興味 が 湧く 類語。 【湧く】と【沸く】の意味の違いと使い方の例文

「興味がわく」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

一方、同音異義語の「感心」を目上の方に使うと大変失礼です。 「拍手が湧く」と「観衆が沸く」は間違いやすい また、これらを踏まえた上で、間違いやすいのが「拍手が湧く」と「観衆が沸く」という表現の違いです。 例えば、「興味が湧く」「やる気が湧く」「冷や汗が湧く」「拍手が湧く」と用います。 これらの方々に対しては関心をもっていて当然であるため、「私は〇〇様に関心を持っています」という表現は不自然です。 ドラマの影響で、子どもが歴史に関心を持つようになった。 そこで 「興味がわく」という言葉の意味や使い方を紹介します。

>

「関心」の意味とは?「興味」「感心」との違いや類語も解説

「実感が湧く」の類語や言い換え• しかし、この漢字は一般的に使われる字ではありません。 「興味がわく」の 「興味」には、 「人の関心を引く趣、またはおもしろみ」という意味があります。 「会場が沸く」「観客が沸く」「聴衆が沸く」「血が沸く」と使う場合は、興奮して騒いでいる様子や熱狂している様子を表すことができます。 なお「感心を持つ」は「関心を持つ」の誤用ですが、してしまいがちなミスなので注意が必要です。 例えば思春期の入り口にくると、急に異性に対して関心を持つ事になります。 熟語に使われている「興」には、楽しみ・よろこび・趣きなどの意味があります。 「悔し涙が湧く」「希望が湧く」「勇気が湧く」などのように使い、感情が底からにじみ出てくるような表現になります。

>

「興味がわく」の「わく」の漢字は「湧く」と「沸く」のどっち?

実際に最近、何かに 「興味がわいた」という経験をした人もいるでしょう」 一方で 「興味がわく」という言葉を聞いた事が無い人もいるかもしれません。 同音で同じ言葉としては、他にも 「越える」、 「超える」や 「奨める」、 「薦める」などの言葉が間違えやすい例として挙げられます。 子供にとっては身の回りにあるものは全て馴染みのない、不思議なものです。 「実感が湧く」の使い方• /面白そうだね。 拍手が起こる場合には「湧く」という字で表記しますが、観衆が盛り上がっている様子を表現する際には観衆が「沸く」という風に表現します。 興味のある, 興味の深いことを話してくれた, 興味の泌み出して来る, 興味の馴致せらるるまで, 興味の立ち遅れと, 興味の深い筋の運び, 興味の深いものがある, 興味のなかつたことはこの一節の示す, 興味のない印度哲学は即座に止すべき, 興味の深いものではなかったかと思う, 興味の深い問題だと思う, 興味の薄らいでゆく, 興味のふかい二つの記録をよむ, 興味の対象となり得なかつた, 興味の中心は海にある, 興味の中心を置いてゐたので, 興味の中心となつてゐた, 興味の角度からこの本は読まれたであろう, 興味の角度が複雑になった, 興味の向く, 興味の成長によって大きくなった, 興味の対象になっている, 興味の上のアブノルマルな心には決してなれなかつた, 興味の上において全篇を貫く, 興味のもち方を軽蔑してやるだけの, 興味の対象となった, 興味の中心を占める, 興味の眼を八方に向け放っていたむす, 興味の方向を和流に転じて, 興味のない煙りの, 興味のないものは一度きりで見ないで済むし, 興味の中心と申します, 興味の焦点となる, 興味の大半がつながれているが, 興味の深い統計表も出品された, 興味の加わる, 興味の中心点となった, 興味の中心が置かれてゐる, 興味のつきない, 興味の乏しい意味の判り兼ねる, 興味の重点を置いたが, 興味の対象にはなり, 興味の深いことがある, 興味のあり, 興味のもてない, 興味のないものとあきらめる, 興味のあった, 興味の圖に乘つて或程度迄人の神經を玩具にする, 興味の深い海盤車娘の物語ではあったけれど, 興味の中心従って, 興味の対照はその時々で種々に変つてゐるとは, 興味の対象となり得る, 興味の中心がむしろそちらに移ったからでもある, 興味の中心とした, 興味の問題ではないといつてしかられるかもしれない, 興味のないような顔をしていました, 興味のないやうな顔をしてゐました, 興味のないのを虞れて, 興味の水準をもう少し引上げることが肝要であろうと思われる, 興味の大部分が失はれ, 興味の根本に簡単に触れておいてから, 興味の続く, 興味の眼を以て眺め入る, 興味の深い探偵物語をうけたまわりたいと, 興味のない私はつい縁の下をのぞいて見るだけの, 興味の深いものではないかという気もする, 興味の有る, 興味のないことを怪みながら, 興味の多い労働者への宣伝に夢中になっている, 興味の眼をどれほど得意でいたかは, 興味の中心というべき, 興味の深い参考品であるというに止まり, 興味の尋常でないは言うも, 興味の中心となっておる, 興味の対象とします, 興味のないものにしている, 興味のようにも思えた, 興味の対象となりません, 興味のない親類に無沙汰をすると, 興味のもち, 興味の深い傳説を聞かせてくれた, 興味の深かつた母に折々招待された, 興味の起しようもない人の噂しかできない, 興味の湧くまで, 興味の中心をなしている, 興味の中心であるように見える, 興味の中心を置いている, 興味の中心はどうしても動作にある, 興味の根拠がある, 興味の中心が在りはしないかと考えている, 興味のないものになつてしまふ, 興味のない人でも映画はおもしろがる, 興味の深い現象であると言わなければならない, 興味のなさに対する反動として生れて来, 興味のない細君はろくによく見る, 興味のないことを喜ばなかった, 興味のないことを喜ばなかつた, 興味の重心をそこへおき, 興味の中心になっている, 興味の全部を裏書する, 興味のある話しというではなく, 興味のために自己を偽る, 興味の下に見ているにすぎない, 興味の持てる, 興味の高まる, 興味の深い主要の役目を勤める, 興味の対象となる, 興味の大部分は失われる, 興味の期待もかけていた, 興味の最初の教育がやっと球ころがしと, 興味の勃然として湧来るを禁じ得ない, 興味の多い所であらうと思ふ, 興味の種を探す, 興味の中心を見出した, 興味の純粋さから来る, 興味の深い不思議な怪物はジャーナリズムの現象そのものであるかもしれない, 興味の眼は弥兵衛老人からはなす, 興味の多い仕事の一部分に数えられた, 興味の赴く, 興味の忘れ, 興味の中心になつて居ると思ふが, 興味の禁じ, 興味の代りに久野女史の逸話に興じていた, 興味の鈍つて了うてゐる, 興味の度を超えた, 興味の持ち, 興味の深い静かな遊戯にふけっている, 興味の失せた, 興味の中心となる, 興味の中心に影響してくる, 興味の中心になって, 興味のわかぬらしい, 興味の遠眼鏡をその方に転じました, 興味の中心となりぬ, 興味の中心は流星という仕掛ものにある, 興味の鱗を逆立てた, 興味の気ぶりさえも見られないという, 興味の中心とする, 興味のあって, 興味のない返歌をやっと出まかせ, 興味の対象になる, 興味の惹かれる, 興味の多い時であることを申して, 興味の持たれぬ, 興味の深浅とを示して, 興味の中心が喰ひ, 興味のわいてきた, 興味のしらけてしまった, 興味の多いことであろうなどと思った, 興味の観点から問題にする, 興味の形で育てる, 興味の多い批評が出た, 興味の中心であったように見える, 興味のために記録に値する, 興味の中心の位置を占める, 興味の眼を大学から新聞にまで転向しつつある, 興味のもち方がほかの国の男たちと違ふ, 興味のもち方がずゐ, 興味のないことはなるたけやりたくない, 興味の起らぬ, 興味の中点がある, 興味の最初の小さな焔に点火してくれたとも考えられる, 興味のない所は何年もほこりが積み放しに, 興味の上に於て左したる, 興味の水脈をつたわって, 興味のもてず, 興味のない部分に触れると思う, 興味のいろがうかんだ, 興味の本体がどこに在るかを探り出す, 興味の方が主になつてゐるので, 興味の深い時期にぶつ, 興味の念に駆られながら, 興味の多いように思われる, 興味の点からいっても, 興味の方が強いくらゐの, 興味のほうが勝敗の興味よりもずっと深くなってきた, 興味の中心でもなかったことは推察される, 興味の焦点を置かなければならぬ, 興味の変化を求めた, 興味の湧いて来る, 興味のように見える, 興味のために集合し, 興味の全部を集中していた, 興味の余地も無い気がして, 興味の派生的な筆力によつて恰好よくまとめられてゐる, 興味の重心を置く, 興味よりも高い興味のある, 興味の為に常に文芸に親しんでゐる, 興味のないことかも知れない, 興味の中心を感情の浸透におかないで, 興味の對照となる, 興味の薄いのは当然かもしれない, 興味の深い哲理を持つてゐる, 興味のおありになる, 興味の爲めに本間氏の如き批評家の存在は祝すべきであるが, 興味の一貫性というものが私にはやはり感じられます, 興味の中心は後継内閣の顔ぶれといったことにあるらしかった, 興味の焦点が理解されていなかった, 興味の中心に近いて来ると, 興味のつづく, 興味のなかった書物をちがった, 興味の中心は次第に文学書から宗教書に移っていった, 興味のもてる, 興味の網の目にひっかかった, 興味の深い研究課題が内在している, 興味のないような事項の観測の無用論を唱えたりする, 興味の範囲からして, 興味の如何に依っては, 興味のふかい人間がいて, 何の興味も 多分の興味を ことには興味も 非常に興味を ことに興味を それに興味を いふ生活に興味を 私には行くだけの興味が 犯罪事件に興味を ものに興味を 格別殺人事件に興味を 妙に興味を 何か興味の 意味で興味 図書館に興味を 図書に対する興味を 魚への興味は 勝負事に興味を これについては興味 彼は興味を 内容には興味 何に対しても興味が 異常な興味を 誰にも興味が 風物記は汲み尽くせぬ興味の なんの興味も 写真を見る興味を 学生の興味 酒は興味の 米国語に興味を さまざまの興味 俳句に対する興味が 何よりも興味が 有益で興味の 男子の興味を ことは興味 熱心な興味を 以上の興味を すべての興味を 一団に興味を 永続した興味を 特殊な興味を 相当な興味を 特別な興味を 向きの興味が 事に興味と かなりな興味を 老婆に興味を 科学に興味を 一座の興味を 畑に興味を 中で興味 マダムの興味を ルクリュ翁は興味を 叛逆的行動に興味を つては興味が 情熱や興味を 進展しているであろうかと興味を 言葉について興味 多くの興味を 主なる興味は スポーツに興味も 火の手を見るだけの興味も 仕事に興味を 非常に興味の 彼等は興味を 問答する興味は 説に興味を 大人でも興味を 遊びの興味を 格別の興味を 物語に興味を 遥かに興味を 人は興味を ことに興味が 誰にも興味を 姿とに興味を 活動写真機に興味を これは興味の 顔からは興味の ものにまで興味を カテゴリーは興味が ことも興味 心理分析の興味と 意味でも興味の 政治に対してまつたく興味を 政治に興味を いのち懸けの興味 自然学習に興味を 千分の一くらいの興味を 魂の興味よりも 自己自身の興味に 云ふものに興味を 茅野雄には興味が 好奇心と興味と 何處にも興味が ほんとうに興味を あなたの興味の 僕は興味が 57番サーフについて聞かされて興味を 鉄道に興味を ダフネの興味の 波乗りに興味の のも興味 数学的の興味は 理解と興味を 様な興味が 語に興味を 幾分の興味を 同様の興味を 暖みのある興味と 案外な興味を 私の興味を 筆者も持たれていると思い興味を 社会一般の興味が 社会の興味の 私には興味が 本当の興味を ことの興味が ことの興味も ガラス絵に興味を 変な興味は 如何に考え直しても興味が 生活などに興味が 金に興味など 彼の興味を 市政に対する興味を ものに対して興味を 一刹那の興味ばかりを 将来に於ける興味 特殊の興味を 種々の興味 エロチッシュの興味を あなたの興味を 観念に興味を 青木の興味を 隣室に興味の 自叙伝を読む興味などから 自分への興味の 文学に興味を 職業と興味の 様々の興味 堅めてゆくかという興味 平素犯罪学に興味を 自分一人の興味の 正三は興味を 行衛に興味を 彼女にとって興味が 行方に興味を 買物に興味を 許りの興味は 状態に興味を ほうに興味を 教科書への興味は 凡ての興味が 事に興味を ような興味は 僕にや興味は 大人の興味を 時は興味を 純粋な興味と 芸術への興味を 非常な興味を 特別の興味を 小説として興味が 私自身にとっては興味の 種の興味 多大の興味を 探偵学に興味を ことも興味が 引用の興味も 人々の興味を ような興味を 科学に対する興味を 非常に興味 作品に対して興味を 一つの興味 通俗的の興味は 一時的の興味の 特殊の興味が 無限の興味と 子供たちの興味を 私たちの興味や 氷河に興味を のも興味が 科学者としての興味を 女に興味が 情熱的に興味を われわれにとって興味 具現している興味 のは興味 文学にとって興味 勝敗それ自身が興味 最初の興味を そこに興味 問題などには興味が 出版局が興味を 彼女は興味 ぼくは興味 限りなく興味 溌剌たる興味の 西南戦争に興味を 耳を傾ける興味を 翻訳論文集は興味 先づ私の興味を ことの興味で われわれの興味を 生活様式に興味を 政治なんかに興味は 能力も興味も 気がして興味を ものはちつとも興味は 句の興味は 問題に興味を フレンチは興味を 彼の興味から 孫四郎の興味に 浪漫的な興味を 病的な興味を 一時の興味に やうに興味の 幼稚な興味 のが興味も 幾分の興味が 社会生活を通じての興味 一夜ごとに興味の ことそれ自身に興味を ゃべることそれ自身に興味を 何も興味は 殆ど狂的な興味を 何処に興味が 人々に興味が 西洋に興味を 性の興味や 芸術に興味を ところに興味を 子供達の興味を 研究すれば興味が 真珠に興味を 大変な興味を 私たちに興味を 小説などに興味を 非常の興味を 私たちの興味を 無限に興味が 目前の興味の 式の興味によって これに興味を 確かに興味 今日物理学に興味を 応用に興味を 純理的の興味から 探偵小説的な興味と 事実に興味を 特別な興味が 運行に興味を ところに興味 分析の興味は 特有の興味を 歴史的事件に興味と 時僕は興味 自分は興味に 材料として興味が 学術上の興味を 一等運転士ミルン氏と興味 つてはいつこうに興味を 僕はある興味を 実験には興味が 試みの興味 点から云って興味の ことは興味の 近代的な興味の 科学分類への興味の 注目すべき興味の 出来事を興味 一段の興味を 母に興味を 散歩の興味を 婦人に興味を 性格に興味を 嗜好や興味は いつまでも覚えていて興味を 一番期待と興味を 女は興味を 三笠に対する興味と 解剖に興味を 事件に興味を ことを興味 方が興味が 気がして興味も 価値があり興味が 近頃は興味の 感覚と興味との 態度とは興味 雪に興味を 趣味から受ける興味は みな話してしまっては興味が 人々の興味 力技に対する興味が 大賊は興味を 囲碁に興味を 住職に興味を 具体的研究に興味と 出し物にも興味が 死を想えばうなされるほどの興味や 記録する興味と 新たな興味が 解決以上の興味を 私に興味が 一の興味 恰で興味の ニイチェほど興味が 唯一の興味 仕事に興味が 物理學に興味を 今日から見て興味 眞に興味 深更に至る迄興味 一種の興味を以て 自分に興味の 急に興味が 専門家以外には興味は ジワに興味を 私の興味は 残忍性の興味が やうな興味を のに息詰まる興味を 従つて其処に興味も 試食研修してみるくらいの興味を 料理に興味を なかに興味を 一種の興味を これも興味が 最初画因によって得た興味を 大変に興味 花房は興味 世間の興味は かぎりない興味を 何んだって興味を 最初に興味を 興行に興味を 芝居の興味の 人知れぬ興味は 一種の興味さえ それに対する興味は パーソナルコンピューターに興味が パーソナルコンピューターに興味を 私が興味を エキスパンドブックに興味を 形にできるなら興味が 言葉にばっかり興味を 人たちが興味を ズーッと興味も 星にも興味を 縦横に興味を 自分も興味 自叙伝に対する興味が 意味での興味が 日本に興味を 日本紀行の興味の 独特旺盛な興味 世界に興味の 植物学全体への興味を 運動に興味を 新劇に興味を 人の興味を ゴーリキイは興味を 二重に興味 一面を示して興味が 材料と興味とを 当面彼等が興味を 章ごとに興味の 彼等の興味を 豊かな興味は 時代に興味と 妙な興味が 幾分でも興味や 継承的な興味を 被告席が興味の ような興味 烙鉄などの興味が 事柄に興味を 公衆の興味と 人間的な興味の 点で興味を アクション物に興味が TRONに興味を 物に興味は オレは興味は 童といへども興味などといふ 子規論を聞かせられるよりも興味の 電子出版に興味を さまざまな興味や のは興味が 亢奮もし興味も 問題には興味も 生活に興味を そこに興味の ものねといふほどの興味を 湯の興味が もののみの興味を 並ならぬ興味を 奇妙に興味を 地名を見ただけでも興味を 急に興味を 大に興味 幾多の興味 半分の興味も 二つの興味 與へる興味の 我々に興味の 秘密について興味を 風がわりな興味の 異性に興味を 露子を殺す興味に 何かある興味の 情慾や興味や 贅沢な興味から 事業に興味を 嘘言に興味を 甚大な興味を 問題にとって興味が 目標として興味が 警察行動ばかりに興味を 満州国の興味から ことがうかがわれて興味の 歴史的理論に対する興味と 思考の興味を 非難にさえ興味を 一般に興味を 本を読む興味を 直接の興味から 付近に興味を 特別の興味の 遠距離に興味を 彼女へ興味を 坊の興味を 特殊の興味の ブルジョア的常識に興味を 之ほど興味の 動機と興味とから 哲学上の興味の 昔程の興味を 哲学的に興味を 政治的動向に対しては興味も 政治に対して興味と 何に興味を 西洋文化に対する興味や 人の興味の 見物が興味を んぢや興味が お話すると興味が のは興味も 意味で興味の 絶大な興味で 筆を呵す興味も ものかしらという興味も 天ぷらに興味を 周君に興味の 作者は興味を 應に興味を 意地惡い興味を 相応に興味を 私ほどの興味を 先生が興味を 二に興味を 女たちは興味を キッピイに興味を 男には興味を 私生活に興味を 十日のびたというばかりでない興味と 一致していて興味 エキゾティックな興味を 自分の興味を 主であるという興味 研究者にとりて興味の ものへと興味を すつかり興味を 利助の興味を 自分の興味に 事件の興味に 方面に興味を 明月記よりも興味の これ歴史の興味が 特別の興味を以て 応用化学に対する興味は 料理を見て興味を 私に興味の 微妙にして興味 彼女は興味も 空白を埋めようとする興味 多分に興味の 成否にのみ興味を 私には興味の 紹介する興味は 話には興味を ことばかりに興味を 鳥獣虫魚何でも興味の 方言そのものに興味の 子供に興味の 喫茶店にも興味が 客観性のあるのに興味が 結果については話す興味も 人に興味を 英文学に興味を 庸三に語るだけの興味すら 白色外人に興味を 外へ出る興味も 恋愛小説ほどの興味は 新らしい興味を 嫉妬まじりの興味が 小夜子は興味が 生活報告には興味が 文学に興味は 彼も興味を 仮装写真を興味 ことを思って興味をさえ 軍事上の興味と 変化の興味が 玩具にも興味が 生徒には興味が 話だけには興味が これを興味 自分は興味の 多大な興味を 愚弄そのものに興味を 満場の興味を 幾倍の興味を 演芸以上の興味を 昭和文学史の興味 どっちに傾くか興味が ことは興味が 喝采を博したという興味の そこが興味の 男の興味を 態度は興味が ファッシズムに興味を 人間の興味を 記事非常に興味 のだか興味が 巫山戲る興味の 格段の興味を こッちが興味を 食べ物に興味を キツト佐多の興味を のは興味の 前置に興味を 感覺の興味と 蕩兒の興味に 読物としての興味と 読物の興味とは 展開してみせる興味より 現代日本の興味 先生の興味を それぞれ非常に興味を 中味に興味を 俺に興味の 俺には興味が 自分に興味を 点にも興味が 私は興味を 題材に対して興味を 肉欲の興味を 時分私の興味の いま一度哲学的学科に対する興味を 絶大な興味を 私の興味の 挙動に興味が 想像力にとって興味を 非常に興味が 文化に興味を 一たび児童の興味を 女性に興味を 探検に興味を 何等の興味を 日本人の持っていたほどの興味を 仏教に興味を 場限りの興味の 最大の興味を 至大の興味を 無限の興味を 素人は興味を以て 人物論を興味の 同様の興味が それは興味の 抒情詩にも興味を 話などに興味の 大衆小説的な興味を 女にたいする興味を 教師が興味の 甚しく興味の 政治運動には興味が 料理に興味が 何人が読んでも興味も 同一の興味を 心掛けと興味が 理解と興味の 好奇心と興味とは 研究に興味を 鬪士的教化運動にも興味を 旅行者が興味を 異常な興味と 事件に対して興味が 株界の興味の 昨日から持ち続けていた興味が 世間風の興味も 間隙に興味を 清少納言の興味を 記述する興味も 對する興味よりも 對する興味の 読者にとって興味 ことにしか興味を 人間に対する興味を 諸人の興味を 古典的オペラへの興味から 心もちに興味の ものに興味の 名優よりも興味が 七分通りの興味を 人間には興味が そこが興味が それが興味の 物に興味を マダムに興味は 椎茸に興味を 科学的な興味に 注目と興味とを お前に興味を 彼の興味は 私は興味が ところに興味が 私にも興味が 客観的描写に興味を 猫又に興味を さっき異常なる興味を のを興味 工夫されてあるので興味を 落書の興味は 探偵小説の興味の 人々の興味が 不安と興味とに 学者にも興味の 何事にも興味が ひそかに持ち出す興味と 話に興味も 點に興味が 図書館へ入る興味も 毎日描いていると飽きてしまって興味が 事ばかりに興味を われわれには興味が 余暇も興味も ガラスに興味を ものに興味が ものを探す興味は 蓮を求める興味でも 観賞する興味も 相形に興味を 画家の興味が かなりの興味が 特異な興味を 相当の興味を ところの興味も 仕方に興味を こいつは興味 詩人が興味 遊戯にまつたく興味を 彼の興味 ような興味の 随って興味 読者にとって興味が 私たちには興味 研究家の興味を 旧友と話してみたいと云う興味が 談話に興味を 話に興味を 心理に興味を 特別の興味も それに対する興味を かなりの興味を のが興味を のであったと思えば興味が 奇妙な興味を 非常なる興味を 雷に興味を 人人にも興味が それこそは興味の 磯の興味は ようで興味は 荒磯の興味は 以前より興味を 夢想に興味を 議論をする興味を 点を興味 経験に訴え得る興味 大臣の興味を 事になっていたとは興味 職分的であるから興味も 其上に興味を 廣太郎の興味を 何事にも興味を 探偵方面にも興味を 探偵談に興味を 皆様から興味の 人間を知ろうとする興味も 皮肉な興味を ものなどに興味を 格別の興味も 不思議に興味が 花にも興味を 彼女の興味を 復讐心から来る興味も 多分の興味と 不思議な興味を 猫肉試食などに対する興味を 用語には興味 一種の興味を やつてみるほどの興味が 特殊の興味と 旅にも興味と 別のちがった興味で 對する興味は 職業的の興味が 書物に興味が はるかに興味が 子供らの興味も 新吉にとって興味の 出席して見ると思うほどの興味も 余の興味を それ以外には興味を 学問の興味が 責任と興味とを 上に興味が 自分は興味を 繁代の興味を 別な興味が 多大の興味が 内幕話に興味を 事に飽きざる興味を 私は興味に 芝居などには興味を 冒険的の興味から 範囲の興味が サミイに興味を ランデ・ブウに興味の 色盲に興味を 新たな興味で 別な興味で 驚異と興味の 皆簡単に興味を 古典的に興味を ふきげんに興味 淺薄な興味を 親切と興味とを以て 少年青年の興味が 其捕縄に就いても興味を いちばん人間に興味が 耳を傾けて聞きたい興味は 民衆劇に興味を ユダヤ文学などに興味を 未練も興味も 気軽な興味を 執拗に見る興味も 私の感ずる興味は 誰も興味を 人生にたいする興味も 老人などには興味を 農事に興味が 経過に興味でも 青年に興味を 行燈に興味を なんの興味をも 緊張と興味とを ほかの興味を そこに興味を 一種の興味と共に どこに興味を それも興味の 訊問に興味を 尠からず興味を 深刻な興味が 云はうか興味が わたしの興味を これほど興味を 追求に興味を 傍系的な興味を 河に興味を 卑近な興味の 夢幻的の興味を 現代小説に興味を 俊夫君の興味を のも興味の 甚深な興味が 伝へする興味も 相撲にも興味を 複雑な興味が 臀部などに興味が これほどまでに興味を 好色的な興味を 嗜虐的な興味を 仕事に対する興味も 自身の興味 ことも興味の あなた方の興味を あなた方探偵小説作家の興味の 材料に対する興味や 遥かに興味が 助には興味が 結婚に興味が 遂行する興味も 計画に興味を 生長には興味が 娯楽には興味を 職業にも興味を 大学生に興味を 双方に興味を ルーツへの興味に 話に興味が 田中英光に対する興味は 父さまは興味 買ふんでは興味も ものは興味 他人になど話す興味も 民衆生活に興味を 徹しようと興味を ちょッと興味が 仕返しに興味が 自分の興味だけ 擬悪的な興味が 子供は興味を 子供たちに興味を 新鮮な興味を 散歩の興味は 來て興味の 著書都市美論の興味 眺望に対する興味は 風景に対する興味は つて此頃一つの興味で 装飾とに興味を エロティッシュな興味が 変な興味を 皿にする興味を 記者たちの興味を 没頭する興味を 手なずける興味を 教育に興味と 倉地の興味から 本能的な興味を 暴力とに興味を 私どもにとって興味が 矛盾に興味を 云ふ興味だけで 彼も興味 何物にも興味を 秘密に興味を おれには興味 専門家にしか興味の 専門家には興味が 文学者の興味と かたちにさえ興味を 点に関する興味が 理解と興味とを 我々の興味を 溌剌たる興味を 画集にも興味を 転々と興味を 人間に対する興味と 探偵に興味を 心霊研究に興味を 作家には興味の 一般文化面に興味を 演劇に興味を 話題に興味を 何かを語る興味が 回顧的な興味をしか 通俗的な興味を 事実の興味が 共通した興味の 可成り興味を 一寸は興味が 見物に興味を 話が興味 内蔵助にとっても興味が テクニカルな興味が 研究そのものに対する興味を 事相に興味を 韻律に興味を 喧嘩に対する興味が 通俗的な興味に 芸術家としての興味の 作品に興味が 戯曲的表現に興味を 面に興味が 現実への興味の 舞台に興味を 日本に対する興味だけで 僕の興味を 希望と興味を やうな興味の 何か興味を アイルランド文学に興味を 女の子の興味を ヨリ以上の興味に 展開する如き興味に 芸事に興味の 怪奇味があり興味が 第三者には興味の さと興味とを 一分野として興味を 伸子にとって興味 存在に興味を 彼の興味が 人類学上の興味 連絡に興味を 印象に興味を 個人に興味を ことが出来るかという興味から 際一般の興味にまで 啓蒙的な興味や テーマは興味の 大衆的な興味に こと自身に興味を 連関が興味では モラルなどに興味の 同等の興味を 動作そのものから興味が 映画特有の興味の 映画の興味の 映画の興味は 文学が興味の 対象に興味を 労働運動に興味を 出来事に興味を 実体に興味を 技術的な興味は 法律には興味を 放浪して歩く興味を 味に興味を 夜の興味は 可なりに興味を 双方の興味の ような興味が 甚しく興味を 連関しているかは興味 マルクスが興味を 鑑賞にしか興味を 判然とした興味を 対比させて見れば興味が 気紛れな興味に おれの興味の 生態に興味を ことにも興味を ことについて考えてゆく興味も 方方には興味が 特別に興味を 経験談でも興味を 元来探偵事件の興味の 自分一個の興味や 言葉に興味を 醜行に興味を 苟くも探偵事件に興味を 女に興味を 事にでも興味を 是非一度実物に会ってみたい興味を 参照すると興味が 伝奇的な興味と 展望を持っていられるかと興味を 内容に興味を 音楽についてはある興味を 大変に興味を 学課の興味は 事が興味の 芸術上の興味も 天性の興味を 男にとって興味が 程度の興味だけ 多くの興味 かすかに興味を 学校に興味を 学校での興味の 彼等に対する興味とを へんな興味 物に対する興味と どれも興味 的な興味も 繰糸機械にばかり興味を 翻訳に興味を 芸術写真に興味の のかと興味を 過去に興味を 色気に興味が 一句一句の興味は 寸分の興味を 事柄に対する興味を 武芸に興味を 何の興味をも 三吉の興味を 方面にも興味を 許も興味が ように並べ立てただけでは興味が 上に興味を 句に興味を 私党的な興味に 社会党派的な興味に 彼女は興味を 職業に興味を ひそかに興味を 無数の興味 残忍で興味が 意想外の興味 中でも興味 私たちほどの興味を 共通な興味を 自分の興味は 支那に興味を 能樂に興味を つては興味も ぶんの興味の 現状を知りたいという興味で 一番さきに興味を ネヴィール嬢に興味を 仕事にも興味を 人ぐらい興味を ことに興味などを 波瀾の興味によって 大衆的に興味を 文壇小説の興味の 本意として興味を 読者諸君に興味が 充分な興味を 近代科学への興味と 娯楽的な興味より 大衆小説が興味だけで 一泡吹かしてみなければ興味が 外界に興味を 一時は興味も 書物に興味を 色彩に興味を 機械としての興味を 相当の興味が ところの興味を のに興味が 何の興味でも 旅行話に興味を 自分たちの興味も 剣人達の興味から 三浦半島に興味を オッカルティズムには興味が 風俗畫を興味 二重の興味が 何かに興味を 感覚的な興味は 授業にも興味を 競技に興味の やうな興味も 何ンにも興味が 私達が興味を これも興味の 心霊学に興味を 話ぶりに興味を 水島に興味を 次の如き興味 あなたの興味 妙な興味を 話の興味の それだけの興味が 近ごろ自分が興味を 科学的の興味に 別の興味を 学者的な興味を 当面の興味や 直接の興味を 直接な興味を 中に興味を これについて興味 生理とに興味を 科学史的にも興味の 自分たちの興味に 内容からくる興味を ンて興味が ところに興味と そこが興味 自信と興味の そこまでいっては興味が 数学パズルと称せられる興味 劇文学に興味を 多様性に興味を 比較してみる興味を 上原作に興味を いふ仕事に興味を そこまでいつては興味が さほどの興味も 吾等には興味 歴史てふ興味 坊様の興味 方に興味が 快感と興味とを 事件には興味を 按摩兼遍路さんは興味を とりどりに興味 一倍の興味に 盗みの興味が 話は興味 記録として興味が 注意と興味とは 政治上の興味を 話にも興味を 僕には興味が 何れも興味 世人の興味が 科学知識に対する興味を 特種の興味を 一種の興味 ものか興味が 讀書の興味は 發行にも興味を 逸話に興味の 一代の興味の 緊張がたたまれていて興味が 武士は興味を 二人の興味は 道庵先生の如きは興味を以て 物語の興味は 論評したりする興味を 正常な興味を 私の興味と 検討は興味 第一義的な興味と 敬意と興味と 無責任に抱く興味という 関心も興味も ホントの興味を 意味の興味を 能登守が興味を以て 博士は興味の 邪教に興味を 残忍そのものの興味をも ことに興味は 話の興味を さまざまな興味が 行動には興味を 熱帯生活に興味を ようすに興味を 境遇には興味が 旅行に興味が 別種な興味が ことによって興味が 期待したほどの興味を 世事に興味を 人々の興味の 私に興味を 無限の興味が 提灯とを興味を以て びしみなどはむしろ一種の興味として 兄は興味が ミミッチイ稼ぎに興味 タケノコ料理に興味が 本心から興味を以て 次には興味を 地方政治に興味を 房一に興味を 河原町ではきはめて興味 避暑地の興味に 絵に興味を 程度の興味を 心に興味を 一種の興味が 多大の興味を以て 勇気と興味とを 一般の興味を 眼より見ても興味 芸術的な興味も 雄太郎君の抱いた興味という 不可解への興味などと 自分に興味が 話を聴く興味を それに興味が 何にでも興味を これは興味 心を惹かれ興味を ものをいう興味を 幾分か興味 音に興味を 夫婦生活に興味が 話に興味 政治家に興味を 愬へる興味しか 鉱物学に興味を 人間生活の興味 ようで興味が 文芸に興味を 露西亜文学に興味を 新たな興味を 由来につき興味 何をするにも興味が 一つの興味と 自然の興味をさえ 風景を興味を以て 中央都人士の興味を 聯想した興味を 夫人の興味は 値段にも興味が 鳩つかいに興味を 自然に興味を 市郎に興味を 誰が興味を 買つて見るなどといふ興味は どこに興味が 聴手が興味を ことを興味で 世間の興味を ひそかな興味の 一種の興味と 朝子は興味を インテリゲンツの興味の 百科辞典的な興味から 知識社会学の興味の 表現研究の興味も 自分で興味を 都会生活の興味の 蓬莱建介に興味を 以上の興味が 終りに興味 男に興味を 人間に興味を 私たちが持った興味は 敏子の興味を 型に興味 記録に興味を いつまでも興味 子どもには興味が 亢奮とつきない興味とを 何の興味が 人間に興味が 学校をやる興味を 個人的な興味 不気味な興味で 老とを見分けるほどに興味を 人が興味を 後には興味が 実験に興味を ひそかな興味を 女に対して興味が 忍な興味を 建築史研究者には興味の 方々の興味を 撃剣よりは興味が 紅楼の興味や 得意と興味を 我々どもも興味を 何物を見ても興味を 茸狩という興味は 家屋で喰うよりは興味が 十分の一ぐらいの興味を 顔に興味を 大切で興味が 我々にとって尽きぬ興味の 私達の興味と 美に対する興味の 柳吉の興味を 標本としての興味では 当座の興味を 話題の興味に のとの興味に 会話の興味を 私たちに興味が 餘り興味を それだけが興味で ことのみに興味は それ相当の興味を 危険に充ちた興味を 文章に興味を 運勢の興味 室内に興味を 自分だけの興味を 三味線そのものに興味を 講釈そのものには興味は 遊びに行こうという興味も 一種特別の興味が ものとして興味が 結果がいいし興味も 二の興味に 一種奇異なる興味と 世態批判の興味の 世態観察の興味は 提案するという興味 写真を興味も 彼女の興味は 幾分か興味を 出来ごとに興味を ことなどには興味は 題材によって興味を はるかに興味の 未来にかかった興味 教育そのものに興味が 佳一の興味を 佳一の興味に ロシアに対する興味と 愛と興味を 聖画に興味を 我々の興味をも 金魚に興味を あなたには興味の 戯曲に興味を 観察者には興味の 非常な興味を以て 旅人にとり興味 紋章にも興味が それにさえ興味が 方の興味は 光景に興味を つて思ひ出して興味の 授業に対する興味を ギリシャ神話なら興味も 一種残忍な興味で 彼等は興味の 何事にも興味と 恵理子は興味を ふうになるか興味が 方に興味の みたいほどな興味を 残酷な興味を 澹山の興味を 歴史に興味を 自分にも興味を 必要もあり興味も 症状に興味を 俄かにかれの興味を 讀者には興味も 私行については興味を それは興味 奇妙なくらい興味を 話をする興味が 興奮も興味も これ以上追究する興味も 外の興味を ことだけにしか興味を 原理へ興味を 愛と興味で 面から扱われて興味 程の興味を うして興味に 昨晩あれほどの興味を 最初から興味を 自分が見つけ出した興味の 群衆の興味が 一種異様なる興味に ことの興味に 銀様の興味を 銀様が興味を 天文の興味が 一つの興味が 純粋な興味が 純粋な興味を 現象に対して持つ興味の 個別現象に興味が 又新らしい興味に 探偵物語に対する興味が 容易ならぬ興味の 充分なる興味の お雪ちゃんに興味を以て 同情も興味も 実験的な興味から 何ものにも興味を 宗助が興味を 方面には興味を 方面の興味に 社会に興味を 秋を繰り返す興味に 變化を考へてゆくと興味 鑑賞するに興味が 種子島には興味は 改名するだけの興味を 事務に興味を 気分も興味も ひろ子の興味を パイプに興味を 重大な興味を 切實な興味をも 何時まで飽きずにゐられるかに興味を 小説許りに興味を 雪子に興味を 女なんかに興味の 作者にとって興味が 以上は興味の たつきには興味が ロマンティックな興味を ハムレットに興味を 幽霊には興味を 時事問題とかを弁じたい興味に 後進の興味の 何等の興味をも 採集の興味が そめの興味を これも興味 幾つかの興味 大なる興味を 多くの興味を以て 遊戯の興味の 物を知らなければ聴いても興味が 百姓生活に興味を 言葉を興味を 読者に興味が 事にのみ興味を 共同の興味を 最近の興味の 挙動には興味が 皆さんの興味の 無遠慮に振返って見るほどの興味は 挙動に興味を 教授窃盗事件の興味では 坊さん達の興味を 女の興味を ジャーナリスティクに興味が 内で興味の 満州国の興味 残忍さを含んだ興味を 好奇心と興味とを 場合における興味は 旅行の興味では 旅行して興味を 旅行で得られない興味を 人に興味や 多大の興味は 主要な興味が いろいろな興味 巨人が興味を 私自身にも興味を 沸騰と興味は 道庵先生に対する興味と 三重にも興味と 仕事の興味を 自分の興味の 一種の興味に 途にばかり興味を 苦笑と興味の 博士が興味を 無上の興味 関ヶ原に興味を 頭と興味とを以て 七兵衛としての興味と ことの興味によっての もんに興味を 私の興味が パーティとへの興味を 図画への興味を 現実的の興味を 音楽に興味を クリストフは興味を どちらも興味を 別の興味が 研究さるべき興味 両々の興味が 船を造る興味と 研究も興味も さほどに興味が 話そのものの興味も 思い出を興味 一晩毎に興味を だれにも興味の 彼にたいする興味を 彼女が示してくれる興味に 小説には興味が ミルハに興味を 人事に興味を 残忍な興味を あひるに対する興味が 彼の物語りには興味を ピアノそのものの興味の 将来の興味 噂は興味を 無限の興味 滑稽な興味の つた男に興味を 口争いには興味が ままで興味に 自分も興味を以て 物語の興味を 問いに答えて行くであろうかと興味を 味つてみようといふ興味と 誰それが来るなら出掛けてみようといふ興味だけは 大衆の興味を 大衆の興味が 充実した興味が 充実した興味の それが興味 重大な興味と ように興味を 絶大の興味を 愛情ある興味を すべての興味が 自然燃焼の興味 組織的連関に関する興味が 夫婦の興味の 社会的な興味の いちばん私に興味の 伝奇物語に興味を 主題に興味が 多数に興味を 彼女が興味を クリストフに興味を 音楽家にも興味を 彼に興味を ことには興味を 職業的な興味を クリストフの興味を 事柄には興味を ものにも興味を 話は興味が 來科學に興味を 專ら工藝技術に興味を 對應してゐて興味 川路の興味に 比例して興味 普通的な興味と 的な興味とが 一寸した興味から いつか異常な興味と 紀行など興味も 生活状態では興味 意外な興味を 梶には興味が 俳句に興味を 句会に興味の のを見て興味を 点で興味の 場面も興味の 独自な興味は 真実に対する興味の 実証的の興味を 退屈させないで興味を 客観的の興味は 特殊な興味の 観客の興味を 自分には興味が 於て興味の 讀者の興味が 此の興味を 意見として興味を 小説の興味の われわれ子供らの興味を 知識と興味を さがしだけに興味を 反映していて興味が 観衆の興味を 自然現象に対する興味を 結晶に興味を 関心と興味とを 純真な興味を 点で興味が 読者が興味を 自分の興味と 多様の興味 特色で興味を 程の興味 執着と興味とを 幾分かの興味を 斬新という興味も 登山家の興味の 生理光学に興味を 人に興味が デタラメを喋る興味も 形象にばかり興味を クリストフが興味を 職業人にとってしか興味が 君は興味を 作品に興味を 種の興味を 何物にも興味の 首にも興味が 幾多の興味は 僕は興味を 償ふ興味は 堕落に興味を 皆の興味が 僕に興味を 本質的な興味とは 演出に関する興味 業務から遠ざかっていたので興味も 経済学に対する興味を 理論的の興味には 後年科学事項に興味を 馬の興味は 点に興味を 詩を読む興味も 方に興味を 詩などに興味を 話にも興味が 之に興味を 渝らざる興味を 新劇時代をくらべて興味を 希望と興味と 戯曲創作の興味と みな一様に興味を 一個の興味 筋の興味も 実験劇場に興味を 竹中半兵衛に興味をこそ 刀に興味を 詭弁的なる興味の 注意すべき興味 一節は興味 二様の興味を 価値並に興味 伝記並に興味 江戸演劇に対して感ずる興味は 尊敬と興味とを 法医学に興味を 血液型に興味を 旅行者の興味は 現代的解釈として興味 彼が興味を 無産階級にしか興味を 少女に興味を ため生存競争の興味を 行動の興味を 何物かにたいする興味も ヴェールに興味を ヴェールの興味を もさほど興味 ことにいつまでも興味を 職業に興味が みな行動の興味を 小説的な興味と 議論に興味が 物音に興味を 演劇そのものには興味を 植物に対する興味が いつでも興味だけは 夜の興味の とんぼには興味を 名利に対する興味が 多大な興味で 話相手に興味を 抽象的には興味が わたしたちには興味の 人に興味の それ以上に興味を ことは興味を クリストフにたいして示してる興味を 技術についてしか興味を 理想主義に興味を 彼女に興味を 昔君が興味を 自分から興味を 異常な興味を以て 著述の興味が うちに興味が 大人君子の興味に 共同研究題目として興味 事は興味 心理過程に興味を オブリアンは興味を 女王の興味が ポーランド使節謁見の興味 全身に興味の 陳腐にして興味 神秘的な興味を 言葉があるだろうかと興味を 議論は興味を 於ての興味 参政権に対する興味の 仕事そのものに興味が 世間的な興味に 冷笑的な興味で 姦淫を興味の 慰問袋から興味を 皆を聞こうとするほどの興味が のだと興味が 手にする興味は 恋愛に興味を 恋愛にさえも興味を 日の興味が 歌舞伎そのものに寄せている興味も 何にも興味が 源氏は興味を 源氏もかねて興味を 源氏は興味を 内容は興味の 遊女たちに興味を 初めから興味が 異性の興味を 女性には興味を ほうが興味の 女房たちが興味を 人々は興味を 江戸名所に興味を 遺物に興味を 一家の興味と共に 無益な興味の 有益にして興味 都会の興味は 散歩に興味を 別種の興味が 歴史から感ずる興味では ような興味に 伝説の興味を 路地の興味 かくの如く興味を なすに足るべき興味が 遥にいい知れぬ興味と 閑地に対する興味をば 尠からぬ興味を 道ほど興味 おとどは興味の 何にも興味を 世間に興味を 山に興味を 良人は興味を 別の興味 能動的な興味を 共通の興味 演劇の興味を 直接に興味の 劇の興味に 点以外に興味を 点について興味の 劇作の興味と 大将などには興味の 事件の興味を 点からみて興味の づ観劇の興味を 問題に対する興味から 多数の興味を さが興味の 多数者の興味を リュシアン・デカアヴの興味 変態的一例としての興味を ときからの興味の 見物人の興味を 確かに興味を 姫君に興味を 試楽があるのに興味を 調合位ゐには興味を 自らも興味の 釣に興味は 事には興味も 插話を興味 科学の興味が 者には興味 さまざまの興味を ファルスに興味を 談以上の興味 相当の興味も 運命の興味を 水を引いた興味が 寺子屋通いに興味を 宮も興味を 自身は興味を 暗誦よりも興味 女が興味を あなたに興味を 予想を許さぬ興味の 現象に興味を 養女に興味は 生活に興味の 娘に興味を 印刷に興味を 国際問題等に興味を やうな興味に ことで興味を あれほど興味を 濃淡と興味の 能に興味を 好奇的な興味に 縱ひ興味の 頁を読む興味を 目にかけましたら興味を かくも興味の 現代に興味を 芝居に興味を 位の興味を こと社会の興味を のかと興味の あずま琴で興味の 字であるのに興味が 恋人にしていたならば興味の 問題として興味が 手柄ばなしに興味を 歴史の興味が 彼等の興味は 併し興味を 一人前以上の興味を 自然科学への興味の 読者にとって興味と 彼も興味が 芸術に興味の 読者諸君の興味を たくさんの興味 話も興味が 髣髴として興味 戯曲を書く興味が 歴史にも興味を 表面現実に即してゐただけに興味を 推理とに興味を 土地に興味を 奏任五等珍田捨巳等々について示せば興味は 人相に興味が こじきたちの興味の 痛切な興味を 比較して見るという興味が 参考と興味の その他が興味 感想を語る興味が 伝記に興味を あれは興味の 好奇心か興味が スポーツの興味を 点に興味が 二重の興味を 話の興味は 発展そのものに興味を 以外な興味が 編集にまで興味を 新聞が興味の インテリゲントは興味の 今日インテリゲントの興味を 新聞編集に興味を 新聞編集が興味を 具体的な興味を 白眼的な興味とが ブルジョアジーの興味と 知能上の興味が 十分な興味を 特殊性に興味を 問題は興味の 船舶運用に関して興味の 女に対する興味の 労働組合公認問題が興味が それは興味を 筋の興味に 筋の興味が 大なる興味 いずれも興味を 人物論などには興味を 駒井が興味を 一つの興味でも 彼ほど興味 男に興味が 戯曲に対する興味が 人間に対する興味の 火山だけに興味を 富子は興味を 半面に興味は 半面にも興味は 全面にのみ興味を 他人に興味が 連想の興味を 運命丈に興味を 景色其物に興味が ところに登る興味 八ヶ岳に興味を 思想に興味を 私だけには興味が 話も興味を 老人の興味を 作品を通じてみられる興味 消息をかたって興味 多少の興味を 重大問題に興味を 稽古そのものには興味を 冴子への興味を 江口冴子への興味 対立に興味を 的な興味を ことに興味の 美濃部主義に興味が 農村救済に興味を 卓見は興味 多分な興味を 了解せらるる興味 平民的平等的なる興味 私たちの興味は いくつかの興味 ものがあって興味 文章によって描き出したという興味と 眞劍な興味を 羅曼的な興味が 分科的な興味から 統一的な興味から 客観的に興味の アド・ホミネム的な興味から カントは興味を 一等一般的に興味を 大概の興味は 神秘的な興味も 網漁に出たという興味を 何かの興味を 本能的な興味の 言知れぬ興味を 学業に興味を それらに興味が 方に対して興味が おしゃべりに興味を たくさんの興味を メグに興味を ジョンさんに興味を アイロニカルな興味を以て 宗教に興味も 基督教に興味を 美食に興味を 相撲などに興味が 相撲に興味が まじめな興味 犯罪には興味を 人間について興味を 犯罪に興味を 錦も興味を ものには興味が 私ら子供の興味を 所業に興味を 農産物に興味を 一冊としても興味の 歴史的に見て興味が 所に興味は つて惹き起された興味の 地震学に興味を 昆虫などに興味を 一葉が興味を 照しあわせて興味 間にある興味 ような興味で 印象は興味 そこに興味が 反映して興味 中にも興味 ことにもたれる興味の 小林秀雄に対する興味の ことが興味を 姿に興味を 読者層の興味を 特質に興味を 読書しているか興味が 表現で興味 料理などつくる興味は 国に興味を ことでなければ興味を 会話を進み入らせる興味は 不安と興味とを 時の興味で 雑文に興味を 却つて我々の興味を 具合などに興味を 存在も見えず興味を 批判しているという興味 次のごとき興味 清子に興味を 陰気な興味が ことに興味をすら 人並みに興味が ものから来る興味を 筋だけでも興味は 道楽仕事にも興味が 又次郎は興味を 生物学に興味を 小説的な興味をさえ ことを知ろうという興味も ものも感ぜられて興味 風景画への興味を 興奮と興味を 現実に活きた興味を 支配人が興味を やり方に興味を 口を利く興味も 蹂躙する興味を 次の興味 写真など興味 意外に興味 活動写真に対する興味が 非常な興味でも 語の興味に 遂学科に興味を 遂學科に興味を ことがうかがわれて興味 渡つたのに興味を 配役の興味と 伝統的技術に興味を 踊にも興味の 自分自身が興味の ものを作る興味が とこに興味を 鳥にも興味を 読書に興味を 字に対する興味と 音律に興味を 自分たちの興味を 怪奇映画に興味を 読者には興味が 靜かな興味を 子供たちには興味を 時程の興味を以て はる秘密へと向けられた興味と 此の興味 小話が興味が 身のうへには興味が 放蕩生活にも興味を 家庭欄は興味が 何事も話しをする興味も ことには興味 鵜に興味が 人でなければ興味の 所に興味が 関係に興味を 叙事詩的の興味に 短歌に興味を 伝記などに興味を 竹村への興味などとは 母も興味を 男が興味を 価値も興味も 伸子は興味を 上演戯曲選定方針について興味 点から興味 理論的問題に興味を 一同に興味を 世話らしい興味が 露骨な興味の 金に興味の ことなどは興味も 他殺だったら興味が 宮本夫人には興味を ひろ子は興味を 推移する興味を 家で興味を 彼等の興味が 見当違いな興味が 桝形探険隊については興味が のに興味を 巣に興味を 孵化するから興味が あまり人が興味を ふところの興味を 公衆に興味を 文芸上の興味が 刑事人類学等に興味を 自然下層社会に興味を 読者の興味を 二分間三分間の興味を 題名に興味を 外交に興味を 人物だけに興味も 空想として興味を 私生活は興味が 好みにも興味を 雑草にまで興味を 人生の興味は 意外にも興味 足を入れる興味など 余政治に興味 彼に有する興味は 全部の興味を モーツァルトに興味を 構造の興味が 科学的報告のもつ興味も 秘密戦術に興味を 謎々の興味に 篇の興味を 本能的に興味や なんの興味を いふ仕事に興味が ぢる興味の 僕には興味は さつに興味を 奇矯にのみ興味を 作家研究の興味が 作は興味が 作家的歩みの興味 運命と照り合せて興味が 遙かに興味を 対蹠的な興味を 解明も興味 到達するか興味 変つてゆくか興味が かたは興味が 作品以上に興味が 十分に興味が いずれにも興味を 命がけの興味を 親としての興味を 喜びと興味を 舞台革命家の興味を 探険に興味を 意義と興味の すべてに興味を 方が興味の 利益も興味も 私たちにとって興味も 餘り興味が 變に興味を 漢人に興味を 山登りに興味を 念山脈に興味を 丹那トンネルには興味を 一つの興味は 科学には興味は 熱烈な興味を 人生を見ているかに興味の 芸術を見ているかに興味の 差違を感ずるという興味 憐憫と興味と 如何に興味 眞面目な興味を 何人の興味をも 洋画に興味を 読者の興味も はじめから興味が 一般勤労者の興味は そこだけの興味に 一九三〇年一つの興味 ソヴェト同盟の興味 村には興味 室の興味を 幽霊事件にも興味を 天井に興味が 科学小説に興味を 自分には興味の 言語の興味を 特殊構造には興味を 芸術的な興味を 動きに興味を 歴史的に興味が 学問に対する興味や 少年の興味の 後に興味 私は興味と 複雑であり興味 深甚な興味が それがわからないで興味の 読者諸君には興味が 秋吉警部には興味の 読者には興味の 魅力も興味も 相違について興味 文学の興味の 卓一に興味が 会ふことの興味の 隱岐も興味を 運動を眺めるだけの興味 少年の興味を 物ごとに興味と 共通に興味 世界に興味を 文化に興味が 遙かに興味が 今日世間の抱く興味は 方への興味は 錯綜を興味 法医学上の興味 煉金術に興味を 勝敗に興味を ことの興味の 勝敗の興味よりも 由緒の興味 企てには興味さえ 名人戦への興味を 名人戦に興味を 非常な興味で 物に興味が 回顧が興味の 今日顧みて興味 社会生活に対する興味と 歴史の興味 それ自身で興味の 鼓に対しては興味も 妄想の興味の 処に興味の 娘ばかりに興味を 歌に対する興味は 一種不思議な興味を 不思議な興味に 名前なんかに興味は 性への興味を これほど興味の 風景や興味の 科学への興味を 物語の興味の 父親に興味を 景色から生ずる興味を 心に興味が 都会には興味を 器具に興味を 生理的には興味が 明かに興味だけしか 此少年に興味を 繪に興味を 方に興味 俺には興味は 文学的にも興味が 池へ興味を 気持に興味を 何等の興味も 特別な興味と それも興味 顔なんかばかり興味を 反作用として興味 様々に興味 私も興味 歯磨きに興味を 性的な興味を 事実の興味に 事件の興味で 自分が興味を 特別な興味も 講座で興味を 論理学を興味 職務に興味を 解答のこつについて興味 多大の興味と 有無に関して興味を 事物には興味を ほかの興味に 共通の興味の 脱毛に興味の 愛着以上の興味を 何という興味 礼儀と興味と 礼儀と興味との 夜などになると興味に 格別勝負事には興味を 気力も興味の 描写の興味は 作家的な興味を 最大の興味は 問題と興味は 生の興味を 実習は思わぬ興味を 総体的に興味を 出来事に興味と 下品な興味を 本の興味 私には興味も 婿選びに興味を 真似の出来ない興味の 相当に興味も 自己の興味の 識らず興味に 失敬千万な興味などを 何も興味が 別様の興味を 一つの興味を ここでは反って興味を 妾に対する興味が どこまで伸ばし得るかといふ興味も ところは興味が ことが興味 性行為への興味にしか ことで興味 速成栽培への興味 それについて興味 生命にみちた興味 発展に興味を 戦慄的な興味を 問題について興味 必要以上の興味を 作者の興味が 人物に対する興味の 芸術家としての興味で 小説類に興味を ものも興味 連想からくる興味を 筋に興味の 職業に対する興味と 人間が語ってこそ興味が 文芸に興味の 科学知識への興味を ソヴェト同盟に関する興味という うそへの興味を 風な興味が ぼんやりした興味と 僕自身に興味が 小説に興味を 事件そのものに対する興味 時の興味と 云ふ興味を 云ふ興味よりも 僕等に興味を 云ふ興味の ルノアルに興味を 実験心理的にも興味の 議論に興味を 述作そのものに興味が 過去現在に興味 拵えかたには興味を 趣味と興味とを 何にでも興味が 情において興味を 心得として興味が 千世子に対しての興味と 千世子は興味 見世物みたいの興味で 魚などを獲るはうが興味が 修行を興味 ゴシツプ的な興味に ことにばかり興味を 意味で興味を 獄中生活などに興味を どれ位子供心に興味を 明治文学に興味の 安価な興味と 心境などに興味は まさ子は興味を 知識と興味に 自分でも興味を 來て興味が 傍觀者の興味も 事などに興味は 作者の興味を 力に対する興味とを 不断の興味が ニュアンスの興味によ それを除いての興味は のでは眺める興味も 点は興味 ところは興味 これは興味が 生活的にも興味が 対手の興味は ことには興味が 勉強には興味 方を興味を 点からかいて行くと興味が 男の下らぬ興味を 内容かしらと興味が 挿画だけにしか興味を 次郎の興味を 迷信じみた興味を 童貞とやらに興味を 残虐な興味から ものの興味で 加速度の興味を 湯に入る興味は 直接の興味と この世に興味を 長谷川にとっては興味も 次郎に興味を 部屋なんかに興味が 自分に興味 伊右衛門には興味も 伊右衛門は興味を 寄宿舎などでは味わえない興味が 独り銅版画として興味が すべてに対して興味を 眞面目がる興味を 安直な興�. 静かで淡々としているイメージで覚えておくとわかりやすいでしょう。 「興味が湧く」の類語には、「着目する」「心惹かれる」「魅力を感じる」「目を留める」「関心を持つ」などがあります。

>

興味の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

「湧く」という言葉の「湧」という字を使った単語としては、地中から液体がわき出ることを意味している「湧出」、わき出ている泉などを意味する「湧泉」などがあります。 「湧く」とは、 「湧き水」などの言葉に使われるように、 「 地中の中から 生じる」、 「発生してくる」という意味の言葉なのです。 良い加減になるという意味で使う場合もあります。 この言葉がよく使われる場面としては、水などが自然に染み出している様子や、感情が自然とにじみ出るような状態を表す時などが挙げられます。 「好奇心」のある人は、 良いことであれ、悪いことであれ、知らないことを知ろうとします。

>

「興味がわく」の「わく」の漢字は「湧く」と「沸く」のどっち?

正しく覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「湧く」の意味は、• では、それぞれの意味についてきちんと理解しているでしょうか。 「わく」という表現が出てきたときに、「湧く」を使うのか「沸く」を使えば良いのか迷うことがありますよね。 例文2などの感情表現に使う際が、一番使い分けが難しいものです。 「湧く」には、水が地下から出て来る事などの意味がありますが、この場合は 「感情や考えが起こる事」という意味で使われています。 表現方法は「気持ちが湧く」「力が湧く」「心が湧く」 感情を表現する際には「気持ちが湧く」「力が湧く」「心が湧く」「希望が湧く」「勇気が湧く」「愛着が湧く」などのように使います。 「感心だ」のような「関心だ」という用法はなく、「関心を持つ・抱く」というように名詞的に使います。

>

興味の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

また、関心を持っている事柄のことを指す言葉として「関心事(かんしんじ)」があります。 この漢字を使う際には、沸騰するという表現にあるように、興奮したり熱を発したりするような、熱烈な動作や感情を表しています。 「関心」は敬語として使える? 「関心」は使えるが「感心」は使えない 敬語を使う対象となる人物は、目上の方やお客様です。 関心を持つ• 沸くの使い方 沸くを使った分かりやすい例としては、「1年ぶりにゴールを決めた選手に会場が沸いた」「好きなバンドの登場に会場が沸いた」「サッカーワールドカップの出場決定に日本中が歓喜に沸いた」などがあります。 まとめ 「関心」の意味のほか、「興味」「感心」との違いや類語などを解説しました。 湧くの類語 湧くの類語・類義語としては、興奮して騒然とした様子を意味する「沸き立つ」、感情が湧き上がって胸がいっぱいになることを意味する「込み上げる」、話題に上がることを意味する「持ち上がる」などがあります。

>

興味の使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

It is interesting, isn't it? 「関心」の類語 「留意」は気に留めること 「関心」の類語としては、「留意」をあげることができます。 「気に留めること」を指しており、気持ちを表す「意」を「留める」という熟語の成り立ちそのままの意味合いとなっています。 たとえばある政治家が話題を集めているようなとき、政治に興味を持つようになることがあります。 感情や考えが起こること• 魅力的な異性に関心を抱くのは、当然のことだろう。 この 「沸く」と 「湧く」のような 「同音異字」では、多くの人が特別に意識をせずに間違って使ってしまいやすい言葉の1つと言えます。

>