ご 査収 読み方。 ご査収くださいの意味と使い方(上司、メール)や例文!ご査収の程とは?まで解説!

ご査収くださいの意味とは?間違いやすい使い方と言い換え表現も

そのため、電話を受ける時に正しい読み方を知っていれば、声(音)で聴いただけでも言葉の意味を想像できます。 ご査証の読み方は「ごさしょう」 口頭で伝えることが少ない言葉なので、声に出して読んだことがある人は意外と少ないかもしれません。 しかし、この査収という漢字、どれだけの人が本当の意味や使い方を理解しているのでしょうか? 「ご査証」を見てみると「ご」と「査証」からできています。 また、「同意する、納得する」といった意味も含まれます。 「ご査収」を分解してみると意味がわかりやすいでしょう。

>

ご査証くださいの意味は?正しい「ご査証」の使い方と注意点

それと、2・3については文法的に誤りと言えるかはわかりませんが、何だか発音した時のリズムがぎこちなくて、片言みたいに聞こえてしまいますよね。 /ご査収のほどお願い申しあげます。 Sponsored Link まとめ 「ご査収ください」と「ご検収ください」の意味と使い方について、見てきましたがいかがでしたでしょうか?ここで、今回の内容を簡単にまとめておきたいと思います。 「収」とは収めるという意味で受け取ることを意味します。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際に、最適の言葉です。

>

「ご査収」の意味と使い方・例文・読み方・「ご査証」との違い

このような場合に「ご査収」を使ってしまうと、大袈裟な感じが出てしまいます。 2020年10月1日• ご検討の程、よろしくお願い致します。 念のため確認の上、お納めくださいとの意味で使うのは、「ご査収ください」「ご査収願います」の方であり、ご査証くださいでは、相手方を怒らせてしまう可能性さえあるのです。 では、「ご査証」をビジネスシーンで使用するには、どのような場面・タイミングで用いるのが適切なのでしょうか。 書類一式を添付いたしましたので、ご査収くださいますようお願い致します。 「々」は同じという意味で、もともと「同」という漢字の古字である「仝 どう 」という漢字がもとになっているといわれています。

>

ご査収 意味【返信・読み方・例文・上司・メール・使い方・いみ】

/ご査収の程よろしくお願い致します。 しかし、日常会話では全くと言っていいほど使いませんよね。 「査」という言葉が使われている分、「査収」と意味が似ているところもありますが、「精査」には校正する、分析するなど「査収」と全く異なる意味で使われる場合もありますので「ご査収下さい」の代わりに使う時は注意しましょう。 資料や添付ファイルがあることが前提の言葉となりますので、相手に確認してもらうものがない場合は「ご査収ください」という言葉は適していません。 つまり、よく調べて(あなたのところに)おさめてください、という意味です。 』 まとめ 「ご査収ください」は、ビジネス文書やビジネスメールなどに資料などを添付した時に、「資料を、ご確認の上、受け取ってください。 「幸甚」は「こうじん」と読み、「幸いです」よりもさらに丁寧さを感じられる言葉です。

>

「ご査収ください」の意味と読み方とは

「ご査収のほどお願いいたします」を使った文には「誠に勝手を申し上げますが、ご査収のほどお願いいたします。 この製品の不具合についてのご査証のほど、よろしくお願いします。 「ご査証ください」とは、調べて証明してくださいということです。 「査収」の意味は「きちんと調べて受け取る」とか「ちゃんと確認してから受け取る」なので、似ているようで違う言葉です。 こちらの方は、資料等を送ったときに添えられる言葉で「内容を確認の上、お納めください」との意味です。

>

「ご査証のほど」の使い方と例文|「ご査証」と「ご査収」の違い

字源は「縄を巻きつけて締める」という意味の漢字。 可能であれば、ファイルを送る相手に事前に確認しましょう。 「ご検収ください」• 「ご一読」と「ご確認」の違い 「ご一読」という言葉を英語に直す場合、それぞれの英単語の意味合い・用法に配慮する上で以下のようにピックアップされます。 ・please read(ご一読ください、お読みください) ・please confirm(ご確認ください、ご一読ください、ご一考ください) ・please check(ご確認ください、ご一読ください、ご査収ください) ・please ascertain(ご確認ください、ご一読ください) ・please review(反省してください、ご一読ください) ・please support(ご支援ください、裏付けてください、ご一読ください) ・please peruse(ご一読ください、ご確認ください、披見ください) 「ご一読」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「ご一読」の英語表記を参考にして、「ご一読」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 また何度も修正などを加えてやり取りしている資料などは、よく確認する 必要はないので「ご査収ください」という言葉を使うとまどろっこしい印象になってしまいます。 ・拝受いたしました。 「ご査証」を使った例文 いかがでしたでしょうか。

>

「ご査証のほど」の使い方と例文|「ご査証」と「ご査収」の違い

上記を踏まえた上で「ご一読」の意味・内容においても「読んでください」という「読む」という行動をメインに指す用法が強くうかがえ、両者の用法はほとんど同じ扱いになります。 査収の「収」は、回収の「収」であり、「おさめる」という意味の漢字です。 「査収」の類語には、 「領収」「受領」「確認の上受け取る」「閲する」などがあります。 「御-ください」 ご査収の程(ごさしゅうのほど) 調べた上で受け取ること、またはその次第。 これは「ご査収下さい」と同じ意味を持ちますが、柔らかい雰囲気をだすように、言葉回しを変えています。

>

ご査収 意味【読み方・返信・例文・上司・メール・使い方・いみ・使い方・imi】

納入品をよく検査して受け取ること 間違われやすい「ご査証」の意味とは?• ほかの言葉に置き換えるのが得策と言えるでしょう。 「査証」が「調べて証明する」という意味だと分かっても「ご査収」よりもさらに使用頻度が低いので、どうやって使ったら良いのかなかなか想像しにくいです。 具体的な使い方としては、「ご査収ください」をビジネス文書やビジネスメールで使う時です。 「ご査収の程」や「よろしくお願い致します」を添えることでより丁寧な印象になる。 こんな場合は用法に問題があると考え、避けるべきと判断しましょう。 【例文】 ・メールを拝受しました。

>