盛岡 バス ロケーション システム。 岩手県交通の「検索サービス」とバスロケーションシステム 「バス予報」が連携、より便利に使いやすく!

交通渋滞対策(オムニバスタウン計画)|盛岡市公式ホームページ

バス運行情報サイトにアクセスしてください。 段差を極力なくしたレイアウトは乗り換えも便利で、賑わいのスペースも設けました。 見て撮って楽しいデザイン 車両には沿線のご当地キャラクターや「おっぽくん」をデザイン。 14 バスの到着時間がスマホでわかる、バスロケーションシステム『バス予報』の実証実験開始(岩手県交通株式会社様 釜石路線) アーティサン株式会社(本社:東京都調布市、代表:小山 才喜)と、国際東北グループ 岩手県交通株式会社様(本社:岩手県盛岡市、代表:本田 一彦)、釜石市(市長:野田 武則)はスマートフォン向けバスロケーションサービス『バス予報』の導入における業務協定を結び、実証実験を平成29年6月15日より開始する。 運行状況の提供をモニターで行う利便性のほか、荒天時や夜間でもホッとするような使いやすさを追求します。 青山の場合は該当する営業所が近くにない。

>

バスの到着時間がスマホでわかる、バスロケーションシステム『バス予報』の実証実験開始(岩手県交通株式会社様 釜石路線)

ページ番号1001833 更新日 平成28年8月21日 オムニバスの語源 乗り合いバスの語源で,もともとは「何の御用にでも役立つ」という意味。 新潟県小千谷市・十日町市ではトイレも気軽に利用できるよう看板も設置している例もあります。 盛岡で導入の場合 :松園循環からバスセンターに直通する系統では「松園循環」で出発して再びターミナルに到着 する 前に「バスセンター」行に変換といった方法が取れる。 Microsoft社のクラウドを利用したサービスのため、イベントやダイヤ改正などによる急なアクセス増加にも柔軟に対応できる。 ゾーンバスシステム バスのサービス水準の向上と運行の効率化を目指し,バスの運行形態を大幅に見直し,バス路線の再編を行います。 今後ますます簡単、便利に進化する「バスロケーションシステム」を是非ご利用ください。 乗りたいバスがどこまで来ているかを,バス停に設置してある表示機のほか,パソコンや携帯電話からも確認できます。

>

盛岡地区

バスロケーションシステムについて いつも南海バスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 当サービスにより、各停留所における運行情報をタイムリーに検索することができるだけでなく、登録停留所にバスが接近するとメールで案内を受け取れるなど、パソコンやスマートフォン等携帯端末で運行情報を容易に入手できます。 バスを待つついでに買物という人も見込めます。 また、その他、駅舎やロケーションシステム等各種設備の整備なども行っており、お客さまの利便性の向上を図り、被災地の復興の一助となるべく努力して参りたいと考えております。 都南ターミナル(仮称)からの急行便として運転することは可能。 気仙沼線については2012年8月20日からの暫定運行を経て12月22日当社が事業者となり運行開始、大船渡線については2013年3月2日から運行を開始しています。

>

盛岡市オムニバスタウンの問題点と改善策

この連携サービスを利用することで、時刻表に基づく経路検索結果から、実際のバスの運行や遅延の状況を手元のスマートフォンで確認できるようになります。 バスの利用が少ない原因分析の不足• 盛岡で導入した場合 :都南地区の場合、乙部・手代森から都南支所という系統が想定できる。 釜石市は幹線道路が少なく日常的に渋滞が発生しやすい状況であり、バスロケーションシステムの導入によりバス利用者のバス待ち時間の軽減やサービス向上による乗降客の増加を期待している。 このページでは、当社が提供しているBRTの概要について紹介します。 「BRT」とは、バス・ラピッド・トランジット(Bus Rapid Transit)の略で、連節バス、PTPS(公共車両優先システム)、バス専用道、バスレーン等を組み合わせることで、速達性・定時性の確保や輸送能力の増大が可能となる高次の機能を備えたバスシステムです。 青山の場合なら岩手牧場発ターミナル経由滝沢営業所行きといった例も想定できる。

>

バスロケーションシステム

また、システム的には、小型のIoTデバイスからGPSを利用して正確な位置情報をクラウドにする仕組みで、既存のバス運行システムには影響しない。 (写真は県庁市役所前バス停) バスロケーションシステム バスの近接情報などをバス停の端末や携帯電話でお知らせする,バスロケーションシステムの導入を進めています。 実証実験は平成29年6月15日 木 から平成29年9月15日 金 の3ヶ月間の予定で、釜石市役所前から上大畑間のバス停を対象に実際に営業運行するバス約30台によりおこなわれる。 年次目標を立てるべき。 身体の不自由な方やベビーカーにも、エコでスムーズな移動を提供します。

>

BusGO!バスロケーションシステム

住宅地から市中心部間は 基幹バスによって定時性向上や所要時間の短縮を図ります。 システム活用による運行管理と安心の提供 GPSを利用した「ロケーションシステム」で車両の走行位置を常時管理。 盛岡市オムニバスタウン計画の施策体系 ハイグレードバス停 利用者の多い箇所を中心に整備を進めています。 市民との対話がない。 更に、専用トンネルや橋の効果で、安全とスピードを両立します。 渋滞や信号待ちが少なく、より安定した運行が可能に。

>

盛岡地区

バスターミナルが寒い、暗くてこわい、狭い。 これからの企画は、地区総会を開催するなど市民が決めるようにする。 さらに、従来の買い取り型のシステムではなく、バス台数に応じた初期費用+従量課金のサービスで、地方や小規模のバス事業者が導入しやすくなっている。 • 都市部では比較的導入が進んでいるが、運行システム・料金システムを含めたトータルシステムであることが多く、コスト面の理由から、収益性で不利な状況にある地方のバス事業者では導入が遅れている。 更に実証実験の結果を元にバス停向けの低消費電力型のサイネージ導入や2019年開催予定のラグビーワールドカップ開催に向けてのインバウンド対応の検討もおこなう予定である。 マイカー通勤の人はもちろん,徒歩や自転車からマイカー通勤に切り替えようとしている人は,渋滞緩和と地球温暖化防止のため,バスや鉄道を利用してみませんか。

>

バスロケーションシステム

今後も、岩手県交通を利用する皆様の利便性を向上するために、「経路・時刻・運賃検索サービス」の改善や機能アップに努めてまいります。 そのうち、気仙沼線 柳津・気仙沼間、大船渡線 気仙沼・盛間については、お客さまの安全の確保など復旧にあたって解決すべき課題も多く相当の時間がかかることが想定されたことから、地域の交通を当社が責任を持って守りつつ、早期に安全で利便性の高い輸送サービスを提供し地域の復興に貢献していくことを目指し、「BRTによる仮復旧」を沿線自治体に対しご提案しました。 初めての利用者や高齢者も迷わずに利用できるよう、シンプルで大きいボタンのフレンドリーな画面となっている。 路線バスだけでなく、コミュニティバスや送迎バスにも対応が可能。 ページ番号1017465 更新日 平成28年11月29日 バス・鉄道を使って快適通勤 バス・鉄道を使って快適通勤 冬の通勤時間帯は,道路の渋滞に拍車が掛かります。 便利なバスロケーションシステム バスロケーションシステムは,バスの現在地をリアルタイムでお知らせします。

>