井上 尚弥 ラスベガス。 井上尚弥、聖地ベガスで圧巻KOデビュー 具志堅超え!日本人最多の世界戦15連勝/ファイト/デイリースポーツ online

井上尚弥はなぜラスベガスに招かれたのか──ボクシングの聖地で「主役」で戦う意味とは(宮崎正博)

photo• ボクシングがラスベガスに根付くまで意外と時間がかかった。 次々に巨大建造物が誕生するラスベガス 『魔都』それとも『マジックシティ』。 すべては賭博が合法の上、州税に所得税のないネバダ州だからこそ成立している。 相手のスキをついて好打を重ねる抜け目のなさもある。 「モンスター(怪物)」が本場で力と技を見せつけた。 WBSSでは、18年10月の1回戦でフアン・カルロス・パヤノ(プエルトリコ)を1回TKOで退け、19年5月の準決勝でもIBF王者だったエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回TKO勝ち。 中米の宿敵ロセンド・アルバレスとの対戦でも15万ドルとされ、これが軽量級の限界といわれたものだった。

>

井上尚弥、圧巻勝利に「パッキャオを彷彿」の賛辞 4団体統一へ、モンスターの大河ドラマは第2部突入

今回の試合でまた世界に衝撃を与えることを信じて疑わない」 山中慎介 コメント 「2012年にプロデビューして早8年。 何もかもが浮世離れしている。 。 プロレス [12月2日 0:00]• そこで新たに指名されたのがWBO1位にランクされるマロニー。 本来なら今年4月25日に世界ボクシング機構(WBO)王者の強敵、ジョンリール・カシメロ(フィリピン)と戦う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。 対戦相手のマロニーは試合巧者で崩しにくい選手ではあるが、そんなことはどうでもいいぐらい強いのが井上選手。 ボクシング [12月2日 12:35]• 去る1月大橋ジムでスパー再開の日に取材した時の井上は、右目を庇うわずかな仕草もなく、いつものように強気で相手を圧倒していた。

>

井上尚弥・聖地ラスベガス初陣で圧巻KO劇 以前から高評価のアメリカでの価値“爆上がり”必至か

コラム [12月4日 10:00]• 尚弥は18日の渡米を前にスパーリングなどで調整を続けている。 タイソンが鮮やかなKO勝利を飾った夜、MGMグランドのカジノでは一晩中、黒人たちがカジノで騒いでいた。 ボクシング [12月3日 20:35]• 大相撲 [12月2日 18:46]• 戦績は井上が19戦全勝(16KO)、対するマロニーは22戦21勝(18KO)1敗と両者とも高いKO率を誇る。 興味はこの一点。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 ボクシング ボクシング中谷正義「恩返しは結果を」帝拳ジム移籍 []• 大相撲 [11月27日 18:09]• ボクシングに限らず、あらゆるエンターテインメントはそういう人たちの心を揺さぶるために提供される。

>

井上尚弥のラスベガス防衛戦に香川照之、村田諒太、長谷川穂積、山中慎介らが出演!

3回にはこれも王者の策の1つ、挑戦者の高いガードを崩すべく用意した右アッパーをヒットさせる。 ある意味、奇跡の都市かもしれない。 フラミンゴ・ホテルの名前は今も残る。 その意味では、王者には改めて完璧な勝ち方が要求されている。 その歴史をたどっても、井上尚弥は最高傑作だ。 井上の戦績は20戦20勝(17KO)。

>

井上尚弥のラスベガス初戦はハラハラ? 試合報酬もモンスター級、“軽量級の限界”の6倍以上!

プロレス [12月1日 17:10]• 今回の試合でまた世界に衝撃を与えることを信じて疑わない。 WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が日本時間1日、米ラスベガスでWBA2位、IBF4位の挑戦者ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ち。 先が見えない不安の中でモチベーションを保てず引退するボクサーも相次いだ中で、所属ジムの大橋秀行会長は「もう一つのモンスターを発見した」という。 この一撃が鮮やかに顔面をとらえると、マロニーは膝から崩れ落ちた。 初めて上がったラスベガスのリング。 初めてボクシングの聖地ラスベガスに乗り込んでの米国本格デビュー戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で行われたが、きっちり完勝で飾ってみせた。

>

井上尚弥、聖地ベガスで圧巻KOデビュー 具志堅超え!日本人最多の世界戦15連勝/ファイト/デイリースポーツ online

コロナ禍で延期となり、対戦相手も変更。 すかさず井上のフェイントからの右ストレートが炸裂した。 そんなムードの中でも、本人は冷静だった。 肩の力を抜いて、しっかり拳を握って打っているしね。 200年に1人の天才」と絶賛された元WBAジュニアウエルター級1位、日本同級&日本ウエルター級王者の亀田昭雄。 尚弥の強さはこういうところにもあった」と感心しきりだった。 「ボクシング・WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(31日、ラスベガス) WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(27)=大橋=が10月31日(日本時間11月1日)、米国ラスベガスのMGMグランド・カンファレンスセンターで1年ぶりの試合に臨み、WBA2位・IBF4位の挑戦者ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=に7回2分59秒KO勝ちした。

>

井上尚弥がラスベガスで見せた「力と技」 進化続けるモンスター:時事ドットコム

1950年代にシルバースリッパーという中堅のホテルカジノでウィークリーファイトが始まるが、出場するのはほとんどがローカルボクサーばかり。 半年遅れとなったラスベガス初陣は、井上にとっても未知の舞台となる。 だれもまともにボクシングをやっていなかったが、それはそれで役目を果たしていたのだ。 以前より本場アメリカでも高く力を評価されているだけに、ラスベガスでのデビュー戦で鮮やかなKO勝利は「Naoya Inoue」の名声をさらに高めることになるはずだ。 必死に立とうと正座のような姿勢になったマロニーだが、立ち上がれないままゴング。 10月31日、米ネバダ州ラスベガスで行われたボクシングの世界バンタム級タイトルマッチ。

>