慌てる 類語。 「泰然自若」の由来と意味とは?使い方の例文や類語・対義語も解説

「慌てる自分」を見つめてミスを防ぐ努力をしましょう!

「狼狽売り」の意味は「株を慌てて売ること」 「狼狽」を使った言葉に「狼狽売り(ろうばいうり)」があります。 「泰然自若」の対義語は「右往左往」や「戦々恐々」など 一方、「泰然自若」と反対の意味を持つ言葉は、あっちに行ったりこっちに行ったりと、慌てて混乱することを表す「右往左往(うおうさおう)」、また、怖気づいてびくびくしていることを表す「戦々恐々(せんせんきょうきょう)」などが挙げられます。 類語・関連語 ・ ・ ・ ・浮足立つ(うきあしだつ) ・我武者羅(がむしゃら) ・せっかち ・そそっかしい ・病膏肓に入る(やまいこうこうにいる) ・目の色を変える(めのいろをかえる) ・根を詰める(こんをつめる) ・世知辛い(せちがらい) ・頑張る(がんばる) ・遮二無二(しゃにむに) ・一生懸命(いっしょうけんめい) ・一所懸命(いっしょけんめい) ・慌てふためく(あわてふためく). 「泰然自若」を使って精神面の強さを褒める 「泰然自若」という言葉の意味を察するなら、「過酷な局面に対しても動じない」ということで、相手の精神面の強さを賞賛する「褒め言葉」としても使えます。 「泰然自若」の意味と由来は? それでは「泰然自若」の意味と由来から解説します。 予想もしていない出来事に対して、対処法や解決法がわからずに慌てる状況で使われます。

>

「慌てる自分」を見つめてミスを防ぐ努力をしましょう!

彼らの狼狽える様子から、反撃を予期していなかったことが伺える。 狼狽する。 「泰然自若」を使うシーンはあらゆる場面で想定できますが、職場において最も多く使われるのは「上司」や「社長」また、一般的には「年配の方」や「経験を重ねた人」となるでしょう。 万が一重大事やトラブルに遭遇しても、平常心を失わず、しっかりと対応する強い姿が想像できるでしょう。 しかし、もう少し日常的に起こりやすい「慌て」のケースは、昼の休憩前や終業前に起こる急ぎの心理です。

>

慌てる(あわてる)の語源・由来

「狼狽」を使った四字熟語「周章狼狽」 「狼狽」を使った四字熟語に「周章狼狽(しゅうしょうろうばい)」があります。 突然の話に、わたしは狼狽することしか出来なかった。 「狼狽する」は「思いがけない出来事に、慌ててうろたえている」ことを、「狼狽した」は「思いがけない出来事に、慌ててうろたえた」ことをそれぞれ意味します。 慌てるの語源・由来 「あわてる」は「泡立つ(あわたつ)」または「泡立て(あわたて)」の略とされています。 「In panic」や「To panic」のように使いましょう。 ぶくぶくと泡だつ様は、騒々しく落ち着かないところから転じたと考えられています。 「泰然自若」の心を忘れなければ、突然ふりかかるトラブルにも動揺せず対応できるだろう。

>

「狼狽」の意味とは?語源や使い方の例文・類語も解説

狼狽した表情で、ふらふらと引き返していった。 どちらも「落ち着いている」や「動じない」という意味があり、二つの言葉を組み合わせることによって、意味を強調した四字熟語となっています。 「泰然自若」の意味は「何事にも動じず慌てないこと」 「泰然自若」は落ち着いた様子や何事にも動じないことを表す言葉です。 スポンサーリンク 慌てるの意味 突然のことで、普段の落ち着きを失う。 だれでも昼休み前や業務終了前は慌てることがあります。 また、思っていたことと結果が大きく異なった時や予想外の展開に狼狽えることを「周章狼狽(しゅうしょうろうばい)」と言います。 自分の心理に潜むこうした危険に目を向け、「少しぐらい遅れても、事故を起こすよりましだ」と考え直して、常に落ち着いた行動を取れるように努力してください。

>

「泰然自若」の由来と意味とは?使い方の例文や類語・対義語も解説

「狼狽」の意味と語源とは? 「狼狽」の意味は「不意な事に慌てる」 「狼狽(ろうばい)」とは「思いがけない出来事に、慌ててうろたえること」を意味する言葉です。 社会人として備えておきたい要素として「メンタル面の強さ」は外すことができません。 加えて、ごく自然に話し言葉で言い換えるなら「動揺しない」や「混乱しない」、「狼狽えない(うろたえない)」なども類語として適切だと言えます。 職場では上司や年配の方に使うことが多い 職場で新入社員や若手社員など、まだまだ経験不足で失敗の多い部下を抱える立場であるのが「上司」や「リーダー」などです。 急な出来事に驚いて、どうしたらいいのか分からなくなる状況で使用しましょう。

>

「慌てる自分」を見つめてミスを防ぐ努力をしましょう!

「泰然自若」の由来・語源は「泰然」と「自若」の意味そのもの 「泰然自若」という言葉の由来や語源は、「泰然」という言葉と「自若」という言葉が示す意味、そのものとなります。 「泰然自若」という表現が相応しいのは一般的に「年配の方」や「経験豊富な人」などです。 「泰然棒弱」の類語は「冷静沈着」や「余裕綽々」など 何事にも動じることなく、落ち着きのある様子を表す言葉は「泰然自若」の他に「冷静沈着(れいせいちんちゃく)」や「余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)」などがあります。 こちらも、ショックで自分を見失い、どうしてよいかわからない様子を表すため「泰然自若」の対義語として理解しておきましょう。 「狼狽」の英語表現とは? 「狼狽」は英語で「Panic」 「狼狽」の英語表現には「Panic」が当てはまります。 こちらも「泰然自若」の類語として使うことができます。 彼を問い詰めると、狼狽した声で話し始めた。

>