Javascript 配列 ソート。 JSONデータをソートする方法: 小粋空間

JSONデータをソートする方法: 小粋空間

やはり、ここまで来てソートの仕組みそのものは、 まだハッキリとはしていないものの、 どこをどうすれば、ソートが可能かは、わかってきたので、 もしみなさんも、そうであるならば、 忘れないうちに、独自にカスタマイズした関数として 作っておくのがいいでしょう。 そして最近になって、配列をソートする事が必要になってきました。 降順・昇順の設定は数値と同様です。 もっとも、この金額の設定もデタラメであり、 実際に販売されている価格とは、大きく異なっているでしょうし、 消費税も8%と、中途半端に増税されたせいか、 より端数が出やすくなってたりもするでしょうが。 次に、二次配列のソートなのですが、 これも2層目の配列部分に応じてソートする事が可能です。

>

配列・二次配列・連想配列のソート

その例がこちら。 ともかく、この連想配列のソートに関しては、 けっこう苦戦したのは確かです。 その例がこちら。 1.基本 次のようなJSONデータがあると仮定します。 これをソートした例が、以下のとおりです。

>

JSONデータをソートする方法: 小粋空間

data. 普通に使うと「ary. ていうか、今までの数値は、価格だったのですね。 数値でソートしたい場合は、 引数の中に関数を設置する必要があるようなのです。 JSONデータをソートする方法を紹介します。 こう見てみれば、先ほどの二次配列よりもシンプルで、 より直観的に値を引き出せるように思えるのですが、 じつは、 これをこのままソートする事はできません。 10%になるよりかは、まだマシとは言えなくもありませんが。 。 ともかく、「1」と「-1」だけ逆転すれば、順序も逆転するのです。

>

配列・二次配列・連想配列のソート

これを逆にする場合は、戻り値である「return」の値の 「1」と「-1」を逆にすればいいのですが、 正直、その仕組みもよくわかりません。 本当に、正直言うと、自分自身、 仕組みがわからないまま手を付けるのが嫌いな性分ではあるのですが、 こればかりは、やはり細かい事はわからずに、 とりあえず、どこをどういじればソートは行われるのかは、 わかった気がします。 引用サイトは下記です。 data. 実は、「1」や「-1」でなくても、 正か負の値かで判断されているのらしいのですが・・・ 結局、戻り値が「1」か「-1」であるのならば、 直接それを「sort 」関数の引数に入れればいいのではないかと 思うのですが、どうも、そうはいかないようなのです。 次に難題だったのが、連想配列のソートです。 3000:bar 1000:foo 2000:hoge 4.サンプル 動作サンプルを掲載しておきますのでご利用ください。 すべてのブラウザで確認していないので不具合があったらすいません。

>

配列・二次配列・連想配列のソート

data. 最初は文字で参照している分、 通常の配列に比べ、気持ち悪い感じはしていたのですが、 文字列だけで配列に入れた要素を呼び出せるし、 慣れると便利なものです。 しかもこれは、戻り値で返されるのではなく、 対象の配列そのものが書き換わります。 sort 」と使うのでしょうが、 これだと、アルファベット順に並ぶだけで、数値だけでは微動だにしません。 つまり、 純粋な連想配列ではなく、 配列の中に入った連想配列である必要があります。 「javascript 連想配列 ソート」などで検索すれば、 あたかも連想配列も検索できるかのように、情報が出てきますが、 ソートが可能な連想配列にも、条件があります。

>

配列・二次配列・連想配列のソート

その配列というのが、以下のとおりです。 なぜか「function」でなければいけないようなのです。 そこから、同一のプロパティを条件に、ソートをかけていくという仕組みです。 右側が、そのプロパティで参照したときに排出される値です。 1000:foo 2000:hoge 3000:bar 3.文字でソート 文字(JSONデータのid)でソートするには次のようにします。 最近、連想配列も慣れてきて、バリバリ使っています。 細かい事はともかく、これも慣れてしまえば、割と便利かもしれません。

>

配列・二次配列・連想配列のソート

ブラウザやPC環境等に依存するかもしれませんが、FirefoxやGoogle Chromeといった最近のブラウザであれば数千行のデータでも1秒かからない程度でソートして表示されます。 ソートするといえば「sort 」関数で、これがなかなかの難物でした。 。 。 。 。

>