青空 文庫 短編。 【おすすめ】夏目漱石作品リスト_青空文庫で5分で読める短編小説・詩・エッセイ

青空文庫で5分で読める おすすめ短編小説リスト100【作品ほぼ毎日更新】

走れメロス 青年メロスと親友セリヌンティウスとの友情の物語。 古いものが新しいものに生まれ変わる寂しさと潔さが溢れる。 大きな伯父さんが出て来た。 怪しくも其の顔はだん/\と妃の顔に似通って来た。 イタズラ好きの狸は蟹にお父さんも切ってくれと言いました。 漱石の退職エントリー エッセイ 漱石、大学教師やめるってよ。

>

【インターネット図書館】青空文庫のおすすめ人気ランキング10選

青空文庫とはなんぞやという所からおすすめの人気作品まで紹介してきましたが、参考になる部分はあったでしょうか。 「オヤ、鬼になった。 いつの間にこんなになったのかしら」と大田洋子氏は屍の街を離れ、田舎の仮りの宿に着いたとき鏡で自分の顔を見ながら驚いている。 女は、きっとその割け目に耳をおしつけて居た。 しかしその中身はよくよく読んでいると矛盾が含んでおり、何度も読み返して推理を楽しめる作品なのでおすすめです。 歩み移る太陽の方にかすかに面を傾くるといふにもこの花のあはれさが感ぜられる。 全編を通して主人公の猫が物語の語り部を担っており、日々の出来事や思想について淡々と綴られています。

>

【朗読におすすめ】青空文庫で1分で読める。無料おすすめ短編小説・詩・エッセイリスト

それはそれで、捨てに行く必要もないなど言って、いつまでもここにいていいよと語る小津安二郎の母への優しさが伝わうエッセイ。 太宰治『或る忠告』• 柱には、縦に深く一本割れ目がついて居た。 サディズムな作品がお好きな方にはちょっと物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、谷崎ワールドを体験するにはぴったりの作品です。 夏目漱石の名言をまとめた記事もご覧ください。 使いを頼まれた少年の短編 使いを頼まれた少年が車に乗り、工場へ目指す道中、不思議な子供に車に乗せてくれと頼まれ、途中で車輪の楔が外れたりと、でこぼこした道ででこぼこと色んな事が起こる。

>

青空文庫のおすすめの名作12選|人気のミステリー・SFや短編小説も

自分も購入しましたが、全集なんかは紙で買うとかなりの量になりますが、データだと簡単に保管できますし、読み出しも気軽にできますのでおすすめです。 ---- 入力:蒋龍 校正:土屋隆 太宰治 『小志』 イエスが十字架につけられて、そのとき脱ぎ捨て給(たま)いし真白な下着は、上から下まで縫い目なしの全部その形のままに織った実にめずらしい衣だったので、兵卒どもはその品の高尚典雅に嘆息をもらしたと聖書に録されてあったけれども、 妻よ、 イエスならぬ市井(しせい)のただの弱虫が、毎日こうして苦しんで、そうして、もしも死なねばならぬ時が来たならば、縫い目なしの下着は望まぬ、せめてキャラコの純白のパンツ一つを作ってはかせてくれまいか。 大ぐまのあしを きたに 五つのばした ところ。 ---- 入力:田中敬三 校正:土屋隆 宮澤賢治 『月夜のでんしんばしらの軍歌』 ドツテテドツテテ、ドツテテド、 でんしんばしらのぐんたいは はやさせかいにたぐひなし ドツテテドツテテ、ドツテテド でんしんばしらのぐんたいは きりつせかいにならびなし。 普通の「桃太郎」はみんな知ってる物語だと思うので、それと照らし合わせて読むと面白いですよ > ちなみに、でもタダで読むことができます。

>

青空文庫のおすすめの名作12選|人気のミステリー・SFや短編小説も

ある雪の積もった日、子どもたちは雪に顔を押し当てて遊んでいると、ひとり誰だかわからない顔がありました。 ドツテテドツテテ、ドツテテド でんしんばしらのぐんたいの その名(な)せかいにとゞろけり。 900字弱しかないので、30秒で読めてしまうと思います。 ---- 入力:門田裕志 校正:土屋隆 若山牧水 『樹木とその葉 冷たさよわが身を包め』 冷たさよ わが身をつゝめ わが書齋の窓より見ゆる 遠き岡、岡のうへの木立 一帶に黝(くろ)み靜もり 岡を掩ひ木立を照し わが窓さきにそゝぐ 夏の日の光に冷たさあれ わが凭る椅子 腕を投げし卓子(てーぶる) 脚重くとどける疊 部屋をこめて動かぬ空氣 すべてみな氷のごとくなれ わがまなこ冷かに澄み あるとなきおもひを湛へ 勞れはてしこゝろは 森の奧に 古びたる池の如くにあれ あゝねがふ わが日の安らかさ わが日の靜けさ わが日の冷たさを ---- 入力:柴武志 校正:浅原庸子 寺田寅彦 『星』 天幕の破れ目から見ゆる砂漠の空の星、駱駝(らくだ)の鈴の音がする。 面白いなあ。 あらすじ がちょうのたんじょうびに動物たちは集まることにしました。 女性にはない男性の心理描写は、人によって好き嫌いがわかれるからもしれませんが、代表作の蒲団を彷彿とさせる田山花袋らしい世界観を如実に感じ取ることができる作品となっています。

>

青空文庫で5分で読める新美南吉おすすめ作品リスト(詩・小説)

池の底にいた魚はカンザシを拾ってあげず自分のものにしました。 感覚だけの人間は、悪鬼に似ている。 夕方なら唯(と)もかく深夜の葬式はあまり例のない事であった。 私のNAVERまとめからの移転記事です。 村中のみんなが名残惜しみ鐘を見送る。 > ちなみに、でもタダで読むことができます。

>

青空文庫で5分で読める。宮沢賢治のおすすめ児童文学リスト【作品ほぼ毎日更新】

むしろ、地理や歴史こそが、差別を作り出すことにはなっていないでしょうか。 紙の本で読みたい方はコチラ(本は短編集となっています)。 その偶然のもとに人生はあることが青年に胸に強く響く。 乳母車目線に描かれた赤子の時間 あらすじ 眠り歌を聞いたり、ゆらゆらゆれたり、赤子の状況に合わせて、乳母車も同じように変わる。 あらすじ ある日、女の子が池にカンザシを落としてしまいました。

>

青空文庫で5分で読める新美南吉おすすめ作品リスト(詩・小説)

鏃ユ湰鏂囧銇亰銇欍仚銈併儵銉炽偔銉炽偘銈�• 仕事の合間 休憩中 や気分転換のために、kindle キンドル で読書をする機会が多く、最近では空き時間を利用して 5分ほどで読み終わるショートショートにハマっています。 乳母車はどう思ってるのかと想像を巡らされる。 狐と子牛のぶどうを食べる短編 ずる賢い狐は散歩に子牛を誘う。 ---- 入力:柴田卓治 校正:磐余彦 田中貢太郎 『葬式の行列』 鶴岡(つるおか)の城下に大場宇兵衛(おおばうへえ)という武士があった。 肝心の物語は、吾輩という猫が捨てられた後にとある教師の家に住みこむことから始まります。

>