沢道夫(16歳) 最年少本塁打 (17歳4ヶ月) 最年少打点 西沢道夫(16歳2ヶ月) 最年少安打 西沢道夫(16歳2ヶ月) 最年少二塁打 西沢道夫(16歳2ヶ月) 最年少盗塁 (17歳3ヶ月) 最年少登板 西沢道夫(16歳) 最年少先発 (16歳5ヶ月) 最年少完投 西沢道夫(16歳9ヶ月) 最年少完封 金田正一、古沢憲司(17歳2ヶ月) 最年少奪三振 西沢道夫(16歳1ヶ月) 最年少ホールド 、(18歳8ヶ月) 最年少ホールドポイント 松井裕樹、北浦竜次(18歳8ヶ月) 最年少セーブ (18歳7ヶ月) 新人記録 [ ] 新人シーズン最高打率 (. の数、数、数、投手が左か右かが重要な決定要素となる。

>

本塁打記録2

MVPを2年連続で受賞した。 本調子ではなかったが、エースが本拠地で御礼投を披露した。 ただ、国際大会で勝利を積み重ねるためには、勝負どころで「切り札」を持っているかどうかも重要な要素となってくる。 高校野球 [ ]• 選手兼任監督がその対象となりますが、もっとも有名なのが元ヤクルトスワローズの古田敦也ではないでしょうか。 285、292本塁打、886打点、200盗塁 関連ページ: 3打席連続:藤立次郎(近鉄バファローズ) 通算成績:431試合、打率. 2002年には代打打率は2割7分1厘ながら、代打逆転満塁本塁打を放つなど19打点を記録している。

>

日本新薬、7年連続37度目本大会へ 都市対抗野球近畿予選|スポーツ|地域のニュース|京都新聞

外部リンク [ ]• 24ダブルヘッダー 2 緒方孝市(広島) 2試合 1996年7. 守備には就かず、1打数無安打。 守備でいえば菊池選手は素晴らしいですし、2番に固定できます。 しかし、投手陣がドジャース打線を抑えきれなかった。 この間、5試合連続完封負け) 連続イニング安打 27イニング(2014年:阪神タイガースが7月5日対横浜DeNAベイスターズ戦の7回から、7月9日対広島東洋カープ戦の7回まで記録) 連続イニング本塁打 6イニング(1967年10月10日、読売ジャイアンツが対広島カープ戦の2回から7回に記録)• 「そうですね。 1949年10月2日:大陽ロビンスが対大映スターズ戦で記録、試合結果:大陽11-10大映• 6回に藤井の適時打で1点を勝ち越して迎えた7回。 プロ野球 [12月9日 17:14]• 内訳: - - - - 初回先頭打者から1イニング連続打席本塁打 3者連続• 通算代打打点 順位 名前 打点 備考 1 宮川孝雄 118 セ・リーグ記録 2 桧山進次郎 111 3 高井保弘 109 パ・リーグ記録 4 川又米利 105 5 八木裕 98 6 96 7 浅井樹 93• :阪神タイガース(、、各2本、、、各1本)• プロ野球 [12月9日 17:44]• 2軍では58試合で238打数87安打、打率. また、佐伯貴弘さんといえば前進守備が野球ファンには知れ渡っていますね。

>

2のあんてな!:ガッツ小笠原 止まらん! 代打で7打席連続出塁

内訳:6本、5本、、各4本、、各3本、、、各2本、1本 1試合最多本塁打 9本• プレッシャーに負けたら、終わってしまいます。 。 そうなった時に、周りを見える人がいた方がいい。 また、代打満塁本塁打も4本記録した。 多くの場合、右投手に対しては左打者を、左投手に対しては右打者を起用する。 (1959 - 1960)• 内訳:大松尚逸、塀内久雄、里崎智也、チェイス・ランビン各2打点、橋本将、今江敏晃、早坂圭介、福浦和也、田中雅彦、堀幸一各1打点 1イニング最多安打 13安打(、西武ライオンズが福岡ダイエーホークス戦5回裏に記録) 1イニング最多二塁打 7本(、東北楽天ゴールデンイーグルスが対北海道日本ハムファイターズ戦5回表に記録)• ロッテ: - - - 今江敏晃 - 井口資仁 - - サブロー - - 里崎智也 - 南竜介• 試合後にオンライン会見に応じた秋山は「やっぱり頭(試合開始)から出たいという思いは持ってやっていた。

>

7年連続首位打者、3年連続MVP、210安打… NPB時代のイチローが残したもの

一般的に代打要員と言われるとレギュラーではない補欠の選手と捉え価値ですが、プロ野球の世界では、代打の切り札の存在がチームの成績に直結するほどの大きな意味を持っています。 273、51本塁打、253打点、19盗塁 関連ページ: 連続打席代打出塁 11打席連続:種田仁(中日ドラゴンズ) 通算成績:1434試合、打率. 56(1955年、読売ジャイアンツ) シーズン最大防御率 5. 守護神ジャンセンと対戦した。 (1953 - 1954)• 先発転向後は初対戦だった中日福谷に7回まで無得点と苦しんだが、1点を追う8回無死一、二塁から吉川尚の右中間を破る2点適時三塁打で逆転。 293、203本塁打、855打点、239盗塁 関連ページ: 連続打席死球 4打席連続:松本奉文(広島東洋カープ) 通算死球:7 通算成績:82試合、打率. 383を抜くパ・リーグ記録。 制球力は反省でしょうけど」と同点で止めた粘りを評価。

>