神奈川 コロナ 協力 金。 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第2弾)について

神奈川県「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」の最新情報まとめ

(参考)「時短営業の案内」ひな形(申請書類6)• 真鶴町• 東海・甲信越• 協力金の概要 県は、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、対象地域内にある酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店に対して時短営業の協力をお願いしました。 多くの事業種に被害が出ていますが、中でも深刻な状況に陥っているのが飲食店です。 南足柄市• 県内の事業所全てが自己所有:10万円• 夜間営業時間の短縮要請対象の施設の事業者(食事提供施設) どの都道府県でも同じですが、要請通りに対応していることが条件となります。 神奈川県は3日、新型コロナウイルス感染者の増加を受け、横浜、川崎両市内の酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、午後10時までの営業時間短縮を要請すると決めた。 支給金額は、1事業者あたり10万円。 屋号、店舗名等 の記載が必要になります。

>

神奈川県(補助金・助成金・融資情報)

(個人事業主の場合)休業等を行う事業による所得の全てが事業所得として確定申告の対象となること。 交付状況についてご照会いただく場合は、お手数ですが、先に振込状況を通帳等でご確認願います。 )すること。 一方で、国が売上高の激減する事業者へ支給する「持続化給付金」、各自治体が独自に施設や業務の休業、売上の減少などを根拠として支給する協力金や支援金、国が従業員の雇用維持を支援するために支給する「雇用調整助成金」、国が小学校の休校等により休まざるを得ない保護者を有給休暇にするために事業者に支給する「小学校休業等対応支援金」については、いずれも法人あるいは個人事業主である事業者に対する支給であり、その支給根拠が、売上の激減や休業している間の家賃・給料補助といった業務上の取引に関連して支給されるものであり、個人事業主であれば事業所得における事業に付随して得られる収入として、法人であれば、雑収入などの益金とする必要があります。 名称 留意点 1 交付申請書・誓約書• 交付対象事業者は、令和2年5月7日から令和2年5月31日までの全期間(少なくとも期間中20日間、遅くとも令和2年5月12日(火曜日)から令和2年5月31日(日曜日)までの間に休業、または、営業時間の短縮などを行った中小企業および個人事業主となっています。

>

【神奈川県】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第3弾)について

どうやって申請したらいいか?• )とします。 日本でも16,000人を超える方の感染が確認されており、未だに緊張状態が続いています。 新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項に基づく協力要請 令和2年4月10日付け に協力していただいた事業者に最大30万円の支援を行い、負担の軽減を図ります。 黒岩祐治知事は収束が見えない状況を踏まえ「医療体制の厳しい状況は続いている。 登録は無料です。 議会で通り次第、すぐに皆さんのお手元に届くようにしたいと思います。 酒類の提供時間(お酒を提供している場合)• お済みでない事業者の皆様はぜひWEB登録をお願いします。

>

横浜・川崎の飲食店に時短要請 神奈川決定、1都3県実施―新型コロナ:時事ドットコム

また、緊急事態宣言の延長に伴い、第2弾の実施も発表されているので併せて解説していきます。 現在は、特に、「新しく」「非対面型(非接触型):デリバリー・通販など」に対応する企業に対しては、助成金の 限度額の引き上げや過去分も申請できるなどの優遇がなされております。 (対象期間は令和2年5月7日から令和2年5月26日の全期間です。 いつまでに申し込めばいいか といったことが分かります。 神奈川県の休業協力金はいくらもらえる? 神奈川県の休業協力金は 1事業者あたり 10万円 となっています。 5月22日にコロナ特別枠の制度拡充がなされました。

>

更新【神奈川県】横浜市・川崎市を対象に、新型コロナ協力金(第3弾)を予定

申請書や申請方法は神奈川県のホームページに掲載されます。 食品衛生法に基づく飲食店の営業許可証であること 4 酒類を提供していることがわかる書面• ベストのタイミングだと思っている」と述べた。 新型コロナウイルス感染症の影響により、国や地方自治体が様々な名目で金銭の給付を始めました。 必要書類の電子データ化• 一部でも出勤している社員等がいる場合(施設の維持管理のための最小限の出勤は除きます) 2. 事業活動の再開にあたっては、お客様やその家族を守り、また皆様の店・事業を守るためにも、各業界団体が策定するを遵守するなど、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。 休業要請対象の施設の事業者(食事提供施設を除く)• 8.第1弾をすでにもらっている場合、第2弾はもらえないの? コロナウイルス感染拡大防止のため、自主的に休業した要請対象外の施設も対象となる。 (参考)「休業の案内」ひな形(申請書類6) 提出書類(例) 4 酒類を提供していることがわかる書面 5 従来の営業時間がわかる写真等 6 対象店舗の店先に「時短営業の案内」を 掲示した写真 よくあるお問い合わせ(FAQ) 以下のリンクからご確認ください。 公募期間 令和2年5月22日(金曜日)から令和2年6月30日(火曜日)まで• 協力事業者には1店舗当たり最大22万円の協力金を支払う。

>

神奈川県、横浜と川崎の時短要請で協力金1日2万円 黒岩知事、「何としても歯止めかけたい」

お手元に届きましたら内容をご確認ください。 申請 という流れになります。 神奈川県「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」の概要 新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するために、県の要請や依頼に応じて、休業や営業時間の短縮を協力した中小企業や個人事業主の方を対象として「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」を支給します。 協力金第1弾の交付対象事業者は、引き続き交付対象となるので、追加で交付金を受給可能となります。 一方、この日の会議で黒岩氏は、県民に対して外出を「控えめ」にするよう呼びかけた。 注意事項 本協力金の交付後、交付要件を満たさない事実、虚偽、不正等が発覚した場合は、申請者に対し交付済みの協力金の 全額返還を求めます。 県内の事業所のうち貸借している事業所が1ヵ所ある場合は20万円、2ヵ所以上ある場合は30万円まで交付されます。

>

神奈川県(補助金・助成金・融資情報)

【 休業した場合】• 主な内容は下記の通りです。 この困難、難局を皆さんと乗り越えていきたいと思います。 事業の着手が令和2年10月16日以降であること等の要件があります。 金額は1事業者あたり10万円で、要請を受けて休業中の事業者が県内で事業所を借りている場合、1カ所なら10万円、複数なら20万円を加算する。 本当に申し訳ないですが、県の財政規模ではこれが精一杯です。

>