す と ぷり 小説 ビーラブ。 腐ったすとぷり短編集!【BL】

【まふまふ小説サイトまとめ】夢小説, BL, SSブログを一覧で紹介します

com 夢小説とは、 読者が主役の漫画・アニメなどのキャラクターとの交流を書いた二次創作小説である ドリーム小説とも。 com しかし、個人で楽しむのではなく 本として販売、有料サイトを作って閲覧者に利用料を請求するなどといった「営利目的のビジネス」に発展することで、著作権に触れてしまうので勝手に すとぷりの小説や漫画を勝手に販売することはNG。 。 イラスト投稿サイトとして人気かと思いきや、意外と小説を投稿される方も多いようです。 過去には 「やをい」と呼ばれていたこともあり、歴史は夢小説よりも遥かに長く何十年もの間一部女性から支持を受けてきた。

>

すとぷりBL短編集【すとぷり】BL

中でも、夢・BL小説は人気ジャンルのひとつで、様々な小説投稿サイトに多くの夢見る女子達の素敵な妄想ワールドが展開されているのだ。 com 夢・BLはいわゆる オタク用語のひとつ。 見やすいとてもシンプルなデザインでタグ検索やキーワード検索も出来て、読みたい作品がすぐに見つかります! 通勤時間や休憩時間、待ち合わせの空き時間での暇つぶしや、ベッドに入って就寝前にゆっくりと。 BLは 「ボーイズラブ」の略称で、 男性同士の恋愛を描いた作品を指す。 もしお気に入りの著者・絵師と交流したい場合は、コメントのやりとりをすることが出来ます。 出典:www. ロリポップやGMOクリック証券なども運営しているかなり大手の企業ですね。

>

腐ったすとぷり短編集!【BL】

ここからは、そんな夢・BLの意味について簡単に解説をしていこう。 もしあなたがイラストを描くことが出来るなら、お気に入りのBL小説のキャラクターを描いて、その小説の「ファン作品」として投稿することも出来ます。 「dream novel(ドリームノベル)」は 夢小説に特化した創作サイトです。 もちろん、まふまふさんの小説も数多く投稿されています。 pixiv(ピクシブ) まずは大手二次創作サイトです。 出典: すとぷりは基本ライブでしか顔出しをしておらず、普段はこのように 各メンバーのイメージイラストが動画・配信で使用されている。

>

腐ったすとぷり短編集!【BL】

他サイトに比べると投稿数は少なめですが、BL好きの方にはオススメですよ。 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - 佳菜お姉がコメ欄にいる…やばっ逃げよっと 11月28日 21時 id: - ころんさん受けもいい。 他サイトに比べまふまふさんの小説数は少ないですが、中にはかなりの人気作品もあるようですので気になる方は一度読んでみてくださいね。 もちろん小説も豊富で、まふまふさんの小説も数多く投稿されていますよ。 BLoveは、BL小説 ボーイズラブ小説 ・腐女子向けの小説・恋愛小説がスマホひとつで無料で読むことが出来ます! 小説には表紙画像や説明文、特徴を表すタグが付いてるから、読み始める前に検索したりしてチェックできるのでじっくりと作品を選ぶことが出来ます。

>

【まふまふ小説サイトまとめ】夢小説, BL, SSブログを一覧で紹介します

多くは 恋愛がテーマとなっており、 自分と好きなキャラクターが結ばれるといった内容のものが多く、 推しキャラとの疑似恋愛・友情などが楽しめるツールとして人気を集めている。 そもそも勝手に二次小説って作ってもいいの! 歌い手さんのBLがあるのは驚きですが、需要は高めのようです。 「占いツクール」は、 自作の小説・占いを投稿できるサイトです。 そのため、ネット上にすとぷりの夢小説・BL小説を投稿することは、 罪に問われるということはないのだ。 コメントを通して、リクエストを送ってイラストを描いてもらったり、物語に影響を与えることも出来るし、 著者が読者からストーリー展開の意見を聞くなんてこともできてしまいます。

>

家出少女と王子様『すとぷり』

イベント以外では顔出しをしていないため、公式でもメンバーがイメージイラストで公開されていることから二次創作が捗っている女子が多発中である。 女子のユートピア! 現在、10代の女性を中心に人気を集める歌い手ユニット「すとろべりーぷりんす」。 YouTubeやツイキャスなどの動画・配信サイトを中心に活動をしているが、ネットの中だけでなく 全国ライブや イベントなどでも活躍する現在注目度ナンバーワンのグループである。 「プリ小説」は、 GMOインターネット株式会社が運営する小説投稿サービスです。 まふまふさんの小説に関しては 3,000近い作品数が投稿されているようですので、まずはピクシブからどんな小説があるか探してみてはいかがでしょうか。 投稿作品のコンテストがあったり、公式作家になれるイベントがあったりと小説の腕を磨きたい方には嬉しいサービスもあるようです。 イラストや漫画などはなく、小説のみ取り扱っています。

>