ランバー ジャック アビリティ。 【光マグナ】アスタロトフルオート編成【グラブル】

【グラブル】『ランバージャック』の評価/性能検証まとめ|新ジョブ【グランブルーファンタジー】

特に50%辺りで付与されるアビリティ封印を受けると一気に味方のHPを減らされる危険。 専用称号「丸太は持ったな」を取得• ルシオを入れるとフルオート適性もガッツリあがるのでオススメ。 ここで紹介してるのはやや「マグナ2」用になってます。 フルアタッカー系( ウーフとレニー、 アザゼル、 ジャンヌダルクなど)であれば差し替え可能な枠ですが、その場合はオメガ杖を抜いて、主人公のジョブも カオスルーダーなどに変えると良いと思います。 アビリティセット例 基本的なことですが、EXアビ・リミアビはそれぞれ2個までしか付けられないので注意。 安らぎの木漏れ日の弱体効果が1回目から、マウント効果が2回目で発動。 攻撃アップは別枠乗算なので凄まじい火力に。

>

【光属性】サティ持ちランバージャック&リミノア編成で奥義ぶん回し!

4アビ:チャームボイス or ディスペル or ミスト 僕の場合は基本的にこんな感じになってますね。 怖い場合はメタで防御上げて。 (多分戦闘のMVPはパーシヴァル) 今回は100HELLをフルオートで倒しながら、エッリルの行動を見ていきます。 5px transparent,inset 0 -4px 0 0 007cba;box-shadow:inset 0 0 0 1. 一気に集めるのは大変なので隙間時間にコツコツと集めておくのが吉ですね。 これは1アビ使用ゾーイで回避とかできちゃうんで言うほど怖くない。 2アビ:落ち葉焚き• 戦闘中は先ず外すことはない。 30%を踏んだ時に全体ディスペルありなのでバフをするのは一旦ストップ。

>

フルオート編成~闇

ただ、火力の高い全体攻撃の相手だと強みを活かしにくいため、敵を選ぶ性能ではあります。 5px 007cba;box-shadow:inset 0 0 0 1. フルオートクリアタイムは 約22分程度。 ランバージャック アビリティはディスペル、ミゼラブルミスト、安らぎの木漏れ日。 キャラクター編成 一応どんな感じの構成でもハマるとは思いますが、 今回はより具体的な編成例を紹介するために リミテッドノアを採用したものにしています。 別サイトのものですが、も参考になると思います。

>

【グラブル】『ランバージャック』の評価/性能検証まとめ|新ジョブ【グランブルーファンタジー】

枠が「緑色」になってるアビですね。 2アビでダメージ、ディスペル、自分に土の刻印を付与とディスペルはあると便利ですし、自分だけですが刻印を稼ぎやすくなっています。 残りの一枠はフリーなのでお好みで選んでいきましょう。 2アビでダメージ、 味方全体の防御累積UP(永続、消去不可)、刃鏡を1つ展開します。 僕はウンハイルを使ってますが、逆にこれを使うと連撃率のカバーがちょっと心配になることも。

>

ランバージャック実装。英雄武器のおすすめを考える

あと地味にダメージも入ってありがたいです。 has-pale-ocean-gradient-background,:root. 受けたら死にたくないってことで ふんふ4アビの使いどころさん!?ちょ、 滅ビノ刻やめてくださいよ!? ここからは火力で押し切るのがベスト。 んで、過去記事だと情報が古いとか、編成が古いなどもあってReしようかなと。 ラブライブコラボ 大安定の ラブライブコラボ。 フルオート:トップクラス。 サティフィケイト持ってねえよって人は天司武器でも全然問題ないです。 専用称号「丸太は持ったな」を取得• 奥義の再生でHPを回復していく。

>

つよいぞ!ランバージャック

HPを保ってれば特に問題ないが、HP4割とかだとちょっと心配。 ちなみに「回復アビ」というのはこういうマークが付いたもののこと。 キャル 累積されるアビダメ上限UPにより、長期戦で輝くアビダメアタッカー。 important;text-align:center;vertical-align:top;width:24px;height:24px;-webkit-appearance:none;appearance:none;transition:border-color. 累積攻防UPは強力 「落ち葉焚き」もバリアよりかはまだ少ない 攻防累積UPが非常に魅力。 防御デバフ持ちのキャラ(ドランク・アルタイル・水着エウロペなど)がメンバーにいる場合はミゼラブルミストは不要です。 ソロでの長期戦でデバフが厄介な敵に強みがある クリアを2枚採用したい場合などリミテッドアビリティの「安らぎの木漏れ日」を使って 厄介なデバフを防げるのが強みに感じる。 キャラは 水着ハルマル、リミジャンヌ、クビラ。

>