今日 頭 条。 中国で急成長するニュースアプリ「今日頭条」――アクティブユーザー1億5000万人のアプリとは?

中国でも問題になる「まとめサイト(今日頭条)」と、マスコミの「権力」

身分証の登録さえすれば、誰でも「頭条号」のアカウントを得ることができます。 中国メディアの今日頭条は21日、「中国と韓国の経済格差はどれだけあるのか」と題する記事を掲載した。 国民の見識の幅が狭くなる」みたいな批判コラムを載せていました。 中韓の経済格差を認めたうえで、何年後に韓国に追いつけるかを考察している。 ・中国共産党は何を恐れているのか もちろん共産党の公式見解のように、これらサイトに低俗な情報が多いことは確かである。 また、今日頭条のユーザーが求めている情報であれば、一般の方が今日頭条にコンテンツを投稿することもできるのです。 このアプリは言わば「中国版Naverまとめ」。

>

TikTokやJinri Toutiao(今日頭条)を擁するByteDance(バイトダンス)、評価額780億ドルで世界トップのユニコーン企業に

5つ目は「譲り合いの精神」。 こういう会社が今すごく増えています。 今回の資金調達でBytedanceの企業評価価値は総額780億ドル規模にのぼり、いっきに配車大手Uberの評価額720億ドルを抜いて世界一のユニコーン(時価総額10億ドル以上のスタートアップ企業)になったとBloombergが伝えています。 実際、今日頭条のようなサイトにおいて、習国家主席のニュースはさほど注目されていない。 中国の地域格差は深刻だが、日本はどうなのだろう。

>

TikTokやJinri Toutiao(今日頭条)を擁するByteDance(バイトダンス)、評価額780億ドルで世界トップのユニコーン企業に

中国の農村部と比べてあまりに高い日本の農村部の生活水準をうらやましく感じたのかもしれない。 8つ目は「webデザイン」だ。 また、趣味趣向にあわせて広告が表示されることから、最も多くの著名ブランドが広告投資先として今日頭条を選んでいる。 記事は、日本人は自動車の購入について理性的で実用主義だと分析。 2017年5月26日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本が遅れている10の分野について紹介する記事を掲載した。 LIVEコンサート動画が無断でアップロードされるなど著作権の問題を抱えるByteDanceのTikTok なお、jcjkの乳首透け動画やパンチラ自撮り動画の問題以外にも、BytedanceのTikTokは問題を抱えているといわれています。

>

中国で急成長するニュースアプリ「今日頭条」――アクティブユーザー1億5000万人のアプリとは?

7つ目は「アプリ」だ。 南開大学のソフトウェアエンジニアリング部門を卒業後、インターネット関連企業で技術部門の責任者を経験。 そしてNaverまとめ同様、各々のユーザーが好きなように情報をキュレーションし発信している。 (Wikipedia) ByteDanceが開発したTikTokは編集機能の充実した動画SNSアプリ ByteDanceが開発したTikTokを一言でいってしまうなら、動画編集機能が充実したどうがSNSアプリだと思います。 政治よりも、娯楽や美容・健康といった事柄に注目が集まるのは古今東西おなじみの情景だが、それはかの国においても変わらないようだ。

>

中国でも問題になる「まとめサイト(今日頭条)」と、マスコミの「権力」

また、「でも日本の科学技術は世界有数だ。 紙媒体でもオンラインで積極的に情報発信し、いろんな出面で読めるようにするのは、メディアの影響力を最大化するために合理的なことなのです。 さらにはYouTubeのような動画コンテンツ機能、 ツイキャスのようなライブストリーミング配信機能も人気であり、正にさまざまな人気サイトの良いとこ取りとなっている。 そう考えると、時代の寵児がメディア媒体を傘下に置こうとする理由も良くわかる。 医療機器は欧米製でなければ日本製だ」「どんなに遅れていても日本は100カ国以上をビザなしで行けて、首相をののしる横断幕を掲げられる」という意見もあり、日本を称賛するコメントが大半を占めていた。 その頃の中国のネットニュース界は国営メディアが主で、堅苦しい文体で長々とした記事ばかりが目立っていたという。

>

「日本人から学ぶべき点」を中国メディア・今日頭条が紹介 譲り合いの精神など|ニフティニュース

今回は、そんな 「今日頭条」の魅力をわかりやすく解説していきます。 フェイクニュース対策AI開発も 出典:shutterstock 今日頭条では、他とは異なるアプローチでフェイクニュース対策に取り組んでいます。 どの情報が正しいのか悩んでしまうでしょう。 周さん. アプリのダウンロード ではひとまず「今日頭条」のアカウント開設方法について解説をしていきます。 また、2月には米国の動画アプリFlipagramを非公開の金額で買収した。 上海の調査企業86 Researchのアナリスト、Zhang Xueruによると「Toutiaoのユーザー滞在時間はフェイスブックのグローバル平均の50分を上回っている」という。

>

今日頭条(Toutiao)とは?|中国の無料ニュースアプリ

中国では今年5月、いまだに6億人が月収1000元(約1万5000円)以下で暮らしていることが明らかになったばかりだ。 下記よりダウンロードください。 こうした傾向がここにきて出てきているようで、運営側はこうしたものも削除しています。 しかし、農村部は確かに立ち遅れていてまるで別の国に来たかのように感じるほどだ。 運営元のバイトダンス・テクノロジーの企業価値は、直近の資金調達時に110億ドル(約1. 日本では公共の場所で他人の迷惑にならないよう静かにしており、人にぶつかってしまった時などはすぐに互いに謝ると指摘。 ショート動画などは、広告を挟まずに楽しめる。 その後、2009年に独立をして、「九九房」という不動産情報を取り扱うWEBサイトをオープン。

>

【今日頭条】中国と韓国の経済格差はどれだけ?「何年後に韓国に追いつけるか」=中国メディア[6/23]

停止期間は「今日頭条」が最も長く3週間。 開発元はTiktokで有名なバイトダンス 出典:WIKIMEDIA COMMONS 今日頭条の開発元はTiktokで有名な ByteDance社 です。 PCからスマートフォンへのシフトの中で、クラシックなジャンルのアプリにも新旧主役交代が行われている。 AIを活用して9000以上の媒体から 集めた情報を整理し、つなぎ合わせて記事として発信しています。 中国市場ではこのニュースアプリは、アツい分野の一つだと考えられています。

>