ベルサイユ の ばら オスカル。 オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ

オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ

しかし、仕事先の地方で場末の酒場で働くやつれ切ったフローラと再会し、かと言って家族と波風を立てたくなくてフローラのためにパリに一軒の家を買い与えて彼女を愛人という形で囲い、息子モーリスが生まれた。 原作では登場はしないが弟妹がいる。 さらに兄ルイ・ジョゼフのお見舞いに連れて行って欲しいとねだるルイ・シャルルやマリー・テレーズと共に2人の王弟プロヴァンス伯とアルトア伯の話を偶然立ち聞きしてしまい、ルイ・ジョゼフの死を待ち望み彼が死んでもシャルルがいるとしてもフェルゼンとの不義の子だとの陰口にその場を後にし「なぜ…わたくしにはただ一つの恋もゆるされないの…? ド・ローネー侯爵 7月14日当時、の指揮・警備をしていた。 国王・貴族と平民議員の対立は激化し、革命の色を帯びるのだった。 アントワネットの未来を案じており、彼女が次第に贅沢三昧の日々を送るようになった挙げ句、に取り巻きだけを連れて閉じこもったことを知ったショックで病に倒れ、長男のや臣下の見守る中で亡くなった。 フェルゼンの危惧を一笑に付すも的中してしまい、最初の場所で民家に近い場所に兵士を配置して不審がられて撤退を余儀なくされ、次では待ちくたびれた兵士が酔っぱらって騒ぎを起こした上で国王一家は来ないと勝手に決めつけて去ってしまう。

>

ベルサイユのばら

長年彼女の自身に対する恋心に気づかなかったが、オスカルがフェルゼンへの恋慕を思い切るために素性を伏せて出席した夜会で踊ったことをきっかけに彼女の心情を知り、決別することになる。 また、オスカルとアンドレ、それぞれの恋情にも気づいている。 アントワネットを庇ってオスカルが負傷するまで彼女が女性だと知らなかった。 やや口やかましい面があるが、アントワネットを心から心配している。 邪魔者であるオスカルの殺害も何度か図っている。

>

オスカル (おすかる)とは【ピクシブ百科事典】

後半で、オスカルの視点が貴族社会から国家全体の矛盾へと移り、女性として人間として自然であることを生きざまとして選んだ時のパートナーは、貴族ではなく平民のアンドレだったのも、やはり自然だと思います。 ロザリーと再開したオスカルは、「ロザリーばかだね!なぜすぐに私のところに戻ってこなかった。 オスカルに平民議員や市民への発砲を命じる。 原作では寝込んだ末に、アニメ版ではいつもの女帝としての装いで玉座に坐して亡くなった。 しかし力で人を押さえつけることに、何の意味がある?心は自由だからだ」などと発言しています。

>

ベルばら45年 開幕前、初代オスカルは鏡につぶやいた [宝塚歌劇団]:朝日新聞デジタル

その後、護衛で同行したオスカルに「自分を守る為についた嘘」を見破って礼を言い、平民としての生い立ちと前向きな心境を話して聞かせ、のちのちのバスティーユでの寝返りへの伏線となる。 の後、海辺の郷里に戻り農夫になって畑を耕しながら母と妹の墓を守っている。 失脚後にを経て王位に就いたに世継ぎが無かったためスウェーデン王太子に指名されたノルウェーでデンマーク王家の分家のが1810年に事故死した直後から、王位を狙ったフェルゼンによる暗殺だというデマが広がり、カール13世すら疑念を捨てきれずにいたため、同年6月20日に近衛連隊にすら見殺しにされた挙げ句に虐殺された。 フランス革命直前、病に倒れた。 エピソード7では本編同様にストーリーに登場する。 また、黒い騎士事件で負傷してロザリーに介抱された際は、野菜の切れ端が浮かんだスープしか出せない彼女の生活状況に、今まで贅沢な食生活を送って民衆の暮らしを何も知らずにいたことを思い知る。 事件解決後、再び迷子のル・ルーを助けてジャルジェ家に送り届けることになる。

>

「ベルサイユのばら」で、オスカルがフェルゼンのことを「私がこの世でたった一人、...

『ベルばら』本編がもっと続いていたら、衛兵隊の中で唯一の生き残りとし、隻腕の将軍とする予定だった。 その風貌から、オスカルは「あれはの目だ…の目だ…!」と激しく戦慄した。 アントワネットの死を知らないまま、自身もまたギロチンの露と消えた。 カンパン夫人 女官長。 すらりとした茎に凛々しく咲く剣弁高芯の花は、正統派のバラのオーラを放ちます。 後にを患い崩御する。

>

オスカル フランソワ®

近衛となる。 元々は名前が無く、「・」とはアニメで命名されたものであり、新エピソードでは「・F」という名が設定された。 本作の参考となったツヴァイクの小説『マリー・アントワネット』では背が低く小太りとなっているが、史実では長身で筋肉質だった。 冷静沈着に見えて父親譲りの沸騰しやすい性格であり、黒い騎士事件の際はアンドレの髪を切って黒い騎士の偽者を演じることを彼に強制して好き勝手に飛び跳ねている髪とは違うと拒絶されて「これでも毎朝苦労してセットしている。 第2王子ルイ・シャルルはフェルゼンとの間の不義の子に違いないと弟のアルトア伯と陰口を叩き合った。 その後、義賊「黒い騎士」として貴族から盗みを働く。 ラソンヌ先生 ジャルジェ家の。

>