鉄心 end。 スパークスライナーハイ (すぱーくすらいなーはい)とは【ピクシブ百科事典】

スパークスライナーハイ (すぱーくすらいなーはい)とは【ピクシブ百科事典】

再臨状態とかでもかなり変わりそうではありますが…。 5,426• 罪を重ねながら、それでも少年は前へ進む。 その性質は、のに近いと言えるかもしれない。 まあいい。 ただしこちらは BAD END扱いではなく、桜が凛・ライダー・イリヤによって救われる可能性を残している。

>

【FGO】エミヤオルタ(鉄心END通過解釈)に甘えるシトナイちゃんの漫画

そしてはしちゃってるあたりマスター殺してもどうにもなんないのが難点。 …とはいえ、下記で語る事を考えると間違いとは言い切れないが。 (ちなみにからもボブ呼びされている) しかし、イラスト担当の佐々木少年氏がTwitterにて、「公式から情報開示OKの期日になった」のでは、ゲーム内の立ち絵とは違い、 老け込んだエミヤと言ってもおかしくない程に似ていた。 オレはそうやって生まれたものだ。 良ければそちらもよろしくお願いします。 156• ・アーチャーが復讐する態勢に戻れる アーチャーがこのルートで復讐を考えなかったのは「異常な状況であるから」。

>

【FGO】【原作】当時初BADエンドは鉄心エンドだったな…fateって比較的選択肢分かりやすくね?

そのときが士郎に対し、桜を助け「桜の味方」にもなれる、という新しい選択肢を与える。 1,422• 世界をひっくり返す程の可能性を持ちながら、その組織には悪の理念など存在せず一人として悪人はいなかった。 他のルートでは次のに本腰入れる予定だったわけだし、ここで耐えてこそ500年耐え忍んだ老獪という話だけど…。 最高の断末魔だ、殺生院」 ここに、失墜の原因である「彼女」への悪逆の報いは、果たされた。 言峰が「衛宮切嗣」と例えたその意志だが、このENDにおける士郎の「正義の味方」の徹底具合はおそらく切嗣以上。 おかしなナリをしているがこれでもアーチャーだ。 アーチャーが愛用する『干将・莫耶』も投影魔術によって作られたもの。

>

【FGO】エミヤオルタ(鉄心END通過解釈)に甘えるシトナイちゃんの漫画

正しい天秤としてより多くの人を救わなければならない……。 まあだーなんて言うくらいなんだからやっぱり士郎が殺すんじゃね クッソ適当 ・もしかして言峰さんテキトー言ってない? 心持ちが変わったくらいで勝てるわけねえだろうがよ 本音 勝てるにしても臓硯、、凛の3人を殺害するって無理難題でしょ。 単独行動 A マスターからの魔力供給を断っても自立できる能力。 でもそれが、あの英霊が目指した理想の姿なんでしょうね」とこぼしている。 とある世界ある国で起きた新興宗教。 ってそんなのあるのか?例えばアーチャーが葬られた後で凛を葬る意味はあるのか?はぐれサーヴァントと契約したり第六次でマスターに選ばれるのを防ぐため…? 臓硯相手は銃とかそういうのだと厳しそうだけど案外退路無くして燃やすだけで何とかなりそう…あとは言峰から洗礼詠唱とか習うか?さすがに切嗣の遺品から起源弾見つけるとかそんなことはないと思う ・を誰が殺すか 父親を殺された凛が事実を知って復讐に出るか、いつもどおり士郎が殺害するか。 中盤、の正体を知ったはその理想・信念から、彼女を殺して周りの人々を救う「」になることを迫られる。

>

鉄心END (てっしんえんど)とは【ピクシブ百科事典】

アーチャーは大も小も救いたかったものの、世界の在り方が「小を切り捨てなければ大が救われない」ものだったため半ば嫌々処理しまくって心がすり減っている。 しかし、それでも「正義の味方」を張り続けるとこのENDにたどり着く。 442• 種別:対人宝具• 死後に守護者となってから終わりのない殺戮を経験し魂を摩耗させたエミヤとは、成立した世界線からして異なる存在である。 (edgy=刺々しい、イラついた等)ツイッター上では賛否両論らしく実装から半年が経過した2019年秋現在も北米版公式アカウントにを繰り返すユーザーが絶えない(アルジュナがOKでエミヤがNGなのには納得がいかないなど)。 ちなみに再臨での変化は• 関連記事 親記事. 精神汚染と異なり、固定された概念を押しつけられる、 一種のに近い。 鉄の心を持った士郎にはもう手段を選ぶという考え方がない。

>

Fate/StayNightのHF√における鉄の心Endにつ...

命中した相手の中で固有結界は暴走し、体内から無数の剣を突き出しながら、彼のが一瞬だけ外界へ顕現する この現象は、の固有結界の暴走と酷似している。 269• 184• 209• 自らを許すことなく、"悪"を許すことなく戦い続けた"正義の味方"は、"正義"の味方ではあっても"人"の味方ではないが故に、最後には人の手によって倒されてしまうのでした。 人物 皮肉屋で冷徹、自らを「」と呼び、報酬次第で仕事を請け負うリアリスト。 男はその女を追い詰める過程で多くの信者を手に掛けた。 pixivにも同名で投稿しています。

>