新宿 会計士 の 政治 経済 評論。 救いようのない日経の誤報・虚報体質~政治ブログ 2013/09/18(水)号~

救いようのない日経の誤報・虚報体質~政治ブログ 2013/09/18(水)号~

さすがにタダでは済まされまい。 当職が問題視したい記事は、次の二つだ。 に 匿名29号 より• 北朝鮮が核・ミサイル開発に勤しむ中で、朝鮮半島危機が再び強まっているのだが、こんな大事なときに、韓国は一体何をやっているのであろうか?米国としては、同盟国である日本と韓国が共同して事態に対処することを望んでおり、ここに下手に中国が関与してくることを恐れている。 場合によっては日本の常任理事国入りを阻止し、ドイツの常任理事国入りを支持することになるかもしれない。 日本政府は北朝鮮とどのような協議を行なったのかを明かしていないが、これも安倍政権の 外交カードを獲得するという老獪な外交戦略の一つであり、頼もしい限りである。 もっとも、日本と北朝鮮が接近するときは、いつも北朝鮮が米国や韓国との関係を悪化させているときであり、今回はこれに加えて中国の銀行が北朝鮮との取引を停止しているという状況もある。 ただ、韓国の反日政策には中国との決定的な違いがある。

>

秋の内閣改造は日本外交の大きな転機か?~政治ブログ 2014/08/29(金)号~

に だんな より• ただし、それ以外のウソツキ外交、告げ口外交、コウモリ外交、食い逃げ外交などに対しては、やはり「無視する」、「その場で抗議する」などの対症療法だけでは不十分でしょう。 習近平の指導体制も強固に。 マスゴミは既に日本国民から支持されていないということを、合法的に彼らに教えてやろうではないか。 に 阿野煮鱒 より• 人民日報や新華社、中央電視台といったメディアから発せられる情報は、基本的に中国政府(または中国共産党)の意向に沿ったものである(もちろん、一部の香港メディアのような例外もあるが)。 韓国を相手にする場合には、シンシアリー氏が言うところの「韓国式の無視」つまり相手の体面や面子を無視してコテンパンにやり込めて相手に大恥をかかせるやり方が不可欠です。 に 新宿会計士 より• ちょうどスマホが爆発的に普及し始めた時期と一致しているのだが、日本国民が「マス・メディアこそが日本の敵だ」と気付き始めたのかもしれない。

>

救いようのない日経の誤報・虚報体質~政治ブログ 2013/09/18(水)号~

に 田舎のおばさん より• 記事では「 総裁選挙は自民党の党則に従って行われており、手続きに問題がある訳ではない」としつつも、「 広範な地方票の結果(民意により近いと考えられる)を国会議員が無視したように見えることだ」と述べている。 そして、 中国のメディアは国営(もしくはそれに準じる事業体)である。 文大統領は、本日開催の懲戒委員会で尹錫悦検事総長の懲戒免職を決定する方針のようですが、これにより支持率は更に下落すると思います。 前回、自民党が敗北した最大の原因は、マス・メディア全体を挙げて、 自民党を攻撃した事にある。 に 農家の三男坊 より• 西太平洋だけならばともかく、ハワイ以西の太平洋の全てをアメリカが失うこと事態にアメリカは全ての意味で耐えられ無い。 に わんわん より• 日本は全力でそれを阻止しなければならない。

>

新宿会計士の政治経済評論さんのプロフィールページ

「公表されている情報」「客観的な証拠」などをもとに、 できるだけ透明で誰にでもわかりやすい議論を通じて、 政治、経済などについて多角的に考察する。 税率引き上げは前任の 民主党政権の置き土産だが、税率を引き上げる判断を下したのは間違いなく安倍総理である。 実は、 2009年の総選挙での敗北以来、 自民党は何一つ変わっていない。 考えてみればわかりますが、自称「半万年」という歴史のなかで、韓国は常に周辺大国(おもに中国)からの圧迫を受ける立場にありました。 引き金を引かなければいい、もしくは引いたとしても弾が当たらなければいい、という問題ではありません。 昨年も「 2012 年 9 月 5 日号( 8 月 29 日発売) 」の中で、ロンドン五輪時にサッカーの韓国人選手が政治的なメッセージを掲げてフィールドを駆け回った写真を表紙に採用した「 」という特集記事を掲載している。

>

www.wineaccess.ca

先日のドイツみたいに。 この考察に従えば、中国のメディアが日本を手厳しく批判しているのも、中国政府の意向を反映しているものである。 消費増税は間違いなく日本経済に 冷や水を掛けるものであり、失政だ。 韓国は、結局何もできないのです。 問題は、それで大統領選挙に勝てるかですが、日本の知ったことではありません。 ここから導き出される仮説は、 「韓国メディアの意見=韓国国民の意見」 である。

>

返す返すも残念な週刊東洋経済の政治分析~日々雑感 2012/10/17(水)号~

に epicurian より• に ひろた より• 文大統領の支持率が過去最低の37. その上、TBSの関口なんとかいう 下品で不快な男が、「上から目線」で安倍総理に質問をして、ネット民の失笑を買うというオチまでついた。 【参考】韓国と北朝鮮が大好きな5つのインチキ外交• に りょうちん より• そして、政権発足直後から反日姿勢を全開にしている盧武鉉と朴槿恵を除いて、韓国の歴代政権は、政権の発足当初は反日姿勢を隠そうと努力するものの、政権末期になればなるほどメディアと国民に迎合して政策スタンスが反日に傾斜するのである。 そこで、本日は中国・韓国・日本それぞれについての「政府、国民、マス・メディア」の考え方について陳べてみたい。 に 奇跡の弾丸 より• 中国が日本に擦り寄る形での首脳会談が実現する可能性は高いとみて良いだろう。 に Naga より• に ちかの より• に 迷王星 より• 従って、日本の態度を硬化させる「差押財産の現金化」は、当面、できないと思います。 実際、この記事が指摘するとおり、最近の韓国政府による「 日本外し」の動きは露骨だ。 ある意味では当然の反応でしょう。

>

楽天ブックス: 数字でみる「強い」日本経済

ただ、東洋経済は次回総選挙で自民党が政権を奪回する可能性が高いとしながらも、どこか分析が トンチンカンなのだ。 。 日本の国防のキャスティングボードをアメリカ軍が握っているのは確かですが、同時にアメリカにとってのハワイ以西の太平洋全ての航海の自由のキャスティングボードを日本は握っているのです。 日本は意志を明確にして原理原則を守ること、そして制裁を科すときには大義名分がきちんとあること、筋を通すことが大切だと思います。 。 に 引っ掛かったオタク より• に パーヨクのエ作員 より• やや言葉足らずで分析が浅い面もあろうかとは思うが、 ・中国の政府とメディアによる一貫した反日政策と、足元で自国政府への反発を募らせる中国国民 ・韓国のメディアと国民に引きずられ、行き当たりばったりの反日外交の迷走を続ける韓国政府 ・日本の政府と国民の認識が一致しつつある中、中韓への迎合と偏向報道で国民を騙せなくなった日本メディア という分析は、おそらく「当たらずしも遠からず」、であろう。 保守派への政権交代が実現すれば、文在寅氏自身が逮捕、投獄されるのは確実だからです。

>