近親 相姦 物語。 聖書における近親相姦

聖書における近親相姦

フィクションにおける近親相姦的家族 [ ]• は、かつての時代は、母と息子の性的関係や、母と娘の戦いといったことを題材にすることはミステリーの世界では倫理的に敬遠されていたと述べている。 代表的なものとして、1995年の『』などがある。 2017年5月19日閲覧。 として描かれる場合もあり、は1933年発表の短編『魚腹記』で「ぼんじゅ山脈」なる場所を舞台に酔っ払った父親に犯される娘の姿を描いた。 脚注 [ ] 2018年7月28日閲覧。

>

聖書における近親相姦

ジョージ・ブーリンは彼の姉妹アンとメアリーの両方とある程度の性関係を持っている。 ドラマ化された『』では、いくつかのシーンが非合意ではないか議論され、一部の批評家は過度に搾取的ではないか議論を試みるよう指示した。 ()との演劇『』は、タイトルと同名の登場人物がの王アンタイオカスと彼の娘が近親相姦している事実を知る。 の『ディス・ラブ・イズ・ファッキング・ライト』は、兄妹間の合意の上でのロマンチックな関係についての歌である。 2004年秋には、ソフ倫の倫理規程が再改定された。 によると、兄妹の結合から生まれた者のみが神々の黄昏と人間の曙光をもたらすことが出来るという伝記的、文学・芸術的な資料は山のようにあり、1780年から1914年まで、多くの伝記や戯曲小説が近親相姦を指し示している。 リメイクの際、この設定は義理の兄妹へ変更された。

>

大衆文化における近親相姦

の『』では、 結城頼と結城郁の双子の兄妹が、親密に近づきお互い恋に落ちるが、その結果に直面する。 父娘近親相姦 [ ]• は1980年のアルバム『ダーティ・マインド』に収録の「Sister」で、近親相姦を取り扱う。 プレイ・ウィズ・ミーでは兄は弟にセックスを強制している。 今にしてみると、紗羅は水の天使・ジブリールの生まれ変わりであり、刹那はずっと前に人間として生まれ変わるように処罰された天使・アレクシエルの生まれ変わりである。 『』では、葵アキは彼女の弟である葵ソラと恋をしており、後にこの性的な関係から将来が見通せないという理由から別れることを検討するが、彼に言い聞かせることができずにいる。 1985年の監督のスイス映画『』では閉ざされた冬山の中で聾唖で体の不自由な弟と教師志望だった優しい姉との近親相姦と妊娠が描かれる。 歌詞 [ ] 最初に近親相姦を扱った歌詞の一つは、サイケデリック・ロックバンドのの『』である。

>

大衆文化における近親相姦

は、彼の時代には男とその継母や義娘や実妹との結婚が頻繁に行われたことを暗示している このような状況は、申命記における記述の背景であるように思われ、実際に申命記のリストはおおまかにエゼキエルと同じ3つの問題のみに対応している (しかし、義娘の代わりに義母を禁じている)。 は『』から、文学において描かれるは過度の多弁を引き起こす場合があるのに対し、近親相姦は沈黙、発話の抑止になると指摘している。 近親相姦は、の登場人物が知らずに父親を殺して母親と結婚するが基になっているの悲劇『』において重要な要素である。 音楽 [ ] 19世紀のドイツの作曲家の『』においても、近親相姦は扱われた。 1985年のの『サイダーハウス・ルール』では、父娘の近親相姦と妊娠が描かれる。 また、劇中では双子の兄妹の近親相姦も描かれている。

>

大衆文化における近親相姦

『インセスト幻想人類—最後のタブー』(、2001年) 関連項目 [ ]• 3 , Leviticus 18• この当時、業界では近親相姦はよく扱われていた。 ドラマでは、女王 ()の子供は、彼女の双子の弟 ()とセックスした結果生まれた子供だった。 の『 ()』では、上記のようにクリスが妹のキャシーをレイプする。 の2つの小説は、近親相姦を扱っている。 2008年発売の『』でも主人公の双子の妹がヒロインの1人として扱われていたが、2010年のテレビアニメ版でもそのままの設定で制作された。 これが主人公の計画を破る行為となっている。

>

大衆文化における近親相姦

2017年5月19日閲覧。 ・『ヒア・アンド・ナウ 往復書簡2008-2011』(、1997年)p. 1999年には、監督で映画化された。 子供時代から思春期にかけて、関係を持ったが、彼らは彼女の死によって離れ離れになった。 チャールズは後にカミラによって罵られるが、そのロマンチックかつ性的な関係はナレーションによって明示的に非難されない。 の未発表の短編小説『ベアトリス・パルマート』(1919年頃)の草案は、父親による娘のレイプが描かれている。 親子間 [ ] のアルバム『』に収録されている歌『 ()』では、故人の父親に似ているという理由で13歳の少年が母親から性的ないたずらを受けている。

>