旭 化学 合成。 ホットメルト:自動車|旭化学合成株式会社

ホットメルト:自動車|旭化学合成株式会社

責任ある仕事を任せられているので、やりがいも大きい一方で、まだまだわからないこともたくさんあります。 同時に、コンプライアンス(法令遵守)、環境保護、安全対策などのCSR(企業の社会的責任)を推進し、社会の発展に寄与したいと考えております。 外壁ボードや屋根のシール材 などなど。 金属やプラスチックはそれぞれマテリアルリサイクルが求められ、シーリング材の需要も増えています。 栃木 H工場完成 生産部門を栃木工場とし、戸田工場を戸田事業所とする• 私も寮に住んでいて、余計な負担がないので助かっています。

>

ホットメルト:自動車|旭化学合成株式会社

様々な用途に合わせていろいろなものを開発するので、「ものづくりがやりたい」という人にとってはとても楽しい仕事ですね。 生産技術棟完成 CEマーク認証取得 平均勤続勤務年数• 段ボールの組み立て、アイスクリームのキャップシールのパッケージの接着 4. HMシステム販売開始 創業者小林達也逝去 小林直樹が社長に就任• 不良品の発生率が少ない当社の「アサヒタック」は、国内・国外の自動車関連のお客様に広くご愛顧頂いています。 法人番号指定日 法人名 郵便番号 住所 法人種別 2015年10月5日 1750082 東京都板橋区高島平1丁目37番5号 株式会社 2015年10月5日 1750082 東京都板橋区高島平1丁目20番18号 有限会社 2015年10月5日 1730005 東京都板橋区仲宿23番8号 株式会社 2015年10月5日 1730021 東京都板橋区弥生町2番4号 有限会社 2015年10月5日 1750082 東京都板橋区高島平7丁目25番10号 株式会社 2015年10月5日 1730004 東京都板橋区板橋1丁目24番1号 その他の設立登記法人 2020年10月6日 1750082 東京都板橋区高島平1丁目83番1号 株式会社 2015年10月5日 1740041 東京都板橋区舟渡3丁目8番12号 株式会社 2015年10月5日 1730016 東京都板橋区中板橋8番10号 有限会社 2017年3月8日 1740071 東京都板橋区常盤台1丁目35番22号宝楽荘101 株式会社. 気さくな人が多く、何でもざっくばらんに話せる雰囲気は当社の自慢です。 栃木工場用地を取得• 13時間 平均有給休暇取得日数(前年度実績)• 1990年• 板橋区小豆沢に本社移転• 実家が遠い社員は寮に入ることができます。 私が現在手掛けているのは、「ホットメルト接着剤」と呼ばれる、熱を加えて塗布する接着剤で、スマートフォンなどの精密機器に使用されるものを担当しています。

>

会社案内|化成品の受託製造、独自の有機合成で幅広いニーズに対応

製品 特徴 アサヒタックSGシリーズ ホットメルト形柔軟性シーリング材(特許製品). 1988年• 1952 東京都板橋区に初代社長、小林達也により旭化学糊料工業所を創立 ミルクカゼイン、デンプン、酢ビエマルジョン系接着剤の製造販売に着手 1959 戸田工場新設 1962 商号を旭化学合成株式会社とする 1966 ホットメルト型接着剤の製造販売を開始 1976 板橋区小豆沢に本社移転 1980 大阪出張所 現大阪営業部 開設 1984 ホットメルトシステム販売開始 創業者小林達也逝去 小林直樹 社長に就任 1988 栃木工場用地を取得 1990 栃木工場 第一次建設完了 生産部門を栃木工場とし、戸田工場を戸田事業所とする。 2019年• ヘッドランプやフロアマット、エアコンダクト、ドアモール、シートなど様々な部位に「アサヒタック」がご愛顧頂いています。 1966年• 自分が知らない分野の製品開発にも挑戦していきたい」と意欲を燃やす古賀崇さん 研究職を希望し、旭化学合成に入社しました。 1998年• 意外と身近に、私達の技術は生きているんです。 私が開発する接着剤は、1ミリ以下の細かい部品に使われる接着剤で、試作を繰り返す際も非常に繊細な作業となります。 2012年• 簡単ではありませんが、試行錯誤を繰り返した製品が採用されたときは何とも言えないうれしさを感じます。 10日 前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 女性 男性 合計 2018年 4名 2名 6名 前年度の育児休業取得者数(男女別) 女性 男性 合計 2018年 4名 0名 4名. また、省エネルギー車は、軽量化が求められ、金属とプラスチックなど異種材料の接着も増えています。

>

旭化学合成株式会社

他の部員が手掛けている製品にも積極的に関心を持って、自分の知識を深めていきたいと思っています。 たまごを落としても割れない衝撃吸収性や、元の形状に戻ろうとする性質もあります。 ホットメルト接着剤は用途の幅が広く、自動車のヘッドランプなどにも使われます。 自動車や建材、家電用の様々な接着・シーリング材として、マットレスや椅子のクッション材などアメニティ用品としても広くご採用頂いています。 実際に入ってみると、1年目からさまざまな仕事を任され、充実した毎日を送っています。 私達が造っているのは、その接着剤なのです。

>

ホットメルト:シーリング材(SG)|旭化学合成株式会社

大阪出張所(現大阪営業所)開設• 自動車• 私たちが開発した技術(有機合成技術(チオケミカル)、高圧ガス反応技術、カップリング反応技術(ウルマン反応)、乳化技術)にて作られた製品は、電子・情報材料分野や医薬・香粧品分野、テキスタイル分野、環境分野で広く使われております。 溶剤を含んでおらず、自動化できるので、環境にも優しく経済的です。 1998 栃木工場 第二次建設完了 2012 ISO9001取得 2018 生産技術棟完成 CEマーク認証取得 事業所所在地 本社 [] 社長室 財務部 〒174-0051 東京都板橋区小豆沢1丁目12番15号 TEL: 03 3966-7401 FAX: 03 3966-7403 戸田事業所 [] 営業部管理部 東京営業部 技術部 システム機械部 総務部 〒335-0012 埼玉県戸田市中町2丁目18番10号 TEL: 048 441-5625 FAX: 048 441-5645 大阪営業部 [] 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目12番4号 第2江坂ソリトンビル6階 TEL: 06 6388-7691 FAX: 06 6190-3607 栃木工場 [] 製造部 生産技術部 企画管理部 〒328-0003 栃木県栃木市大光寺町3487番8号 TEL: 0282 27-5581 FAX: 0282 27-5582. 夏場の車内温度や極寒地域を想定した、高い耐熱性や耐寒性、長期にわたる耐久性など高い性能が要求されます。 製品 特徴 アサヒタックAMシリーズ 自動車用 アサヒタックSGシリーズ ホットメルト型柔軟性シーリング材(特許製品) 製品用途分類• 「加熱して接着するホットメルト接着剤は用途が幅広いことが魅力。 まずはお気軽にお問い合わせ頂き、サンプルをご覧ください。 1980年• ホットメルト接着剤は、塗布するための機械が必要なのですが、その機械も含めて提案できるように検証を行います。 アサヒタックSGシリーズは、非常に柔らかく(低圧縮応力)、元の形状に戻り(低圧縮歪)、且つ、従来のホットメルト接着剤では成し得なかった高い耐熱性、耐久性を併せ持った次世代のホットメルトシーリング材です。

>

日本接着剤工業会 ■ 旭化学合成(株) 詳細情報

2019年• 1962年• 商号を旭化学合成 株 とする• 経営理念 ご挨拶 旭化学工業は1932年の創業以来、幾度もの時代の変遷により価値観が大きく変化し、多様化する中で、「たゆまぬ技術開発」「品質改良」「低コスト化」を品質方針として掲げ、次々と新たな製品を事業化し、社会に貢献してまいりました。 今後も歩みを止めることなく日々精進し、グローバルな視野で事業を展開する技術企業を目指して参ります。 1959年•。 東京都板橋区に、初代社長 小林達也により旭化学糊科工業所を創立 ミルクガゼイン、デンプン、酢ビエマルジョン系接着剤の製造販売に着手• 接着剤そのものは直接見ることはできませんが、自分が開発した接着剤を使用した製品は街で見かけることも多々あり、やりがいと達成感を感じます。 2019年• 戸田工場新設• 少しずつ実際の開発現場で仕事を任されるようになり、独り立ちしていきました。 2020年2月14日 2020年2月12日付化学工業日報に、弊社記事「多価メルカプタンの効率的な生産手法の開発に成功」が掲載されました。

>

ホットメルト:シーリング材(SG)|旭化学合成株式会社

困ったときは先輩や上司が気軽に相談に乗ってくれるので、周りに助けられていますね。 2020年7月15日 2020年7月9日付化学工業日報に、弊社記事「有機硫黄化合物で受託攻勢 安全・効率的合成法確立へ」 が掲載されました。 また、これらのコア技術を組み合わせることにより、さらに成長が望める新たな分野にも積極的に展開を図っております。 1976年• 栃木 P工場完成• ISO9001取得• 車のヘッドランプとリアコンビネーションランプの組み立てのシール材 3. 14年 月平均所定外労働時間(前年度実績)• 2018年8月1日 当社は、国際基準に適合した次世代バイオ医薬等の製造技術を完成させるため、企業や大学および公的研究機関が集結し、2013年(平成25年)9月に設立された『次世代バイオ医薬品製造技術研究組合』に参画しています。 私は大学で環境系の学部を専攻していたため、少し分野が異なるのですが、「入社してから学べば大丈夫」と言われ、チャレンジしてみることに。 入社してすぐ技術部で研修期間を過ごし、先輩社員の元で勉強していきます。

>